えびぞうの文化系趣味のブログ。気のむくままに更新します。
by t-ebizou
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
全体
雑記
観劇・鑑賞
創作
お出かけ
食べ物
映画
フラワーアレンジメント
料理
書道
落語
読み物
消しゴムはんこ
切り絵
未分類
以前の記事
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
more...
タグ
ブログパーツ
お気に入りブログ
毒食わば皿まで
ナリナリの好きな仁寺洞
午前7時のアールグレイ
最新のコメント
ほんとに気の毒な人生なん..
by t-ebizou at 18:46
ユトリロ、あんまり知らな..
by takatanaoko at 21:57
これから環境が変わってば..
by t-ebizou at 23:08
ありがとう!! 楽しい..
by takatanaoko at 22:21
きゅーぽんさま!コメント..
by t-ebizou at 17:43
ライフログ

走ることについて語るときに僕の語ること


ねじまき鳥クロニクル 全3巻 完結セット (新潮文庫)


細雪 (中公文庫)


東天の獅子〈第1巻〉天の巻・嘉納流柔術


猫の本―藤田嗣治画文集


うろんな客


だれのおうちかな?


ニシノユキヒコの恋と冒険

検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
日々の出来事
30代
画像一覧

タグ:美術館 ( 71 ) タグの人気記事

まどみちお展と望景亭

文学館にまどみちおのうちゅう展を観に行ってきました。
空が秋めいてきましたね。
c0081032_18041142.jpg
c0081032_18043788.jpg
ぞうさんなどの動揺の歌詞で知られるまどみちおさんは絵も描いていて、
意外ですが抽象画がほとんどです。難解な感じのものではなく、水彩とクレパスを
使っているからか、かわいい雰囲気の作品が多かったです。
まどさんの人柄がにじみ出ているようで、ほっこりする展覧会でした。
やぎさんゆうびんの直筆原稿もあって、創作の様子を想像させられました。

久しぶりに文学館の隣の望景亭へ。相変わらず人が少ない(笑)
c0081032_18082413.jpg
c0081032_18084816.jpg
c0081032_18090819.jpg
相変わらず杉戸絵(?)が素晴らしい!
こんなに無造作に展示してていいのかしら・・・
c0081032_18102020.jpg
c0081032_18100754.jpg
前回来た時サルスベリが植わってるなあと思っていましたが、今回見事に咲いていました!
サルスベリは青空に映えますね!
c0081032_18114777.jpg
c0081032_18120894.jpg
c0081032_18123335.jpg
c0081032_18130630.jpg
c0081032_18132739.jpg
c0081032_18134112.jpg
c0081032_18140284.jpg
c0081032_18141708.jpg
丁寧に作られた木造建築って本当に心がときめきますね!
何回来ても細部をじっくり見てしまいます。
とても暑い日でしたが、来てよかったです。
c0081032_18163376.jpg
秋の空に飛行機雲。

[PR]
by t-ebizou | 2017-09-04 21:02 | お出かけ | Comments(0)

リベンジ京都御所と展覧会はしご その2

久々に京都文化博物館へ!相変わらずステキなレトロ建築です。
c0081032_18202020.jpg
この日はクラシックのコンサートが開催されていました。
c0081032_18205325.jpg
お目当てはマグナム展。
c0081032_18213326.jpg
このコンコルド広場の写真すごく好きです。
c0081032_18221250.jpg
美しいだけでなく、戦争に左右されるパリの姿、パリの人々、文化人、色んな側面の
フランスを切り取った展覧会でした。
この展覧会もよかったのですが、3階で開催されている京都の古い写真の展覧会も
なかなか面白かったです。この展覧会で初めて蹴上のインクラインがどうやって
使われていたかを理解しました。
お茶摘みのおねえさんの手ぬぐいに中村藤吉本店の大きなマークが入っていて、
昔から大店だったんだなあとしみじみ実感。
あのお姉さんたちは後世に抹茶スイーツで中村藤吉が大ブレイクして時代の波に
乗ってるなんて思ってもいないでしょうね。

