えびぞうの文化系趣味のブログ。気のむくままに更新します。
by t-ebizou
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
全体
雑記
観劇・鑑賞
創作
お出かけ
食べ物
映画
フラワーアレンジメント
料理
書道
落語
読み物
消しゴムはんこ
切り絵
未分類
以前の記事
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
more...
タグ
ブログパーツ
お気に入りブログ
毒食わば皿まで
ナリナリの好きな仁寺洞
午前7時のアールグレイ
最新のコメント
ほんとに気の毒な人生なん..
by t-ebizou at 18:46
ユトリロ、あんまり知らな..
by takatanaoko at 21:57
これから環境が変わってば..
by t-ebizou at 23:08
ありがとう!! 楽しい..
by takatanaoko at 22:21
きゅーぽんさま!コメント..
by t-ebizou at 17:43
ライフログ

走ることについて語るときに僕の語ること


ねじまき鳥クロニクル 全3巻 完結セット (新潮文庫)


細雪 (中公文庫)


東天の獅子〈第1巻〉天の巻・嘉納流柔術


猫の本―藤田嗣治画文集


うろんな客


だれのおうちかな?


ニシノユキヒコの恋と冒険

検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
日々の出来事
30代
画像一覧

タグ:お出かけ ( 228 ) タグの人気記事

久々の建仁寺

京都迎賓館に行った後に京都御所に行こうと思ったのに、行ってみたら
休みでした。無念・・・一般公開してはいますが、急に休みになることが
あるので当日も調べておく必要があります。
仕方がないので烏丸に移動し、お目当てのベルアメールへ。
雑誌に載ってて気になってたパフェ!
c0081032_19054173.jpg
これはめちゃくちゃ美味しかった!!手前のチョコが濃厚で、ベリーの酸味と
ばっちり合います!本当に満足しました。
今度は桃のパフェを食べてみたいです。
c0081032_19075616.jpg
錦市場を通過して建仁寺へ。
久しぶりに鳥羽美花さんの襖絵を観たくなったのです。
c0081032_19085665.jpg
c0081032_19091526.jpg
建仁寺はアートが楽しめていいですね。この龍見てたら運が上昇しそう・・・
c0081032_19101203.jpg
左側の松の木が好きです。
枯山水は落ち着くなあ・・・
c0081032_19110987.jpg
c0081032_19113774.jpg
ついに鳥羽美花さんの作品と再会!!
いつみても素晴らしいわ・・・
c0081032_19124016.jpg
この雄大な景色、癒される・・・
c0081032_19132058.jpg
この作品本当に好きだなあ。心が洗い流されるようです。
c0081032_19150694.jpg
そしてこの庭がまたいいですよね。みんなこの庭の前に座ったら動けなくなっていました。
c0081032_19155952.jpg
雨が降ったりやんだりしていたので、庭がしっとりしていい感じ。
ここの苔の状態は素晴らしいです。手入れ大変なんだろうな・・・
c0081032_19171091.jpg
芭蕉の葉っぱもいきいきしてます。昔ここで友達と写真を撮ったなあ。
また一緒に来れたらいいな。
c0081032_19182922.jpg

[PR]
by t-ebizou | 2017-07-23 19:02 | お出かけ | Comments(0)

京都迎賓館

先日、京都迎賓館の見学に行ってきました。
京都御苑に行くのは初めて。こんなに広いとは・・・
c0081032_18120720.jpg
湿気が多くて汗がだらだら流れます。
迎賓館内へは携帯、カメラ以外の荷物は持って入れないので地下のロッカーへ預けます。
入る前にスリッパに履き替えます。
c0081032_18135045.jpg
さりげなく置いてある照明はくぎを使っていない、木を組んだ設計。
技の利いた調度品ばかりです。屋根が斜めになっているのも、
庭に自然に目が向くようにするためだそうです。
c0081032_18154565.jpg
この椅子も繊細な模様が入っています。
c0081032_18164492.jpg
7月は屏風の展示。季節によって展示物を変えているみたいです。
c0081032_18175332.jpg
晩餐会の待合などに使われる夕映えの間。
京都の山の日本画の下絵をつづれ織りで表現してあります。
c0081032_18183702.jpg
壁は可動式で、部屋を三分割できるそうです。
c0081032_18190721.jpg
漆塗りの調度品。どれもこれも美しくてため息が出ます。
c0081032_18215582.jpg
藤の間。晩餐会の会場として使われる部屋。照明が素敵すぎる・・・
照明は高さを変えたりできるそうです。
c0081032_18235275.jpg
こちらの壁も日本画を元にしたつづれ織りが使われています。横幅16メートルもあります!
何種類もの花が描かれています。
c0081032_18253089.jpg
華やかだけど、しっとりした日本らしさですね。

