えびぞうの文化系趣味のブログ。気のむくままに更新します。
by t-ebizou
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
全体
雑記
観劇・鑑賞
創作
お出かけ
食べ物
映画
フラワーアレンジメント
料理
書道
落語
読み物
消しゴムはんこ
切り絵
未分類
以前の記事
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
more...
タグ
ブログパーツ
お気に入りブログ
毒食わば皿まで
ナリナリの好きな仁寺洞
午前7時のアールグレイ
最新のコメント
ほんとに気の毒な人生なん..
by t-ebizou at 18:46
ユトリロ、あんまり知らな..
by takatanaoko at 21:57
これから環境が変わってば..
by t-ebizou at 23:08
ありがとう!! 楽しい..
by takatanaoko at 22:21
きゅーぽんさま!コメント..
by t-ebizou at 17:43
ライフログ

走ることについて語るときに僕の語ること


ねじまき鳥クロニクル 全3巻 完結セット (新潮文庫)


細雪 (中公文庫)


東天の獅子〈第1巻〉天の巻・嘉納流柔術


猫の本―藤田嗣治画文集


うろんな客


だれのおうちかな?


ニシノユキヒコの恋と冒険

検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
日々の出来事
30代
画像一覧

かほりんご名古屋へ!!

明日から、小学校からの友達であるかほりんごが名古屋へ転勤です。
友達が転勤になるって、初めてかも・・・
大学出てから友達が地元に戻ってきて、遠くに遊びに行くことがなくなったので
ちょっとさみしかったのよね。名古屋は行ったことないし、ちょうどいい感じ。
あと東京に一人いると助かるんだけどなあ。なおこさん、どうよ??

しかしかほりんごは仕事もなんでも頑張りすぎる子なので、ちょっと心配です。
きっと向こうにも友達はいるんだろうけど・・・
色々心配になるなあ。

そして、我が友かほりんごよ。
こんな歳になってこんなこと言いたくないし、言われたくもないだろうけど、
あえて声を大にして言わせてもらいます。

「知らん人についていったらアカン!!!」

以上!頑張れ!かほりんご!!!絶対遊びに行くからね~
[PR]
# by t-ebizou | 2006-08-31 19:34 | 雑記 | Comments(5)

暴れんぼう将軍

今日は職場に物凄く暴れ狂うお客さんがきました。
そこらへんのものを投げ飛ばすわ、ひとに殴りかかろうとするわ、
私が見た中でもナンバー1の暴れっぷりですよ。
こわ~!
隣の課にまで移動していって、物が落ちたり投げられたりするような音だけが
聞こえてきたりしました。
流石に警察がきましたね・・・
ふう~

今は雷がずっとぴかぴかごろごろいってます。そして落ちまくってます。
雷雲が停滞しているらしい。
なんだか荒々しい一日だったわ~
[PR]
# by t-ebizou | 2006-08-29 22:07 | 雑記 | Comments(2)

またもやいただきもの

トルコから帰国した職場の友、Y氏からお土産をいただきました。
イスラムな文様が入ったブックマークです。下はスイスのチョコ。
なんでやねん・・免税店で買ったらしい。まあ、トルコのおかしってピンとこないけど・・・

c0081032_22285456.jpg


でも裏がこんなだったので、ほつれてこないように裏をあわせて縫ってしまおうかと
思っています。せっかくの文様がぼろぼろになっちゃったらいやだもんね。

c0081032_2258420.jpg


トルコではそこらへんにモスクが山ほど建ってるらしく、駅から駅へ歩くまでに
一つか二つぐらいあるようで、一日歩きまわると随分モスク巡りができるようです。
でも標識がまったくでてないので、地図をじっくりみて行かないと迷子は必死。
えびぞうは方向音痴なのでトルコに行くと帰ってこれないかもね~
イスラム教は偶像崇拝禁止なので、モスクには動物の絵は一つもなく、
青や緑がメインの美しい植物文様や幾何学文様がびっしり描いてあります。
あたかも私が観てきたかのように書いてますが、Y氏が貸してくれたモスクの
本を観ただけです。(しかも英語の本なので内容あんまりわからん・・・)

昔、シナンというトルコ一の建築家がいて、有名なブルーモスクを始めとする
トルコの何百という建築物の設計を彼が手がけました。
あの時代に四角の建物の上にドームをくっつけるなんて、本当に凄いことなのですよ。
かなり数学に長けた人物だったわけですね。

なんで私がこんなことを知ってるかというと、以前に夢枕獏の『シナン』
という本を読んだからなのです。
これを読んでから、私のトルコへの憧れはつのるばかり・・・
モスクみたいー!
『シナン』、面白いですよ。上記の建築家、シナンの生涯を小説化したものです。
建築、歴史に興味のある方はぜひどうぞ。ハードカバーで上下巻です。
これから秋ですし、秋の夜長にお楽しみあれ!