写真をしっかり楽しんだら、べルアメール京都別邸へ。
前回行って気になってたピーチショコラパフェをいただきました。
c0081032_18282749.jpg
桃のピュレがめちゃくちゃ美味しい!!
桃のシャーベット、ゼリーの後にチョコが来るのがニクイ!
桃の酸味の後でチョコの甘みがより際立ちます。
これは美味しかったです。

最後は美術館えきのエリック・カール展へ。
c0081032_18310225.jpg
c0081032_19304251.jpg
はらぺこあおむしを思い出しながら懐かしく鑑賞しました。
エリック・カールさんは絵具で塗ってから紙を切って貼るというスタイル。
なるほど、その手があったか・・・などと思いながら見ました。
大人になると子供の頃とは見るポイントが変わってきますね。
子供の時は気づかなかった作者のこだわりを知って、絵本ってよく考えて
作られてるんだなあと思いました。
作品数が多くて、見ごたえのある展覧会でした。

最後に京都タワーを。
c0081032_19354131.jpg


[PR]
by t-ebizou | 2017-08-26 21:18 | お出かけ | Comments(0)

久々の横尾忠則、そしてスペシャルカラーの大仏様

今月末に閉店になる御影高杉に行こうと思って御影駅に降り立ちましたが、
すでに物凄い行列ができていたので早々に退散。読みが甘かった・・・

第二の目的地、横尾忠則現代美術館へ。
c0081032_17435867.jpg
c0081032_17441516.jpg
ちょこっとだけ撮影できるところがあります。
横尾さんが描いた愛猫のタマちゃんの絵。
c0081032_17452838.jpg
c0081032_17454987.jpg
何回か来ていますが、初めて見るなあと思う絵も多く、横尾さんの精力的な仕事ぶりを
まざまざと感じます。今回は「WHY?NISHIWAKI」と描かれたエジプトの絵(!)と、
ハウス食品のポスターと、3回の企業のポスターが気に入りました。
特に日本コロムビアのポスターは部屋に飾りたいぐらいです。
c0081032_17490706.jpg
グッズ売り場でどれが入ってるかわからないストラップを購入。
天気が悪くなってきたので、久しぶりにぱんだかふぇに入って雨宿りしました。
c0081032_17504399.jpg
ケーキは洋ナシのタルトのみという潔さ(笑)
でもタルト生地はしっとりしていてなかなかの美味でした。
そしてどれがでてくるかわからないストラップはまさかのスペシャルカラー!!
これは嬉しい!!
c0081032_17530335.jpg
ひとりでうきうきしました。
ちなみにコーヒーカップは横尾さんの絵の柄で、内側に小さいドクロの絵が描いてありました。
だらだらと作品集をめくっていると雨があがったので、帰路につきました。

[PR]
by t-ebizou | 2017-08-19 20:32 | お出かけ | Comments(0)

ユトリロ展

先日姫路で開催されているユトリロ展に行ってきました。
その前にピザランチ!
c0081032_22061472.jpg
友達は甘めのピザも好きみたいですが、私はこういうオーソドックスなやつが好きです。
トマトとチーズの組み合わせは最高です!

うかうかしていたら終わる直前になっていたユトリロ展。
c0081032_22124043.jpg
アル中で遠くまで行けなかったからパリの絵ばかり描いてたという
ざっくりした知識しかありませんでしたが、実際のユトリロの人生は
かなりひどかった・・・
そもそも私生児だった上に母親が奔放すぎて、愛に飢えた子供時代を
送ったユトリロは10代でアル中に。アル中の治療の一環として絵を描いたら
才能が開花しましたが、ユトリロの3つ下の友達が母親と恋に落ちて結婚し、
母と旦那はユトリロに絵を描かせて、その絵を売ったお金で散財しまくる
というひどい有様。ユトリロは人間不信になって、生涯人物をちゃんと絵に
描いていません。生涯に何回も精神を病んで入退院を繰り返します。
この人の人生、何かいいことあったのかしら・・・
年表見てからもう一度絵を見るとどんどん気の毒な気分になっていきました。
ほんとに近所しか行けなかったんだな、と思う作品がいっぱいでした。
白の時代の絵なんか精神の病み具合がよく出てると思います。

駅前まで戻って、おなじみのカフェラダダでお茶をしました。
パンプキンケーキです。ここのケーキ、大人向けの味でよいです。
c0081032_22261338.png
うだうだとトークをして解散しました。
友達は日々パワフルに活動しているようで何よりです。
私も見習わないといけませんね!

