えびぞうの文化系趣味のブログ。気のむくままに更新します。
by t-ebizou
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
全体
雑記
観劇・鑑賞
創作
お出かけ
食べ物
映画
フラワーアレンジメント
料理
書道
落語
読み物
消しゴムはんこ
切り絵
未分類
以前の記事
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
more...
タグ
ブログパーツ
お気に入りブログ
毒食わば皿まで
ナリナリの好きな仁寺洞
午前7時のアールグレイ
最新のコメント
ほんとに気の毒な人生なん..
by t-ebizou at 18:46
ユトリロ、あんまり知らな..
by takatanaoko at 21:57
これから環境が変わってば..
by t-ebizou at 23:08
ありがとう!! 楽しい..
by takatanaoko at 22:21
きゅーぽんさま!コメント..
by t-ebizou at 17:43
ライフログ

走ることについて語るときに僕の語ること


ねじまき鳥クロニクル 全3巻 完結セット (新潮文庫)


細雪 (中公文庫)


東天の獅子〈第1巻〉天の巻・嘉納流柔術


猫の本―藤田嗣治画文集


うろんな客


だれのおうちかな?


ニシノユキヒコの恋と冒険

検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
日々の出来事
30代
画像一覧

カテゴリ:落語( 14 )

久々に七福寄席

今日は以前から気になっていた洋食屋さんに行ってみました。
グリルTENPEIというこじんまりしたお店で、去年できたところらしい。
c0081032_1757491.jpg

内装もかわいらしく、店員さんの雰囲気もよく、とても姫路のお店とは思えないわ~
c0081032_17584157.jpg

私はポークカツレツのランチ。スープとパンorごはんが選べて850円!
なんてリーズナブルなんでしょう!スープもカツレツも文句なく美味しいです。
あのスープ、家で作れたらなあ・・・
c0081032_1803825.jpg

追加で焼きプリンを注文。本当に焼き立てのふわっふわしたプリン!
これは美味しいですよ~
このお店、かなり気に入りました!今度はクリームコロッケを食べてみたいなあ。


ランチの後は久々に寄席に行ってきました。
c0081032_1853310.jpg

西ニ階町の七福寄席です。1時間500円。相変わらず安いです。
落語家さんが出てきて最初の5分ぐらいは写真OKということだったので、
遠慮なく撮影しました!
c0081032_188980.jpg

前半を担当されてた桂吉の丞さん。吉朝さんのお弟子さんらしいです。
まだ若くて、ちょっとやんちゃな雰囲気。赤の縞の着物がよく似合ってますね。
元気いっぱいの落語をきかせてくれました。
話のタイトルはわからなかったのですが、うまいオチのついた話でした。
c0081032_18123498.jpg

こちらは笑福亭生喬さん。吉の丞さんも面白かったけど、
やっぱり経験積んでる方は違いますね・・・芸に厚みがあります。
生喬さんは初めて見ましたが、顔の表情が豊かで、喋ってなくても
多くを語っていました。
この人の落語はまた聞いてみたいというか、見てみたいなぁ。

美味しいもの食べて落語をきいて、なかなかよい一日でした☆
[PR]
by t-ebizou | 2011-04-20 18:20 | 落語 | Comments(2)

着物で突撃!キャスパ寄席

昨日は友達と一緒に寄席へ行ってきました!
今回は着物で行ってきましたよ~(写真は撮ってないけど)
お昼間は温かくて、本当に着物日和でした。

今回はキャスパ寄席で、安くてたくさん楽しめる落語会です。
出演者もなかなかいいんですよ~
姫路で雀松さんを見れるなんて、嬉しいねえ~
c0081032_18264957.jpg

演目
桂 吉之丞      「犬の目」
桂 あさ吉      「七段目」
桂 雀松       「住吉駕籠」
桂 こごろう     「つる」
桂 雀三郎      「植木屋 娘」

若手の方もがんばってて、みんな品があって上手かったです。
あさ吉さんはなかなかシュッとした顔立ちで、落語家になるには
もったいないぐらい・・・
トリの雀三郎さんは久しぶりに見ましたが、師匠の芸風を受け継いで
おられるので、今回もほんとによく笑えました。


