えびぞうの文化系趣味のブログ。気のむくままに更新します。
by t-ebizou
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
全体
雑記
観劇・鑑賞
創作
お出かけ
食べ物
映画
フラワーアレンジメント
料理
書道
落語
読み物
消しゴムはんこ
切り絵
未分類
以前の記事
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
more...
タグ
ブログパーツ
お気に入りブログ
毒食わば皿まで
ナリナリの好きな仁寺洞
午前7時のアールグレイ
最新のコメント
これから環境が変わってば..
by t-ebizou at 23:08
ありがとう!! 楽しい..
by takatanaoko at 22:21
きゅーぽんさま!コメント..
by t-ebizou at 17:43
えびぞうさま レミゼの..
by きゅーぽん at 19:27
ロンドンで観劇なんて、か..
by t-ebizou at 18:17
ライフログ

走ることについて語るときに僕の語ること


ねじまき鳥クロニクル 全3巻 完結セット (新潮文庫)


細雪 (中公文庫)


東天の獅子〈第1巻〉天の巻・嘉納流柔術


猫の本―藤田嗣治画文集


うろんな客


だれのおうちかな?


ニシノユキヒコの恋と冒険

検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
日々の出来事
30代
画像一覧

<   2017年 03月 ( 5 )   > この月の画像一覧

宝くじくじらと

今月は竹馬の友、ちげーるのお誕生日でした。
ふと思いついて、くじらを一緒に。
そういえば宝くじのキャラクター、黄色いくじらだったなあ。
c0081032_22021922.jpg
宝くじクラスの幸せがどーんと来る一年になりますように!!

[PR]
by t-ebizou | 2017-03-26 21:59 | 切り絵 | Comments(0)

3月 新古今集

ゆきて見ぬ 人もしのべと はるののの かたみにつめる わかななりけり
c0081032_21534090.jpg
うめちらす かぜもこえてや ふきつらむ かをれるゆきの そでにみだるる
c0081032_21554261.jpg
今月はばたばたしていてあまり練習できないままに提出してしまいました。
料理と書道は気持ちと時間に余裕がないとちゃんとできないなあ・・・(私だけか??)

[PR]
by t-ebizou | 2017-03-23 21:52 | 書道 | Comments(0)