[PR]
by t-ebizou | 2017-07-04 22:28 | 観劇・鑑賞 | Comments(2)

不思議ベルギーから火鍋の夜へ

先週の土曜日、兵庫県立美術館で開催されているベルギー展を観に行ってきました。
その前に腹ごしらえ。前から気になっていた、灘駅の近くのネパール料理のお店に
入ってました。
どんな感じなんだろうと思ってどきどきしながら入りましたが、居抜物件の匂いが
ぷんぷんする、清潔なお店でした。多分前は喫茶店か何かだったんだろうな・・・

ランチは種類が結構あって、リースナブル。
大きなナンがついてるので、お腹いっぱいになります。
美味しいし、すぐ出てくる(笑)
今までここを使わなかったのがもったいないぐらいです。
これから県美に行くときは利用することにします。
c0081032_16570721.jpg
サラダにかかってるドレッシング、インド料理屋でたまにお目にかかりますが、
美味しいですよね。家で作れるものなのかしら??
市販のものがあるのかしら??

かなり満腹になって、のらりくらりと坂を下って県美に到着。
晴天に輝く美かえる。美かえるはながらく頑張り過ぎてよれよれになって
いたのですが、近隣の会社の援助によって美しく生まれ変わったそうです。
素敵な志の会社ですね!!美かえるお気に入りだったので、ありがたいです。
c0081032_17034216.jpg
c0081032_17071806.jpg
姫路はベルギーのどこかの都市と姉妹都市なので、姫路の美術館にはベルギーの
作家の絵画が結構収蔵されています。そのラインナップは主に象徴主義や
シュールレアリスムのものなので、ベルギーの芸術はこういう感じなんだな、と
思っていた私はこの展覧会でその認識がかなり違っていたことを思い知らされました。
c0081032_17102363.jpg
上記のものはまだまだ序の口。
c0081032_17111221.jpg
問題はこの辺りです。象徴主義の前のフランドル美術っていうのがかなり
奇想天外な雰囲気を醸し出しています。奇想をもって地獄を描いたこれらの
作品は、当時は大人気だった模様。ベルギーの人、謎の感性をお持ちのようです。。

絵の中のキャラクターは、気持ち悪いとかわいいの境界線上です。
c0081032_17202264.jpg
よくこんな混沌とした表現から象徴主義やシュールレアリスムみたいな
美しさやシュールな雰囲気の方向に展開できたものです。
どうにか持ち直したんだなあと思ってたのですが、現代美術はまた不思議さ
あふれる方向に・・・
c0081032_17234825.jpg
猫との会話をただひたすら流すといったシュールすぎる作品から、
アヌビスっぽい人形に甲虫を隙間なく貼り付けるといった鳥肌が立つ作品まで。
最後まで心をざわつかせられる展覧会でした。

入口は不思議キャラがお出迎えしてくれる仕様でした。
c0081032_17271446.jpg
県美に来るのが初めてという友達がいたので、帰りになぎさちゃんに会いに行きました。
c0081032_17283886.jpg
なぎさちゃん、相変わらずのキラキラ女子です!!
でも足が土埃で汚れててかわいそうだった・・・美術館の人、彼女を
美脚にしてあげてください!!