昔美術館でみた江里佐代子さんの作品を発見!舞台扉に截金をほどこしてあります。
なんという繊細さなんでしょう・・・
c0081032_18293230.jpg
和食の晩餐会で使用される桐の間。天井の一枚板が立派!!
c0081032_18303630.jpg
12mもある漆塗りの座卓が圧巻。これ作る過程で職人さんの手がやけど状態に
なったそうです。その努力あって、ものすごい光沢が出ていますね・・・
正座に慣れていない海外からの賓客のために掘りごたつになっています。
座椅子の後ろに五七の桐が描かれているのですが、全部色合いを変えていて、
二つとして同じものはないのだそうです。粋な演出です!
c0081032_18355906.jpg
近くで見れなかったけど、掛け軸の絵がかなり好みでした。
後でガイドさんにきいたら、菅原健彦さんという作家さんの作品でした。
写真に写せてないけど、掛け軸の横に飾ってあるボールみたいなのも
凄く綺麗でした。
c0081032_18390141.jpg
こちらの障子は石垣みたいに見える貼り方だそうです。
c0081032_18410968.jpg
円柱型の石は元々橋に使われていたものをリサイクルしているのだそうです。
奥の植物は、稲をイメージして植えられています。
細部までこだわって設計されています。
c0081032_18434280.jpg
こちらは舟遊びに使われる池。鯉の稚魚も泳いでいました。
鯉の稚魚って初めて見たかもしれません。
c0081032_18445433.jpg
舟遊びに使われる小船。これにブータン国王夫妻も乗ったのだそうです。
その時の写真があったのですが、その日は雨が降っていたみたいで、雨から
守るように王妃を抱き寄せるブータン国王の姿がこの上なく紳士的でステキでした。
なかなかあんな素敵なロイヤルカップルいないですよね。

本当に細かいところまで職人さんの技術が凝らされていて、見るところが本当に
いっぱいありました。迎賓館は日本の技術の粋を尽くした素晴らしいところです。
そしてガイドさんが明るくにこやかで気づかいができて、本当に感じの良い方でした。
わかりやすい解説、どうもありがとうございました!


[PR]
by t-ebizou | 2017-07-20 20:54 | お出かけ | Comments(0)

手作りホームパーティー

先週は友達の新居でホームパーティーをしました。
みんな分担して色々持ち寄り。
料理上手の友達のハンバーグ、豆乳のスープ、その他のどの品も
美味でした・・・料理上手な女って素敵ですね・・・
c0081032_18365946.jpg
新居に引越しした友達は、もうすぐ赤ちゃんが生まれる予定。
新しい場所で新しい家族ができて、新しい人生がスタートするのです。
なんておめでたいのでしょう!!安産でありますように!

人生に変化があるというのがうらやましいなあ。
生活にメリハリが欲しい今日この頃です。

[PR]
by t-ebizou | 2017-06-25 18:45 | Comments(0)

フェードル

先週、西宮に舞台『フェードル』を観に行ってきました!
大竹しのぶさん主演。一度大竹しのぶをみなければならん!と思っていたのです。
c0081032_20430235.jpg
大竹しのぶさんを目当てに行きましたが、他の方々もみんな上手かったです。
キムラ緑子さんはグレーテルのかまどのイメージ強いですが、流石はベテランの女優。
貫禄の演技でした。
平幹二郎さんの息子、平岳大さんも素晴らしかった。父親譲りのルックスもステキ。
前から注目してた門脇麦ちゃんも頑張ってました。

フランスの古典なのでセリフがさぞかし覚えにくいんだろうなと思います。
いつも舞台を見ると役者ってすごいな、と思います。
古典のお芝居ってセリフが本当に芝居がかっていますが、ストーリーに変な装飾
がないので、話が分かりやすくていいなあと思います。
人間の業が浮き彫りになりますよね。