ちなみにトルコは市場が有名ですが、Y氏は市場も何箇所かまわったそうです。
有名なグランドバザールとやらでは値札がついておらず、片言の日本語や英語
を喋れる人が「君はいくらだったらだせるの?」というイヤらしい言い回しで
値段交渉をしてくるらしい(笑)
ちゃんと値札ついてるとこもあるみたいですけどね。
基本的にみんなフレンドリーでいい人だけど、英語がほとんど通じないらしく、
ちょっとトルコ語(?)を勉強しといた方がいいみたいです。
食べ物はおいしいんだってさ。

うーん、いってみたいなあ~
[PR]
# by t-ebizou | 2006-08-28 23:04 | 雑記 | Comments(3)

ヴァイオリン演奏会

今日は久しぶりにクラシックの演奏会に行ってきました。
高校時代からの友人、えりさんと、その後輩のHちゃんにご一緒させていただきました。
Hちゃん、初めて会いましたが、つやつやしててめっちゃかわいい~!
若いってすばらしいね・・・

今回の演奏会は南風会サロンというところでありました。
初めていきましたが、あんなところに!というようなところにありましたよ。
なんと歯医者の2階です。そこの歯科医の先生が趣味でやってるホール
なんだって。凄い・・・
めっちゃキレイだし、休憩時間にはお茶などをいただけるのだ。
そこでは、結構凄い経歴を持ったすごーく上手な方々が
コンサートをしているらしいです。
それで大体2千円ですよ。かなり安いよ。先生採算度外視ですよ。
お金持ちといえど、そこまで趣味に没頭できるとは、あっぱれ!

今日のコンサートはヴァイオリンの演奏会で、幸田さと子さんという方が
演奏されてました。すごくかわいらしい人でした。声とか話し方、微笑み方まで、
全体的にかわいい。プロですな・・・伴奏の田口さんも、凄く感じのいい人だし、
やはり凄く上手なのだった。
クラシックの曲は有名なものが多かったし、昭和の名曲も演奏されてて、
とてもききやすかったですよ。
ヴァイオリンで聴く歌謡曲はまた違った雰囲気が楽しめます。

最後の曲が「ツィゴイネルワイゼン」という曲だったのですが、私はこの曲の
CDを持ってて、一時よくきいてました。実際演奏しているところを見るのは
はじめてだったけど、CDきいてるときに「これどうやって弾いてるんやろう?」
と思ってたところを目の前でみれたので、凄く面白かったです。
やっぱりクラシックって面白いね~

帰りに百貨店の物産展をうろうろして、えりさんはなぜか海ぶどうを買ってました。
海ぶどうって、常温で保存するらしいね!しらなかったよ!
冷蔵庫に入れるとすぐにだめになっちゃうそうです。
常温だと3日ぐらいもつんだって。でもこの時期だとちょっと不安ですね・・・

今日はこんな感じで、まったりふらふらしておりました~

そうそう、南風会サロンで、えりさんがお友達の方々とオータムコンサートを
開きます。10月29日、14時半会場、15時開演。
入場料は2000円です。
えりさんはフルートをやってて、他の方々はピアノ、ソプラノ、サックス、ヴァイオリンと
バラエティに富んでおります。
興味のある人はどうぞ~
[PR]
# by t-ebizou | 2006-08-27 23:06 | 観劇・鑑賞 | Comments(2)

予期せぬ収穫

うちの庭の片隅に、なにか実のようなものがあるので、何かなあと思って
近寄ってみたら、なんとメロンでした(笑)。

c0081032_19404138.jpg


だれも植えた覚えなし。
えびぞう家は兼業農家というやつで、そのあたりには刈った草やら、
植物系のゴミを捨ててるんやけど、去年すてたメロンの種から芽がでて
成長したのではないかと思われます。
庭から勝手にメロンがでてくる家ってどうよ・・・(笑)
しかし今年はメロンは作ってないけど、スイカやかぼちゃが全然だめでしたね・・・
雨が多いと、土にくっついてるやつは水につかってだめになることが多いです。
ハウス栽培じゃないと、いちごなんかも難しいんですよ。
農業は天候に左右されるので、一種の博打のようなものです。
みなさん、野菜はいつでも同じ量がとれるわけではありません。大事に食べましょう!
[PR]
# by t-ebizou | 2006-08-26 19:43 | 雑記 | Comments(0)

シーサー到着

いつの間にやらアクセスが200件こえてるみたいです。
だれが見てくれてるのでしょうか。知ってる人も知らない人も、みなさんありがとう~!