キラキラ女子に別れをつげて、三宮に移動して友達と合流し、久しぶりに
全員集合のおんたまの会が開催されました。
なぜか火鍋のチョイス(笑)
c0081032_17322577.jpg
私は火鍋は初めてでしたが、あっさりスープもあるし、美味しくいただきました。
結構本格的な中華のお店で、初めて食べる食材もあって面白かったです。
きくらげが大きいのがうれしい!!そしてペースト状のみそだれも美味しかったです。
お昼のナンが腹持ちよくて、あんまりお腹空いてなかったけど、結構食べてしまいました。
そして結構食べたのに、そのあとケーキも食べてしまいました。
c0081032_17360254.jpg
今回のおんたまの会では友達の唐突なおめでたい話をきいたり、転職活動を始めた話を
きいたりで刺激を受けました。みんな人生の方向性を考える時期ですね。
私の人生にも変化が欲しいな。。
みんなそれぞれの道を進んでいくかもしれないけど、たまにはみんなで集まれたらいいな
と思います。





[PR]
by t-ebizou | 2017-06-11 17:41 | お出かけ | Comments(0)

クラーナハ展

先週末、前から気になっていたクラーナハ展を観に行ってきました。
大阪の国立国際美術館です。
c0081032_17201593.jpg
ポスターの絵はユディトという女性がホロフェルネスという将軍を誘惑して酔わせて
首をとったという旧約聖書外典の話の絵なのですが、ホロフェルネスの生首が
かなりリアルで気持ち悪いのでカットされています(笑)
チケットにもこの絵が使われていますが、首の断面部分はカットされていました。
この絵は修復に3年もかかったそうですが、その甲斐あってかなり綺麗な仕上がりでした。
c0081032_17243709.jpg
c0081032_17245498.jpg
私はこの絵が一番好きです。右手に剣(=力)、左手に天秤(=公正)を持つ、
正義の女神、ユスティティア。こんな目で見つめられたら悪いことはできませんね。

私はクラーナハを最近知って、芸術新潮で予習していったのですが、
黒の背景のヴィーナスとルクレティアは思ったより小さい作品だったのでびっくりしました。
黒い背景に浮かぶ女神の姿がとても妖艶でした。

クラーナハの描く美女は正統派の美人というよりも小悪魔的な顔立ちで、
小ぶりな胸、細長い四肢、細い腰というのが特徴です。
裸体にすけすけの薄布を纏っているのがさらに妖艶さをひきたてています。
クラーナハ、女性の魅力の引き出し方をわかってますなあ・・・

雑誌で見た興味深い絵をほとんど見ることが出来て大満足の内容でした。
最後にはユディトの絵で写真が撮れますよ・・・
c0081032_17395013.jpg
美術館の近くの小さい庭園でいろんな種類の桜が咲いていました。
c0081032_17422810.jpg
桜にも源平咲があるんですね!ピンクと白でめちゃくちゃかわいい品種でした。
c0081032_17433183.jpg
c0081032_17435217.jpg
駅から美術館までの距離、なんとかならんかなと思いながらてくてく帰りました。

[PR]
by t-ebizou | 2017-04-16 17:46 | 観劇・鑑賞 | Comments(0)

バロックの巨匠たち展

先月、姫路市立美術館で開催されていた『バロックの巨匠たち』展を観に行ってきました。
美術館の前に、久々にドゥクルールでランチ。
c0081032_09190109.jpg
ポークソテーめっちゃおいしかった!!
ここのお料理はメインだけでなく、サラダ、パン、付け合わせも
すべて美味しいです。すべて丁寧に作られてるんだなあと感じます。
それでいてリーズナブルなのがうれしい。
また近いうちに行きたいです。

バロック展へは久しぶりに着物で。
昨年衝動買いした羽織を着てみました。羽織初めて着ましたが、なかなか
いいものですね!!色々隠せる上にかわいい(笑)
c0081032_09242908.jpg
古着だからサイズが小さくて古着にしか合わないのですが、普通のサイズの
羽織も欲しくなってしまいました。羽織紐などこだわりだしたらキリがない
んでしょうね・・・