「フェードル」は、大竹しのぶ扮する妃、フェードルが夫が遠征先で亡くなったもの
だと思って、思いを寄せていた義理の息子イッポリット(平岳大)に愛を告げるのですが、
イッポリットはアリシー(門脇麦)に好意があるため拒絶されます。
そこへ実は生きていた王が帰還して・・・という展開で、話がどんどんややこしくなっていきます。
だれも幸せにならない、悲劇です。
フェードルの女としての生き様を大竹しのぶさんが熱演しておられました。
あんな華奢な体のどこにあんなエネルギーがあるのでしょう。
流石は大女優だな、と感じました。
悲劇ですが、ところどころ笑えるところもあっていいお芝居だったと思います。

[PR]
by t-ebizou | 2017-05-21 21:04 | 観劇・鑑賞 | Comments(0)

白鶴美術館

前から気になっていた白鶴美術館に行ってきました!
c0081032_15513817.jpg
バスもあるのですが、私は阪急御影駅から歩いて行ってみました。
高級住宅街をうねうねと15分ちょっと歩きました。
かなり天気のよい日だったので、ついた頃には汗がじっとり・・・
でも汗かいてでも行く価値のある立派な美術館でした!
c0081032_15544269.jpg
この堂々たる佇まい・・・
奈良風のデザインですね。作った人が奈良出身だったからかな?
元々迎賓館として作られた建物なのかと思っていましたが、白鶴酒造の七代目当主が
自分のコレクションを収蔵するためだけに作った建物だそうです。

神戸には灘校という進学校がありますが、この学校も白鶴、菊正宗、櫻正宗の当主に
よって作られたのだそうです。
昔のお金持ちはスケールが違いますね!!文化に対しての意識が高すぎます!
民間に還元していこうという姿勢が凄すぎる・・・

入口部分の照明。こんなところにも鶴が!
c0081032_16075399.jpg
入ってすぐのところに座るのもはばかられる豪華な椅子が・・・
c0081032_16115265.jpg
c0081032_16122322.jpg
c0081032_16124711.jpg
ここにも鶴!かわいい!
展示室は写真撮れませんが、柱のいたるところに鶴のモチーフが
使われていて、白鶴のこだわりを感じました。
c0081032_16133582.jpg
c0081032_16155887.jpg
c0081032_16162219.jpg
照明がかわいくて照明ばっかり撮ってしまいました。
展示室は結構なスペースがあるのに、展示品を一つずつゆとりをもって
配置してありました。なんて贅沢な空間なんでしょう。
他の美術館でもきっとこうやって配置したいと思っていることでしょう。
永徳や蕭白の豪華な屏風や掛け軸なんかもありましたが、私は小さな銀杯
がよかったと思います。全体にほどこされた彫りや、花のような足部分が
可憐でした。
c0081032_16232174.jpg
この絨毯の配色、おしゃれ!
そしてこの重厚な造りの階段。今こんな贅沢な設計ないですよね。。

こちらは展示室から見たお庭。
c0081032_16252492.jpg
鯉もゆったり泳いでいます。
c0081032_16261654.jpg
もみじが多かったので、紅葉のシーズンに来るとまた一段と風情があることでしょう。
c0081032_16270991.jpg
こちらは新館で、ペルシャ絨毯の展示をしています。
行った日はちょうどコンサートをしていて、ペルシアっぽい音楽が
館内を満たしていました。
見たこともない楽器が演奏されていました。ああいう楽器を演奏してる人って、
どこであの楽器に出会うのでしょう。
c0081032_16322463.jpg
ペルシャ絨毯をあまり見たことがなかったのですが、なんだか曼荼羅を
彷彿とさせますね。あのアラベスク模様が神秘・・・

美術館前からの眺め。
c0081032_16392009.jpg
海も見えて気持ちいいですね。夜は夜景が美しいことでしょう。
でも眺めはいいけど坂道が多すぎて住むのは大変そうです。

美術館に着くまでに立派な洋館をいくつか見つけました。
見学できるなら行ってみたいものです。

帰りに久しぶりにアンプレシオンに寄りました。
c0081032_16414512.jpg
柑橘系が好きなので、ついついこういうのを頼んでしまいます。
中にチョコムースが入ってて、さっぱりだけじゃなく甘みも十分。
美味しかったです!