着物で落語、2回目でしたが、やっぱり自分のテンションも上がるし
いいものですね☆
帰りはちょっと寒かったけど・・・腕の防寒が今後の課題。
着物でブーツ、とか着物の下にハイネック、という人、いないのかなあ??
12月に入ると足袋だけじゃ絶対寒いと思うんだが・・・
上手くコーディネートして着てる人、見てみたい・・・
[PR]
by t-ebizou | 2010-11-28 18:54 | 落語 | Comments(4)

着物で突撃!七福座

先日友人ゆりぽんが明石から姫路に遊びに来てくれました。
ゆりぽんは前からテレビなどで落語をよく見ていたのですが、寄席には行ったことが
ないというので、たまたまこの日姫路でやってた寄席に連れて行きました。

寄席の前に腹ごしらえです。
c0081032_19284613.jpg

よく前は通ってたけど入ったことがなかった和食の店に入ってみました。
小鉢だらけで多いかと思ってたけど、ちょうどいい量でした。
しかも750円だし!安い!

おなかが満たされたら寄席へGO!!
七福座は西二階町をずーっと西に行ったところにあります。
寄席がある日は商店街に出囃子が流れているようです。

この日は私は初の着物での徘徊。
見知らぬおばちゃんに「おしゃれねえ。帯結びも面白いわ」とほめてもらいました。
こういうのはウレシイですねえ。着物着た甲斐がありましたよ。
おばちゃん、ありがとうございます!
着付けはなんかあやしいところはありますが、ちょこちょこ着て慣れていきたい
と思います。
c0081032_19355356.jpg

寄席は林家そめすけさんが「子ほめ」、桂福丸さんが「書割盗人」で
どちらも結構笑えました。2人で1時間ぐらいでなんと500円ですよ。
私は二人とも知らなかったし、福丸さんは若手なのでちょっと心配して
いましたが、凄く楽しめました。これで500円はお得だな☆
寄席お初のゆりぽんも大満足の様子で一安心。
次回の七福寄席は11月17日だそうです。

寄席の後は私がこの日着てる着物を買ったお店に遊びに行きました。
ゆりぽんは元々私より着物が好きな子なので、熱心に店内を見学。
私が縞模様の着物に目を奪われている間にトランプ柄の半幅帯に目を
奪われたらしく、そのまま半幅帯を購入していました!!!
着付けも習ってないのにいきなり帯購入とは・・・
さすがはゆりぽん、どんぶり勘定だぜ!!!!
ゆりぽんはアパレル勤務のため、オシャレやかわいいものに目がないのだ。

着物にも興味津々の様子だったので、「試しに羽織ってみれば?」といってみましたが、
「羽織ったら買ってしまいそうなのでやめとく」といってなけなしの冷静さを発揮。
よくぞ踏みとどまった☆
でも帯も買ったし、着物を着る気になっているのでこれからはまってくれると思います。
着れるようになったら一緒に着物で徘徊したいものです。

いつもは混んでるふかふかソファのカフェも、平日は空いておりました。
買い物の後はもちろんお茶ですわね。
c0081032_19532987.jpg

秋らしく紫芋のプディングを。
いつもはコーヒーですが、着物着てるとかなり汗かいてるみたいで、
熱いものなんて飲んでられません・・・
うだうだと話をし、いい感じの午後でした。

久々に姫路に来たゆりぽんは結構満足してくれたようです。
よかったよかった☆
ゆりぽん、今度は着物で遊ぼうぜ~
[PR]
by t-ebizou | 2010-10-21 20:06 | 落語 | Comments(6)

かこがわ寺家町寄席

昨日はひとみっちーを誘い、加古川の落語会にいってきました!
場所は加古川ホッターズという集合店舗の2階です。
ホッターズは築80年以上にもなる古民家を改装してできたところ。
落語会が行われた2階は特に手を加えた様子もなく、今ではあまり
見ない和室が広がっています。
c0081032_1949535.jpg