さて、バロック展です。
c0081032_09293362.jpg
やはり日本画より西洋絵画の方が人気なのでしょうか、かなりお客さん
多かったです。西洋絵画の展覧会は久しぶりでした。
人物画が多かったのですが、1枚ハムとアスパラの静物画があって、
私も友達もそれが結構気に入りました。それぞれの食材の質感がリアルかつ
繊細に表現されていて、技術力と表現力の高さを感じました。

やはり聖書や神話を題材にしたものが多かったです。私は聖書の内容を
ほとんど知らないのですが、知っていたら絵をもっと深く理解できるんでしょうね。
ルーベンスの描いたキリストの絵があったのですが、キリストの目に妙に
なまめかしい雰囲気があって、見ていてなんだか変な気分でした。

展覧会後はまったりお茶を。
c0081032_09393122.jpg
春らしい陽気で天気も良く、なんともいい一日でした。



[PR]
by t-ebizou | 2017-04-02 19:15 | 観劇・鑑賞 | Comments(0)

タイ料理忘年会と鈴木其一展

この週末はタイ料理忘年会でした。
みなさま、この一年お疲れさまでした。
c0081032_17101931.jpg
以前よく使っていたタイ料理のお店が移転してしまったので、姉妹店の方に
お邪魔しました。初めて行くお店だったうえに思っていたよりこじんまりしたお店で
うっかり通り過ぎていて、軽く迷子になりました。
お味はとても美味しかったです!!トムヤムクンで口の中がひりひりしました。
ソフトシェルクラブが入った鉄板焼きも美味しかったです!
c0081032_17134809.jpg
ひりひりする味のお料理をいただいて、友人のひりひりした近況をきいたりして
楽しみました。今年はみんな新しいことを始めたりして充実しているようです。
私も何か熱中できるものが欲しいなあ。来年何か没頭できそうなことを探せたら
いいなあと思っています。

秋は集まれなかったので、この日遅めの誕生日プレゼントをいただきました!
かっこいいかんざしやらかわいい紅茶などたくさんいただいて、うきうきしました。
みんな、どうもありがとう!!大事に使わせてもらいます!!

私も12月生まれの友達にプレゼントとカードを渡しました。
c0081032_17240637.jpg
心豊かな一年になりますように!



次の日は姫路の美術館でやっていた鈴木其一展を観に行ってきました。
前日のタイ料理の匂いが残っていたかもしれません。
付き合ってくれた友達、ごめんなさい!!!
c0081032_17264534.jpg
予想通り、展覧会の内容は素晴らしいものでした。
酒井抱一の弟子らしいおおらかさと優美さがあるし、大胆な構図のものもあって
見ていて楽しかったです。
作品数が多いため前期後期で作品が結構入れ替わっていたようです。
朝顔の屏風は前期の展示だったみたいで、見れなくて残念・・・
前期も見ればよかった!!
でも萩の襖絵など気に入る作品がたくさんありました。
この人のセンス、かなり好みです。
地味な秋の花の絵が多かったですが、しっとりとした美しさで心が和みました。
しっとりしたものだけでなく、モダンな雰囲気の鶴の屏風なんかもあって、
展示にメリハリがありました。
正直、伊藤若冲展よりいい内容だったような気がします。

美味しいもの食べていいもの見れて、なかなか充実した週末でした。

[PR]
by t-ebizou | 2016-12-04 17:37 | Comments(0)