[PR]
by t-ebizou | 2017-05-07 20:49 | お出かけ | Comments(0)

大歳神社の千年藤

今まで藤を見に行ったことがなかったので、このGWは藤を見に行ってみました。
宍粟市の大歳神社(「ださいじんじゃ」と読む)の千年藤は兵庫県の指定文化財で、
環境省が定める「かおり風景百選」にも選ばれているそうです。
c0081032_18442184.jpg
幹回りは3.8mもあるそうです!!
ご老体なので、いたるところに補強がしてあります。
c0081032_18463696.jpg
c0081032_18473462.jpg
c0081032_18475474.jpg
まだ七分咲きぐらいですが、十分美しく、香りも漂ってきてすがすがしい空間でした。
c0081032_18495148.jpg
c0081032_18503652.jpg
c0081032_18505503.jpg
舞妓さんのかんざしを思い出します。
藤って華やかさもあるけどしっとりとした雰囲気もあって日本的な花ですね。
c0081032_18530959.jpg
c0081032_18532668.jpg
山崎って藤が育つのに適した気候なのでしょうか?
行く途中にあった山にも野生の藤がたくさん咲いていました。
大歳神社の藤も末永く咲いてほしいです。

[PR]
by t-ebizou | 2017-05-04 19:38 | お出かけ | Comments(0)

GWの京都 その2

パフェを堪能した後は八坂神社を通り抜けて、この日の目的2つ目の
青蓮院門跡に行きました。
去年からここの霧島つつじと襖絵を狙っていたのです。
現代アートのような蓮の襖絵!!かっこいい!!
木村英輝さんの作品です。
c0081032_17141860.jpg
c0081032_17144313.jpg
c0081032_17165411.jpg
c0081032_17173110.jpg
60面、お見事!!圧巻です!
蓮好きな私にはたまらない空間です。
襖明けてもまた蓮が見えるのがいいですよね~

そしてお庭がまた素晴らしかった!小堀遠州、さすがです!!
去年から狙ってた霧島つつじがちょうど満開です。
緑と赤のコントラストが美しいです。
c0081032_17254992.jpg
c0081032_17231754.jpg
もっとこじんまりしたところなのかと思ってましたが、かなりの面積で
見どころがたくさんありました。
c0081032_17270829.jpg
c0081032_17272479.jpg
ここの襖絵、近くで見ることができませんが、かなり雅な雰囲気で
気に入りました。
c0081032_17282457.jpg
c0081032_17283965.jpg
c0081032_17292401.jpg
これ、会社の壁に貼りたいなあ・・・
うちの職場はひねくれてる人が多いのです。
c0081032_17313574.jpg
つつじって街路樹のイメージがありましたが、結構大きく育つものなんですね。
斜面に植わっているとはいえ、立派な木がたくさんありました。
c0081032_17340404.jpg
c0081032_17344033.jpg
c0081032_17351999.jpg
つつじで感動したのは人生で初めてです。
あふれ出るように咲いています。
本当に倒れそうなぐらいの美しさでした。
なんで今までここにこなかったんだろう・・・
c0081032_17390979.jpg
もみじもたくさんあったので、秋も是非行ってみたいです。
c0081032_17400456.jpg
まだ時間があったので、二条城へ移動。
c0081032_17413537.jpg
今年は大政奉還150周年なのです。
c0081032_17420830.jpg
徳川の威光を随所に感じます・・・
c0081032_17424633.jpg
c0081032_17430285.jpg
なんと見事な彫り物!
c0081032_17433620.jpg
中の写真が撮れなくて残念でした。今はくすんでいるけれど、当時はもっと
金ぴかだったんだろうな。。
豹と虎が戯れる襖がたくさんありましたが、あそこではくつろげないだろうなあ・・・
大政奉還の部屋にはリアルな人形がおいてあって、凄いリアリティを感じました。
殿様の座るところは天井を高く作ってあったりして、殿様の迫力を最大限に演出。
凄い工夫が凝らされていました。
c0081032_17483797.jpg
お堀を見るとなんとなく落ち着くのが姫路人の性。
c0081032_17503465.jpg
敷地が広すぎて、庭をまわるだけでも一苦労。
この日一番歩いたかもしれない。
ここでもつつじが綺麗に咲いていました。
c0081032_17510029.jpg
ぐるりと周ってお城を抜け出し、先日テレビで見た御金神社が
近いようなので行ってみました。
c0081032_17522759.jpg
なんて金運アップしそうな鳥居なんでしょう!
マンションやお店が並ぶ静かな通りに突如出現します。
テレビの効果で金運アップさせたい人がたくさん来ていました。
私もお金に困らない人生になるようにしっかし祈願しました!!