こういうこじんまりした寄席は実は初めてでした。
いつもホールとかで見ていたもので・・・
この空間に約60人の人間がひしめきあい、銀瓶さんいわく
「西日本で一番過酷な寄席」だそうです。(笑)
確かに今の季節はいいけど、なんせ築80年だからエアコンが
ないわけですよ!夏場はヤバいことになるんでしょうね・・・

この日は若手の笑福亭喬介さんが「寄合酒」、
笑福亭銀瓶さんが「書割盗人」、「天災」をやってくれました。

喬介さんは若手だけど、声が大きく滑舌がよいのでとてもわかりやすい
落語でした。結構おもしろかったし、これから期待できる人だと思います。

そして銀瓶さん!一度神戸のチケット取れなくて、ききのがしてました。
今回きけて本当によかった。思ってたよりかなりお上手でした。
なおこさん、来ればよかったのに・・・

銀瓶さんはテレビでおなじみ鶴瓶さんのお弟子さんですが、
鶴瓶さんはいい弟子を持ったなあ~
見た目もシュッとしてますが、落語も端正かつおもしろいです!
しかも韓国語での落語にもトライされてます。すごいぜ!

かなりお上手なのでいろんな人からその腕を買われているらしい。
マクラでざこば師匠にどっきりをしかけられた話をしていましたが、
どっきりを仕掛けられるって、かなり愛されてないとやられることないですよね。
鶴瓶さんがテレビで銀瓶さんのこと話してるのもきいたことあるし、
師匠クラスの人にかなり可愛がられてるような気がします。

私は話としては「書割盗人」の方が好きなのですが、ざこばさんに教えてもらったという
「天災」は本当にざこばさんにぴったりな話だなあと思って
にやりとしてしまいました。主人公の短気さがざこばさんそのものだわ・・・
「書割盗人」では後半の「盗んだつもり~」からのくだりがたまりませんでした。
あの動きが本当に笑える!

銀瓶さん、これからも要チェックな落語家さんですねえ。
また聞きに行きたいわ~☆


ホッターズの中を。
c0081032_20154525.jpg

昔のかまどが残っております。
前は靴屋さんだったんだそうで、奥は結構長く広い造り。
c0081032_2017993.jpg

奥では駄菓子や雑貨や洋服を売っております。
c0081032_20175463.jpg

正面から。奥の方に銀瓶さんが写っております。

加古川駅から。
c0081032_2019451.jpg

鬼才・横尾忠則デザインの電車(この辺りの出身らしい)。
うげぇ~久しぶりに見たけどやっぱり気持ち悪い・・・
でも鉄道マニアにはたまらないんでしょうね。


気持ち悪い電車を見た後は、美味しいイタリアン。
c0081032_2021017.jpg

久しぶりのアプリーレです。上はジャガイモの温製サラダ。
c0081032_20215751.jpg

鮭のワサビ風味パスタ。ワサビの味は思ったほどしなかった。
他にもチーズとグラタンを食べたのにまだおなかに隙間が
あったのでピザを注文。
c0081032_20225270.jpg

いやー、よく食べたなあ・・・
心底満足しました。
でもひとみっちーはこの後ケーキも食べたのであった。
食べすぎだYO!
[PR]
by t-ebizou | 2010-03-01 20:35 | 落語 | Comments(0)

突撃!笑福亭仁鶴一門会

先日ネットで11日に仁鶴一門会があることを知り、突撃してきました。
なんとか当日券が残ってましたよ・・・ラッキー☆
c0081032_20141040.jpg

仁鶴さん一門はテレビではちょくちょく見かけますが、
生で落語きくのは初めてです。
一門会というと、ひとりぐらい「これはちょっと残念だ」などと
思う人がいるもんですが、今回は皆さん面白かった!
お弟子さんもベテランではありましたが、長くやってるから
面白いというもんではない(と私は思う)ので、仁鶴さんは
弟子に恵まれてるのでしょう。
それより何より、仁鶴さんの雰囲気というか佇まいがステキ☆
貫禄もあるのにかわいらしい感じがしました。
またききに行きたい!と思わせる空気があります。
流石だぜ!仁鶴師匠!!