中原淳一展と望景亭

先日姫路の文学館で開催されている中原淳一展に行ってきました。
中原淳一さんはそれいゆなどのイラストを描いていた方です。
猫のようなキリッとした瞳の女性のイラストが有名ですよね。
c0081032_13510921.jpg
ところどころにスタイル抜群のレディのパネルが!
ウエストめちゃくちゃ細い!!うらやましい!!!
c0081032_13524577.jpg
こちらの少女は姫路城と。
c0081032_13540709.jpg
文学館の横に立派な日本家屋があるります。この辺りはリッチな人が多く住んでいるので
お金持ちの個人宅だとずっと思っていたのですが、実は見学できる施設だったということを
この日初めて知りました(笑)
早速潜入!!
c0081032_13592898.jpg
よく考えたら文学館とつながってる時点で個人宅ではありませんよね(笑)
望景亭という名前で、姫路の実業家が建てた別宅だそうです。内装のこだわりがすごかった!!
c0081032_14083105.jpg
襖の引手が鶴(?)なんですよ!めちゃくちゃかわいい~!!
下のはお皿みたいな陶器の引手です。
c0081032_14193053.jpg
この照明と欄間も凄いですね。初めて見る形です。
c0081032_15103242.jpg
こういうのを見ると障子って美しいなあとしみじみ思います。
伊勢型紙の柄のような繊細なデザインですね。
c0081032_15115104.jpg
c0081032_14111245.jpg
この日は久しぶりに着物を着ました。やっぱり和室と着物は合いますね。
後ろの木は花木なんでしょうか。花が咲いてる時期にまた来てみたいです。
c0081032_14133870.jpg
たくさんの扉にこういう絵が描かれていて、贅沢の極み。
c0081032_14171665.jpg
c0081032_14174831.jpg
c0081032_14181456.jpg
c0081032_14252954.jpg
c0081032_14260190.jpg
窓の桟(?)もおしゃれ。ここ建てた実業家の人、かなりの数寄者だったんでしょうね。
c0081032_14214563.jpg
c0081032_14233260.jpg
窓のガラスは今では作られていない歪みのあるタイプ。これがまた雰囲気があっていいですよね。
c0081032_14244357.jpg
c0081032_14263625.jpg
お庭にて。この日の着物は中古の銘仙で、柄は気に入ってるんですけど、
なんせ着物が小さいのです。おはしょりぎりぎり出るくらいのサイズ。
これ来てた人、かなり小さかったんでしょうね。

日本家屋を鑑賞した後は本題の中原淳一展へ。
c0081032_14292801.jpg
どの絵も女性らしさを感じさせられる素晴らしい作品ばかり。
戦後の乙女たちはこの絵で心をときめかせていたんでしょうね。
描かれている女性ははっきりした目鼻立ちの華やかな女性が多く、
中原さんの理想の女性像なんだろうなあと思いながら鑑賞しました。
奥様は元タカラジェンヌだそうです。公私で理想の美を追求したんでしょうね。
友達が気が付いたのですが、色んな服装が描かれているけど、髪型は
アップかショートカットばかりでした。
昔は髪を下す習慣がなかったのでしょうか??
ショートカットの溌剌とした女性のイラストを見ていたら
私も髪切りたくなってきました。

入る時に1枚ずつ栞をもらえるのですが、それぞれ違う言葉が書いてあるみたいです。
私がもらった栞には
『そのひとのほんのちょっとした女らしい心づかいから、思いがけない美しさが
みつけられるものだということも知っていてください。』
と書いてありました。おばちゃんへと着実に歩を進めている今、ちょっとした女らしい
心づかいはかなり重要ですね!
思いがけない美しさを醸し出すため、中原先生のお言葉を胸に、日々精進せねばなりません。

乙女チックな気分で文学館を後にし、帰りに陶器市をさらっと見ました。
陶器市と一緒に皮革の販売もしています。アドバルーン、久しぶりに見たな・・・
昭和を感じます。
最近会社の窓から飛行船を見かけることがあります。子供の頃はたまに見ましたが、
最近では珍しいですよね。調べてみたら、メットライフ生命が運営しているようです。
広告としての効果は定かではありませんが、仕事でげんなりしているときに
飛行船を見るととても心が和むので、頑張って運営を続けてほしいです。
c0081032_14442459.jpg
そういえば飛行船と潜水艦って形がほとんど一緒だと思うと会社の人に言ったら、
抵抗のことを考えると動くものは流線形にするのが一番よいので似てるんだとのことでした。
新幹線もロングノーズですもんね。