そして前から行ってみたかった小山園のカフェへ。
c0081032_17565628.jpg
伊勢丹の地下でよくここのソフトクリームをいただくので、
一度カフェにも行ってみたかったのです。
和室しか空いてなくて、一人で和室を使わせていただき申し訳ない気分。。
c0081032_17583294.jpg
お庭を眺めながらロールケーキをいただきました。
c0081032_17591801.jpg
c0081032_17593440.jpg
抹茶のクリーム、かなり濃い目!!
グリーンティがほんのり甘いぐらいで飲みやすかったです。

この日は思ったよりいろんなところを周れて充実した一日になりました。
青蓮院門跡はかなり気に入ったので、また行ってみたいです。

[PR]
by t-ebizou | 2017-05-03 20:06 | お出かけ | Comments(0)

GWの京都 その1

GWに入ったので、京都に行ってきました。
今回の目的1つ目。前から観てみたいと思っていた空也上人像を見ること。
空也上人は六波羅蜜寺にいます。
c0081032_15554228.png
すごくきれいな色のつつじが咲いていました。ビビッドな色味のピンク。
青空と新緑に映えます。
c0081032_15553207.png
六波羅蜜寺は結構綺麗なお寺で、宝物館も新しそうな建物でした。
あの仏像の数入館料が600円は高いような気が・・・
しかし空也上人の存在感は凄かった。
必要最低限の肉しかついていない体から、仏教に身をささげた
ストイックな姿勢が伝わってきます。
踊りながら念仏を唱える姿、凄そう・・・ちょっとしたトランス状態
だったのではないかと思います。そりゃ口から阿弥陀仏出てきますよね。

他にも定朝作の地蔵菩薩があるのですが、左手に髪の毛を持っています。
その髪の毛の古び方がまたこわい。
元々髪の毛をもっていたかどうかはわかっていなくて、巻物を
持っていたのではないかという説もあるそうです、

推命おみくじ(おみくじというか占い)をして、六波羅寺を後にしました。
今年度はいろんなことが順調に進展するらしいです。
そうなるように頑張らねばなりませんね!

四条の方に向かっていくと、途中で安井金毘羅宮を発見。
山吹とつつじが綺麗です。
c0081032_16180060.png
さわやかな入口をまっすぐ行くと、何かから縁を切りたい人の行列が
長々と続いていました。
これをくぐると悪縁を切れるのだそうです。
c0081032_16191601.png
あんまりにも列が長いので、くぐるのを断念。
時間がない人はお札を張り付けるだけでもいいらしいです。
お札に「私と友人たちが早く良縁に恵まれますように」と書いて
貼り付ける友達思いの私。

小腹がすいたので、前から気になっていたおそばやさんへ。
鳥南蛮を注文。ネギがもりもり。ネギ嫌いなのに、なぜこれを
注文してしまったんだろう・・・
しかしおだしがとても美味しかったです。
味がしっかりしていて、体にしみわたりました。
開店と同時に入ったのですぐに座れたけど、店を出たらもう行列が
出来ていました。さすがは有名店です。
c0081032_16234581.png
お次はすぐ近くの建仁寺へ。
今回は正伝永源院の春の特別拝観を観に行きました。
c0081032_16302486.png
こじんまりしたお庭ですが、つつじと新緑が美しかったです。
秋は紅葉も素晴らしいでしょうね。
c0081032_16313034.png
真ん中の池は上から見ると草書の「心」という字に見える
のだそうです。庭を見て己の心を見つめろということですね。
ここは織田有楽斎と細川家と縁が深いのだそうです。
有楽斎は真田丸で井上順さんがやってましたね。
細川護熙さんが描いた襖も見ることが出来ます。
c0081032_16343996.png
c0081032_16350330.png
奇をてらったところがなく、心が和む作品ですね。
建仁寺の鮮やかな襖も好きですが、こちらは対照的で面白いです。
c0081032_16364355.png
みなさんお庭を眺めて静かな時間を楽しんでいました。

おなかに余裕があるので、お気に入りの祇園小石に立ち寄りました。
この日はかなり暑かったので、さっぱりした「恋する檸檬の抹茶パフェ」にしました。
檸檬のシロップをかけていただきます。
意外とレモンと抹茶が合っていて爽やかな味わい。とても美味しかったです!!
c0081032_16452842.png
その2に続く!