最初の仁昇さんは「手水廻し」(「ちょうずまわし」と読む)、
二人目の仁嬌さんは「替り目」、
三人目は豊来家玉之助さんの太神楽、
トリはもちろん仁鶴さんで「崇徳院」でした。

どの話も笑えるし、いいバランスだったと思います。
「手水廻し」から始まったのがよろしい!つかみはOK!
全員面白いというのは素晴らしいことです。今回はアタリだったな。
新春一発目の寄席がアタリとは縁起がいいね!

私は太神楽も好きなので、全部楽しめました。
太神楽はボールやマスを傘の上で転がしたりする曲芸のことです。
ああいうのはめでたい雰囲気がいっぱいなので、年始には見ておきたいですね。
新年ということで、太神楽のシメは獅子舞でした。
なかなか上品な感じの獅子舞でしたよ。


今年初めての寄席はかなり楽しめたので、これを皮切りにどんどん
観ていきたいですね。今年こそは南光さんのチケットをとるぞぅ!!
[PR]
by t-ebizou | 2010-01-12 20:34 | 落語 | Comments(4)

第4回播州寄席

今日は久しぶりに寄席にいってきました。
会場は駅前なのでめちゃ便利。
最近は大阪まで行ったりするのが億劫ですからね・・・
c0081032_2132764.jpg


播州寄席は雀々さんがメインで、今回は梅團治さん、ちゅん助さん、すずめさん
というメンバーでした。
ちゅん助さんは前に見た時より面白かったな・・・
すずめさんはかわいい感じ。話はブラックユーモアてんこもりなんだけど、
すずめさんの話し方で不気味さは軽減されていたような気がします。
ほんとに落語っていろんなタイプの話がありますね・・・

梅團治さんは前からちょっと気になってた人で、今回ようやくきくことが
できました。オレンジ色の着物で、なんだかみかんのようないでたちでした。
梅團治さんは鉄道オタクらしく、自作の鉄道落語をやってました。
最初の方は住吉駕籠みたいな展開でしたが、話の中で大阪から東京までの
駅名を全部言うというマニアっぷりを見せてくれました。

メインの雀々さんは今回もやっぱり面白く、マクラきいてるだけで笑いすぎて
おなか痛かったです。マクラの沖縄での雀々VS孔雀の話、おもしろすぎ・・・
落語もめっちゃ面白かったですよ。
友達と船遊びではめをはずしてるところを鬼のような妻に見つかる話(船弁慶?)
と、疝気の虫を大阪の堺まで連れて行く話でした。
疝気の虫を堺まで連れて行くなんて、話きいてたら普通にきけますが、
文章にするとなんのこっちゃと思いますね・・・
こんなにむちゃくちゃでもなんとか成立してるというのが落語の懐の深いところですな。

いやはや、よく笑いました。
雀々さんははずれがありません!
今回は友達がつかまらず一人でふらりと行きましたが、一人でも案外気にならないものです。
昔は一人で行って一人で笑うのはなんかさみしいと思って、落語は必ず友達と行ってた
もんですけれど。また一つ自分の殻を破ったような気がします。

そして当日券を買おうとしたら、前売り券の値段で売ってくれました。
ありがたやありがたや~
その後は調子に乗って、ファイナルセールの残り物をちょこちょこ買って
結構散財しました。掃除も洗濯もできて、さっぱりしたいい一日でした◎
[PR]
by t-ebizou | 2009-08-15 21:06 | 落語 | Comments(2)

買っちゃうよね。

CMを見て「買っちゃうだろうなあー」と思ってた品を
やっぱり買ってしまいました。

c0081032_20163232.jpg


「サライ」責任編集!!