今日、この前沖縄で作ったシーサーが届きました!嬉しい!!
もっと時間かかると思ったけど、意外に早かったですね~
焼くと一回り小さくなってるような気がします。
今日からえびぞう家の守り神ですよ~

c0081032_21512584.jpg


いかがでしょうか!正面からもどうぞ。

c0081032_2152331.jpg


どんぶりぃのも届いたみたいで、携帯で画像を送ってくれました。
ちょっとひきのばしてるので画像が荒くなってます・・・

c0081032_21541990.jpg


めっちゃかわいいでしょ?どんぶりぃの陽気な性格が丸出しな一品です。
さわったら幸せになれそうですね(笑)
ああ、沖縄の青い海を思い出すなあ~
[PR]
# by t-ebizou | 2006-08-23 22:05 | 創作 | Comments(3)

『海辺のカフカ』 村上春樹

えびぞうは村上春樹が好きで、よく読んでます。
今回は『海辺のカフカ』。
どんな話かと思ってたら、結構濃い内容でしたね・・・
やはり初期の作風とはちょっと違いますね。
生々しくなってるというかなんというか・・・
そしてあの2つの話が最後にかみ合うというのが凄い。どうなるんやろうと
思いながら読んでました。
私はナカタさんとホシノさんの話の方が好きだな。ホシノさん、よくがんばった!
村上作品の主人公って、一人好きで抑圧されることを嫌うようなキャラが多い
と思うんやけど、今回はその傾向が顕著な気がしました。
一種のエディプスコンプレックスでしょうか。
結構ディープな部分があったように思います。

そしてあの図書館に行ってみたい~!あの日本家屋な図書館、気になります。
ぜひとも行ってみたい。大島さんに会ってみたい。
四国にも興味をそそられるね・・・
[PR]
# by t-ebizou | 2006-08-22 20:48 | 読み物 | Comments(0)

「ゲド戦記」

昨日はともだちと「ゲド戦記」をみてきました。
前から気になってましたが、あまり評判がよくないときいていて、さらにいろんな意味で
気になります。
感想はというと、「確かに評判よくないやろな・・・」という感じです。
原作を全部読んだらまだ納得できたんだろうけど、結局大事な部分は解決
しないままにおわってしまいました。
めっちゃ途中やがな~!
私は割と見たままに受けとめるので、「ハウルの動く城」なんかも別に
難しいとは思わなかったけど、「ゲド戦記」は謎が多すぎます・・・
「あの前振りは結局何だったの??」と思う部分が何箇所か見うけられました。
映画館を出て行く人たちも「よくわからんかったね・・・」といってました。
きっと凄い壮大で、深い意味のある物語なんやと思うけど、一部分を切りとって
みせられても・・・
大人でもわからないんだから、子供にだってわからんだろうしねえ。
「ゲド戦記」シリーズ全部映画化されたら順番に見てみたいです。

でも声優陣は凄かった。ちょっとした役でも、有名な俳優さんが起用されてました。
菅原文太さんはええ声やね・・・


さて、えびぞうは結構映画が好きで、今年も何本かみましたが、5段階評価
するとこんな感じです。

博士の愛した数式』         ★★★★★
  がっつり泣く場面があるわけではありませんが、じわじわと感動がおしよせる作品。
  深津絵里がかわいいです。子供のルートもかわいい。

ブロークバックマウンテン』    ★★★★★
  愛です。愛は深いです。難しいテーマを扱っていますが、観ておいて損はないでしょう。
  内容が内容なので、「ちょっと苦手かも」と思う人もいるかも。

嫌われ松子の一生』        ★★★
  ポップに撮ってありますが、これを普通に撮ったら辛すぎて観れんかもね・・・
  意外に泣けます。面白さでいうと、同じ監督の「下妻物語」の方が上かな。 

ブロークン・フラワーズ』      ★★★ 
  以前「コーヒーアンドシガレッツ」というのを観て、この監督の長編ってどんなんやろうと思っ         て観ました。ゴローちゃんやオダギリが好きというのに納得。独特のテイストです。

ダヴィンチ・コード』         ★★★★
  これまた原作を読まずに観ました。読まなくても、まあまあわかりましたが、ぎゅっと濃縮され        てる感じは否めません。読んで観た友達は、好きなシーンがなかったといってました。

間宮兄弟』              ★★★★
  これは好きだな~。想像してたよりずっと面白かった。小さな笑いが随所にちりばめられてま        す。役者さんもいい感じだし、雰囲気がいいね。塚地さんは演技がうまいです。
      
ホワイトプラネット』         ★★★★★
  数年前に「ディープブルー」というを観て以来、自然のドキュメンタリーにはまりました。これ         は極寒の地域の生物のドキュメント。白い世界は美しい。かなり貴重な映像も満載!!
  