最後はお茶をしてまったりして帰りました。
c0081032_15001080.jpg
いいものをたくさん見れて、いい一日でした。



[PR]
by t-ebizou | 2016-11-07 22:49 | 観劇・鑑賞 | Comments(0)

飛燕&松方コレクション

先日ポートターミナルで開催されていた飛燕とNinjaの展示を観に行ってきました。
c0081032_12435895.jpg
c0081032_12444560.jpg
岐阜工場で修復された機体をいち早くお披露目してくれています。
なかなか戦闘機を見ることはないので貴重な機会です。
c0081032_12481088.jpg
一人しか乗れない飛行機でも結構大きいものですね!!
c0081032_12490490.jpg
これはエンジンに使用されている過給機というパーツ。
設計図も残っていないのに、写真などを手掛かりにして岐阜工場の人たちが
復元したらしいです。凄いプロ根性だわ・・・
c0081032_12512012.jpg
c0081032_12515907.jpg
これは昔のエンジンかな。よく残ってたもんだ。
c0081032_12523184.jpg
飛燕とNinjaのコラボ。Ninjaは結構大きいバイクなのですが、
飛燕と並ぶとすごく小さく感じますね。
c0081032_12542760.jpg
c0081032_12550695.jpg
c0081032_12552975.jpg
コクピットの再現コーナーがありました。
私でちょうどいいぐらいの広さだったので、男の人には窮屈でしょう。
c0081032_12565107.jpg
お客さんは年配の方が多く、このコクピットに座って感慨深そうに
してる人がたくさんいました。
若い時に戦闘機に乗っていた人や作っていた人が来ているのでしょう。
操縦桿の先の蓋は、間違って押すことがないようにつけられているそうです。
詳しそうなおじいちゃんが教えてくれました。
c0081032_12595617.jpg
上からも見ることが出来ます。翼が結構長いので、上から見ないと全体が見えないのです。
c0081032_13020272.jpg
c0081032_13022310.jpg
バイクのコーナーもありました。
こちらはちょっと古いバイク。
c0081032_13033327.jpg
最新のNinja。
右は輸出用モデルみたいですが、国内のとあまり見分けがつかなかった・・・
c0081032_13043820.jpg
c0081032_13045607.jpg
この横にグッズコーナーがあるのですが、飛燕のグッズが思ったより少なくて残念・・・
もしかして売り切れたりしたんでしょうか。。

でも予想外に堪能できてよかった!!友達も満足してくれたみたいでよかったです。
こういうの意外と女の子も食いつくのが不思議(笑)

午後からは松方コレクションへ向かいました。
この絵のおじさんが松方さん。20代で神戸新聞の社長になるなど、ありえない
経歴でうなるほどお金を持っていた人です。
こういう人のおかげで今私たちが芸術を楽しめるのだから、ありがたい話です。
c0081032_13101534.jpg
c0081032_13120255.jpg
c0081032_13121871.jpg
上の絵はロートレックです。
下の模型は、戦時中のごたごたで結局実現しなかった美術館。
c0081032_13135333.jpg
そりゃ美術館の建設も考えるだろうなあと思うぐらいの展示数でした。
有名な人の作品よりも、小ぶりな作品に「あ、これいいな」と思うものが何点かありました。
マリー・カザンていう人の「月光」とか、シャルル=フランソワ・ドービニーの
「果樹の花」がよかったです。
あと、昔行った彫刻の展覧会で見たロダンの「永遠の青春」という作品をまた見れて
嬉しかったです。
ロダンの作品は本当に今にも動き出しそうな躍動感がありますね。

いいものをいっぱい見た後は、久しぶりに美味しいケーキにありつきました。
二人で3つ食べました!!このお店は一人で2つ食べてる人をよく見かけます。
土日に行くとめちゃくちゃ並んでて断念することが多いですが、
平日だったので並ばず入れてよかったです。
c0081032_13274331.jpg
目もおなかも満たされていい一日でした!



[PR]
by t-ebizou | 2016-10-30 13:35 | 観劇・鑑賞 | Comments(0)