ステキだぞ、サライ☆

江戸の落語家を中心に取り上げてあるみたいです。
今まで主に上方のものをきいてたので、ちょうどいい機会
だと思って買ってみました。

最初は志ん朝、次は私の大好きな志ん生!!
隔週で1年に渡って発売のようで、この1年の楽しみ
ができたというもの。
がんばって全部揃えるぞ!(今年の抱負)


余談ですが、月曜の「徹子の部屋」に中尾彬・池上志乃夫妻がでてて、
それを見て初めて池上志乃さんが五代目古今亭志ん生の孫で
十代目金原亭馬生の娘だということを知りました。
志ん朝さんは志乃さんの叔父にあたるそうです。

凄すぎでないかい・・・???
なんという一族なんだ・・・

しかし志乃さんお美しいですよね。ひそかにファンです。
[PR]
by t-ebizou | 2009-01-13 20:35 | 落語 | Comments(2)

姫路落語会

土曜の夜に、久々の寄席にいってきました。
「姫路落語会」です。
米朝さんが姫路出身なので、毎年遠路はるばるやってきてくれます。
ありがたやありがたや。
初めて御姿を拝むことができました。(仏のようだ・・・)

桂 まん我 『平林

 トップは若手の方ですが、新人賞をとるような腕前らしく、聞きやすく
 明るい落語でした。マクラも楽しかったよ。
 「平林」は、丁稚の定吉(落語にでてくる丁稚は大抵定吉である)が、
 お店の人に平林さんという人のとこにおつかいをたのまれるんだけど、
 なかなか平林さんちにたどりつけなくて難儀する話。
 トップバッターらしく、陽気な話でした。


桂 すずめ 『禍の下
  
 女性落語家の方です。珍しいですねえ。声のきれいな人でした。
 「禍の下」は、魚釣りに行くといってこっそり愛人のところへ遊びに行く
 だんなさんのお供についていった丁稚が先に帰され、網にかかった魚を
 買って帰れっていわれたのに、全然違うもの買って帰ったりして
 奥さんに魚釣りじゃないってあっさりばれるという話。
 サゲがうまいですね。確かに「禍は下から」です。
 話し終わってから、「酒と女」という舞を一差舞っておわれました。
 さすがは芸人、なんでもできますねえ~


桂 雀松 『替わり目

 雀松さん、初めてききました。前から気になってたので嬉しい!
 流石の中堅、お見事です!上手いし、安心してきいてられます。
 「替わり目」は酔っ払いの亭主の話。飲んで帰って、なんとかして家でも
 もう一杯飲もうとして奥さんに絡みまくり、悪態をついたりもするけれど、
 奥さんがいなくなってから「ほんとは感謝してるんだよね」
 などとつらつら言ってると、実は奥さんが物陰でそれを全部きいてた
 という話。私はこういう話は大好きです。
 のろける男というのもいいものです。
 それにしても、雀松さんの酔いっぷりがあっぱれでした!


桂 米朝 『始末の極意

 でました。重鎮桂米朝!ここ数年、だんだん勢いがなくなってるという
 話をきいてましたが、この日はコンディションがよかったようです。
 「今望むことができる最高の出来だった」とは、たまたま私の前の列で
 きいていた友人Y氏のお言葉。
 確かに、なめらかに話しておられました。
 ありがたやありがたや。
 話は「始末の極意」を短くアレンジしたものでした。
 もっとききたい気がしましたが、わがままはいいますまい。


桂 小米朝 『青菜

 でました、若旦那!米団治(こんな字か?)を襲名するらしいですが、
 大丈夫か??
 しかし米朝師匠によく似てますね・・・
 米朝さんも若いときはもっと男前だったのでしょう。
 小米朝さんは、元気のいい「青菜」を披露してくれました。
 なんか動き回ってたわ・・・(笑)
 だんだん上手くなってると思ってるんだけど、気のせい?(失礼)
 どんどん頑張ってほしいです。


桂 文珍 『包丁間男
 
 文珍さん凄く面白いときいてたので、楽しみにしていました。
 確かに、面白かった。小ネタ満載ですね。
 前の演者のネタも少しずつ取りいれてありました。
 ということは、アドリブだよなあ。他の人のをききながら、
 何をどう喋るか考えてたんでしょうねえ。
 何を話すかは前もって決めてなかったようです。
 凄いねえ。プロだねえ。
 「包丁間男」もなかなか楽しい話です。
 借金かかえてる男が、お金借りてる友達に「借金チャラにしてやるから
 ちょっと手伝え」といわれて、間男を演じる羽目に。
 この男が気が弱いもんだから、大失敗におわるんだけど、
 事態は思わぬ方向へ・・・
 ずっと笑えて大満足。小ネタが多すぎて話に入りこめない
 感じがあるような気もしますが、そこは好みでしょうね。