ゲド戦記』               ★★
  これは上記の通りですが、中途半端に終わってしまったのがなんとも残念。世界観は好きな        んですが・・・歌もとてもよかったです。だから謎の多い終り方だったのが余計に残念。


余談ですが、映画観終わって帰ろうとしたら、駅で芸人の「サバンナ」と「海原やすよ・ともこ」を見かけました。イベントでもあったのかな・・・?どうやら車で大阪まで帰る様子。結構遠いのに、大変やね・・・
[PR]
# by t-ebizou | 2006-08-20 17:04 | 映画 | Comments(2)

いただきもの

お盆ですね。昨日は飲み会がありましたが、私以外の人は夏休みを満喫中でした。
コンチクショー!!!!
そう、うちの職場にはお盆休みがないのです。辛いわ・・・
まあお盆なんてどこ行っても混んでるからいいんだけどさ。
しかしごはん食べに行こうと思ったら、ほとんどのお店が満席だったのにはびっくりしました。
お盆だから、ファミリーで食べに行ってるからすぐ席がうまっちゃうのだね。

さて、夏休みを利用して、近所の友達が旅行にいってたらしく、お土産を
いただきました。

北海道に行った友達から

c0081032_19355489.jpg
窯焼ポテト。スイートポテトです。さつまいもの皮が器のかわりになってて、全部食べれるのです。わたし、こういうの大好きなんですよ!めっちゃうまいわ~♪
これをくれた友人は、学生時代を北海道ですごしていたので、こっちに戻ってきてからもちょくちょく北海道へ足を運んでいます。そのたびにお土産をくれるので、結構色々食べましたが、イモのお土産は初めてですね。沖縄でもイモのおかしが売れてたし、はやってるのかな?






ディズニーを満喫してきた友達から

c0081032_19405876.jpg
こちらはディズニーランドとシーに行ってきた友達から。チョコクランチです。うまいです。
何個でも食べてしまいます。友達は最近ストレスがたまってたみたいですが、ディズニーランドですべてがふっとんだようで、晴れ晴れとした表情になっていました。以前からディズニーが大好き(特にドナルド)な子なので、相当楽しかったようです。
私の友達はみんなディズニーに行ってますが、私はテーマパーク関係に興味がないので、小学生のときにいってからご無沙汰です・・・落語や狂言が好きなぐらいですから、もちろんカワイイキャラ物には興味なくってよ~!
ええ、わかってますとも、女子としてこんなことではイカンということは・・・
でも、仕方ありません。この歳になっちゃったら自分の趣向なんか変わりませんからね。
ディズニー行く金あるんやったら歌舞伎の一等席をとってやるー!
[PR]
# by t-ebizou | 2006-08-18 19:53 | 食べ物 | Comments(2)

桂吉弥 「ふぐ鍋」

今日の落語は「ふぐ鍋」です。
といっても今日きいたわけではないのだけどね。
どこできいたかというと、沖縄行きのJALの機内でききました。
飛行機に乗っても落語をきいてしまう私・・・
落語と漫才と木久蔵さんの思い出話が繰り返し延々と流れていました。(笑)
それで、落語が桂吉弥さんの「ふぐ鍋」というお話。

ふぐをもらってきた主人公が、毒があったら困ると思って、乞食(多分)か
だれかに毒見させてから自分もおいしくいただこうとする話、かな。

私は乗り物に弱いので、飛行機や車に乗るときは必ず酔い止めを
飲みますが、その睡眠作用と戦いながらの落語鑑賞でした。必死です!
なかなか面白かったです。吉弥さんの落語ははじめてききましたが、
口調がなめらかで結構ききやすかったので、寄席に行ってみてもいいかも~
ちなみに吉弥さんは、私の大好きな故・桂吉朝さんのお弟子さんです。

木久蔵さんの思い出話も、意外に面白かったです(笑)
木久蔵さんは語り口調がかわいらしいですね。
落語家になる前は漫画家だったらしい。知らんかった~
それで、「日本の話芸」のオープニングで木久蔵さんの絵がでてるわけやね。


以前に「骨つり」と「野ざらし」のことを書いたときに、元々江戸の話かも、
と書いたと思いますが、確認したところ、大阪の話でした。
職場のY氏によると、基本的に伝統芸能って上方のもので、今ある落語も
大体が大阪の話なんだそうです。
大阪の文化が江戸に流れて行ったわけですね。
上方のにぎやかな話が江戸に入ったらこじゃれた感じになったらしい。
地名のからむサゲだったので、江戸の話かと思ったらそうではないのだね。
でも「骨つり」のサゲは結構めちゃくちゃだと思うわ~

そんな伝統芸能に詳しいY氏、明日から今かなーり危険なトルコへ旅立ちます。
生きて帰ってこいよ~!
[PR]
# by t-ebizou | 2006-08-16 19:40 | 落語 | Comments(2)