[PR]
by t-ebizou | 2017-05-01 16:54 | お出かけ | Comments(0)

ヤマサかまぼこの芝桜

先週、ヤマサ蒲鉾の工場の芝桜を見に行ってきました。
最初友達とランチをしていたのですが、突如見に行くことに。
行ってみると、駐車場の近くから渋滞に・・・すごい人気です!
c0081032_15271237.jpg
満開です!!めちゃくちゃキレイ!!
よく考えたら、今年初の晴れの日の花見(笑)
初めて来ましたが、こんなに立派だとは思ってませんでした。
山の斜面が芝桜で覆いつくされています!
c0081032_15293712.jpg
芝桜って色んな色があるんですね。花弁の大きさも様々でした。
c0081032_15305381.jpg
上の女の子はヤマサのキャラクターです。
c0081032_15315800.jpg
工場の近くの斜面だけでも綺麗なのですが、少し奥に進むとさらに芝桜が広がっています。
白い花のところは雪が積もってるみたい・・・
うっとりする光景です。
c0081032_15335736.jpg
c0081032_15341805.jpg
c0081032_15351898.jpg
c0081032_15353542.jpg
なんとも幸せな風景でした。渋滞にはまったときに引き返す案も出ましたが、
頑張って待ってて本当によかったです(笑)
c0081032_15394895.jpg
この日は久々に帰省してきてた友達とゆっくりできていい一日でした。


[PR]
by t-ebizou | 2017-04-29 15:46 | お出かけ | Comments(0)

曇天の造幣局

何年かぶりに造幣局の桜を見に行ってきました。
天満駅に着いた瞬間に、行ったことをちょっと後悔するぐらい人がいました(笑)
やはりこういうのは平日に行かねばなりませんね。
しかし桜はきれいに咲いていました!
これから咲きそうな木もたくさんあったので、もう一週間ぐらい公開すれば
いいのになあと思いましたが、色々大人の事情があるのでしょう。。
c0081032_17535864.jpg
ソメイヨシノに似た品種もありますが、造幣局の桜はほとんどが八重咲です。
川沿いにずっとソメイヨシノが植わっていて、もうちょっと前だったらこちらも
かなり綺麗だったと思います。
c0081032_17564642.jpg
八重咲もいいものですね。
c0081032_17580003.jpg
c0081032_17582077.jpg
c0081032_17583440.jpg
暗くてわかりにくいけど、黄緑の桜で御衣黄という名前でした。
高貴な身分の人が着る服の色からの名前だそうです。
高貴な色というと紫のイメージがありますが、黄緑も高貴な
色だったのでしょうか。
桜の名前は優雅なものが多いのですが、「雨宿り」という名前の
ものがあって、近くの若いお嬢さんが「このネーミングめっちゃかわいいんやけど~」
とはしゃいでいました。名前だけで女子の心をわしづかみの雨宿りでした。
c0081032_18011165.jpg
c0081032_18012996.jpg
この日は最初はちょっと晴れてたんですけど、途中から曇りだして、一時雨が降りました。
私、なんて雨女なんでしょう・・・
この枝垂れ桜のあたりからちょうど降り出しました。
c0081032_18042322.jpg
枝垂れ桜が大人気。ここで写真を撮る人がたくさんいて、どんどん人が渋滞していきます(笑)
c0081032_18055421.jpg
こちらは花弁が細めの枝垂れ桜。可憐な印象ですね。
c0081032_18065210.jpg
最後の方に天気が回復(笑)
c0081032_18072907.jpg
もこもこの八重桜をたっぷし堪能しました。
また来れるといいな・・・

造幣局の横には泉布観(造幣局の応接所)がありました。
テラスが桜色でかわいい!!
c0081032_18140849.jpg
c0081032_18142029.jpg
こちらは旧桜宮公会堂。
今は結婚式場として使われていますが、重要文化財です。
レトロで重厚感があってかっこいい建物ですね。
元々造幣寮だったみたいですが、正面玄関部分だけ保存されたようです。
正面玄関部分だけでこのサイズ感・・・
c0081032_18221301.jpg
c0081032_18223506.jpg
川沿いの桜やレガッタをする人を眺めながら帰りました。
今年は桜をたくさん見れてよかったです。
来年は晴れてる日にみれたらいいな・・・

[PR]
by t-ebizou | 2017-04-19 21:49 | お出かけ | Comments(0)