梅満開の北野天満宮へ

2週間ぐらい前の話ですが、ずっと見たいと思っていた北野天満宮の梅を見に行ってきました。
北野天満宮に行く前に、雑誌で見て気になっていたお店へ。
c0081032_22001332.jpg
こちらのお店では鉱物や化石などを扱っています。
店内は撮影OK。
これ、うにの殻だそうです。自然の色でこの色と模様ってすごい・・・
うっかり2つ購入しました。
久しぶりの京都で最初に購入したものがウニの殻。。
c0081032_22015595.jpg
鉱物を和菓子に見立てるセンス!
c0081032_22042287.jpg
なるほど、石もこうやってかざるとオシャレなのか・・・
後ろのはウミウチワというサンゴらしいです。
小さいウミウチワも売ってて、欲しかったのですが、これをおしゃれに
飾れる自信がなく購入を断念。
c0081032_22053269.jpg
店内のいたるところにこだわりを感じます。
c0081032_22072844.jpg
見たこともない木の実たち。手前の真ん中のやつ悪魔みたい・・・
c0081032_22081338.jpg
これが気になる。モダマという巨大な豆だそうです。
c0081032_22100752.jpg
この店の横のカフェでランチをする予定だったのに、臨時休業であえなく断念。
この近辺で食べるところがなく、北野天満宮の近くの韓国料理屋に突入。
c0081032_22145888.jpg
石鍋で炊いた十穀米のランチ。体にいいものばかりを使ったメニューが中心で、結構おいしかったです。
この店、神戸あたりにあったらいいなあ。
腹ごしらえをして、ようやく北野天満宮に到着。
京都駅から遠いのでなかなか足が向かず、かなり久しぶりの訪問です。
c0081032_22174194.jpg
c0081032_22200913.jpg
なんだか若い女の子が多いと思ったら、こんなところにも刀剣乱舞の手がのびていました!
商売の匂いがぷんぷんします。。
c0081032_22224155.jpg
肝心の梅を鑑賞。この日は梅は満開だったけど、天気は曇り。(いつものことだけど)
c0081032_22244627.jpg
枝垂れ梅がめちゃくちゃキレイでした。枝垂れ桜はちょくちょく見るけど、枝垂れ梅は
あまり見たことがなかったので感激しました。
c0081032_22261468.jpg
c0081032_22263466.jpg
所々で白と赤の花が一緒に咲いてる木を発見。源平咲きというやつですね。
これなんか白の中にぽつりと赤いのが咲いててめちゃくちゃかわいい!!
c0081032_22302643.jpg
c0081032_22305424.jpg
c0081032_22311415.jpg
c0081032_22313262.jpg
上の橋は紅葉の時期のポスターに使われてるやつですね。
敷地がかなり広いので、新緑の季節も紅葉の季節も楽しめると思います。
c0081032_22330760.jpg
c0081032_22341394.jpg
運よくウグイスを見ることができました!梅とウグイス、すごく春らしいですね。
こんなに満開の梅を見たのも久しぶりで、本当に満足しました。
梅はバラ科だから、漂う香りもとてもよかったです。
c0081032_22352620.jpg
梅を見た後は近くにある卵サンドが有名なカフェに行ってみたのですが、めちゃくちゃ運悪く
私たちの2組前のお客さんで品切れに・・・
仕方がないので、たまたま見つけた珈琲のお店に入ってみました。
たまたま入った店でしたが、雑誌にのってるような割と有名なお店だったようです。
最近増えてきたスタンドタイプのカフェで、店内にはちょっと座れるところはあるけど
テーブルがありません。
狭いお店ですが、有名なバリスタの店主こだわりの機械やオシャレな内装でとてもカッコいいお店です!
他にお客さんがいなかったので、気前のいい店主がラテアートつくるところを見せてくれました。
c0081032_22444637.jpg
私のはリンゴに!
c0081032_22451698.jpg
友達のはお花に!どっちもめちゃくちゃかわいい!
c0081032_22461470.jpg
店主のおじさんが気さくな方で、色々お話しながらラテをいただきました。
おじさんのこだわりポイントはこの地下に飾ったお花らしい。
ミモザが入ってるのが春らしくていいですね!
c0081032_22480065.jpg
でもお客さんに人気なのはこちらのお店のマークだそうです。
休みの日はこの写真を撮りに来るお客さんがたくさん来るらしい。
下の方に写ってるのは浄水器だそうです。
機械がどれも本格的だし、おじさんはバリスタとして結構名の知れた方らしく、
ラテはかなり美味しかったです。あんな気の利いた味のラテにはなかなか出会えないなあ。。
c0081032_22495013.jpg
コーヒーは美味しいし、お店はどこを見ても絵になるかっこよさ(トイレもかっこいい)で、
店主のおじさんはかなりセンスの持ち主。
今の若い子のニーズをばっちり把握できてるやり手です。
あのラテは是非また飲みに行きたいなあ。
ラテアートジャンキーズというお店です。みなさまも北野天満宮に行く機会があったら
是非寄ってみてください。
お菓子類もこだわって作ってるので美味しいですよ!私のお勧めはコーヒー入った
クリームチーズです。
このマークのお店です。
c0081032_22581334.jpg
なぜか行きたいお店には入れなかったけど、代わりにふらっと入ったお店が当たりな一日でした!


[PR]
by t-ebizou | 2017-03-20 23:07 | お出かけ | Comments(0)

2月 若山牧水

先月の作品です。
2月は若山牧水。
しらつゆか たまかともみよ わだのはら あをき上ゆき 人こふる身を
c0081032_22123019.jpg
うみみても くもあふぎても あはれわが おもひはかへる おなじこかげに
c0081032_22141519.jpg
上下にわけた構成にしてみたかったのですが、なんだかうまくまとまりませんでした・・・
本当にセンスのなさを痛感します。。

[PR]
by t-ebizou | 2017-03-07 20:08 | 書道 | Comments(0)

天守物語展

先月の話ですが、文学館の天守物語展を観に行ってきました。
c0081032_21484865.jpg
天守物語は姫路城が舞台になっている物語です。
宇野亞喜良さんと山本タカトさんという有名イラストレーターの共演です!!
まずポスターの絵が怪しすぎてときめきますね・・・
c0081032_21534229.jpg
若い頃は宇野亞喜良さんの画風が怪しすぎて苦手だったのですが、年をとるごとになんだかいいなあと
思うようになってきました。今回の天守物語の一連の作品、解釈が奔放すぎる(笑)
どの作品にも動物が入っていて、コケティッシュな中にもファンタジーな要素も盛り込まれていて
とても魅力的でした。
それに対して山本タカトさんの絵はテキストに忠実。艶やかでみずみずしい美しさ・・・
下書きの絵も一緒に展示されていたのですが、髪の毛の一本一本まできっちり描きこまれていて、
そこに美しく色をのせているというのが本当にプロの技なんやなあと思って真剣に見入りました。
私が塗ったらどれだけはみ出していることか・・・
プロの仕事というのは本当に丁寧できめ細やかなものなんですね。

お二人の作品があまりにも違い過ぎて、ある小説家が「小説は完成したら読者のもの」と何かに
書いてたような気がしますが、こういう展覧会を見ると本当にそうだなあと思います。
同じ文章を読んでも、どう解釈するかは人によって全然違うんですね。。

どちらも独特の美しさと魅力があって、全然違う天守物語を堪能することができました。



[PR]
by t-ebizou | 2017-03-05 22:08 | Comments(0)