今回の落語会はなかなか面白い人ばかりでした。
イマイチな人がまざってることもあるんですが、今回はアタリです。
やっぱり寄席はいいなあ~
またちょくちょく行きたいものです。    
[PR]
by t-ebizou | 2007-08-07 00:23 | 落語 | Comments(0)

5月4日

4日は夜席にいってまいしました。
染丸一門による「東の旅通し上演」。
旅の話しは結構好きです。昔の人は歩いて旅してたので、狐に化かされたりして
大変です(笑)

「開口一番」           林家染太
「染丸の落語おもしろ講座」  林家染丸
「東の旅発端~煮売屋」   林家染弥
「七度狐」            笑福亭仁智
対談「お伊勢参り道中記」  仁智・染丸

中入り

「太神楽」            豊来家玉之助
「運つく酒」           林家花丸
「三十石夢通路」        林家染丸


開口一番は旅には全然関係ない「時うどん」でした。
前日に吉弥さんのをきいてたので、聞き比べになります。
設定がちょっと違ってたりするのですが、やっぱり吉弥さんが上手いと思いました。
それぞれのカラーというものがあると思うけど、吉弥さんの方が上品です。

染弥さんの「旅の発端~煮売屋」と花丸さんの「運つく酒」はあんまり披露される
ことがない話らしいです。なぜなら、あんまり面白くないから(笑)
しかし私は旅の発端のように、拍子を取りながら話すのを聴いてるのは
嫌いではありません。リズミカルで楽しいと思うなあ。

旅の話で一番最初にきいたのが七度狐なので、旅の話といえばこれ!と思います。
枝雀のCDでききました。めっちゃ面白いです。
仁智さんのも面白かったけど、やっぱり枝雀が一番!

染丸さんのは船頭さんが歌うシーンがありますが、染丸さんの歌が
なかなかお上手でした。芸達者だなあ~
やっぱり落語家って色々できなきゃだめなんですね。
舟こぐ動作もそれらしくって、面白かったです。


2日連続寄席、我ながらシブイGWになったなあ~
満足満足!


 
[PR]
by t-ebizou | 2007-05-06 13:18 | 落語 | Comments(0)

5月3日

GW後半は、友達とふらふらしておりました。
久々に寄席にも行ってきました。しかも2日連続で繁昌亭です。
3日は、寄席は初めてという友達を伴い、昼席に行ってきました。
昼席って、2000円なのにいっぱいきけてかなりお得なんです!

出演者

笑福亭 智之介  「初天神」
桂 福矢
桂 三象

菊地 まどか    浪曲
桂 楽珍       「宿題半ば」
立川 談幸

中入り

桂 吉弥       「時うどん」
月亭 遊方
桂 朝太郎      マジック
林家 染丸     「素人浄瑠璃」


昼席なんと総勢十名ですよ・・・終ったら夕方です。
この日は結構当たりだったのではないでしょうか。聴きにくいな、と思う人は
いなかったように思います。どの話も面白かったし。
いくつか創作落語がありましたが、どれも笑えました。
東京の噺家さんもすごくうまかったです。やっぱり話し方がシュっとしてますね。
粋なものです。

個人的には桂吉弥さんにとても興味がありました。
吉弥さんのお師匠さんが好きだったので、期待してたのです。
聴きやすい端正な話し方で、うどんの食べ方などもお上手!
うどん食べる真似してるところで拍手がおこってました。
これから注目してみようかな~
たまに俳優もやっておられるらしいです。

やっぱり落語は楽しいですね!
今年はもっと寄席に行きたいと思います!
[PR]
by t-ebizou | 2007-05-06 12:54 | 落語 | Comments(0)