えびぞうの文化系趣味のブログ。気のむくままに更新します。
by t-ebizou
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
全体
雑記
観劇・鑑賞
創作
お出かけ
食べ物
映画
フラワーアレンジメント
料理
書道
落語
読み物
消しゴムはんこ
切り絵
未分類
以前の記事
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
more...
タグ
ブログパーツ
お気に入りブログ
毒食わば皿まで
ナリナリの好きな仁寺洞
午前7時のアールグレイ
ライフログ

走ることについて語るときに僕の語ること


ねじまき鳥クロニクル 全3巻 完結セット (新潮文庫)


細雪 (中公文庫)


東天の獅子〈第1巻〉天の巻・嘉納流柔術


猫の本―藤田嗣治画文集


うろんな客


だれのおうちかな?


ニシノユキヒコの恋と冒険

検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
日々の出来事
30代
画像一覧

GOGO六甲!!  前篇

先週末の話ですが、学生時代の友達と六甲に行ってきました。
学生の時はたまーに行くこともありましたが、社会人になってからは
ほとんど行ってなかったなあ・・・
しかもケーブルで登るのは初めてですよ!
斬新だわ!
c0081032_19575917.jpg

ここまでバスで行ったんですが、バスには着物を着た若いお嬢さんが・・・
お嬢さん、着物で山に行って一体何をするのじゃ・・・?
c0081032_2004169.jpg

これがケーブルカーです。かわいいー!
でも山のの傾斜がかなり激しく、その上車内もちょっぴり傾いているので
ケーブルが動いてなくても酔っちゃうぜ!
c0081032_203081.jpg

山の中をどんどん登る。上にいくほど涼しくなっていきます。
c0081032_204158.jpg

山の上に到着。見事な薄曇り。
ここからバスで六甲ガーデンテラスへ移動します。
c0081032_2091225.jpg

こんなおしゃれな施設、いつからあるんでしょう・・・
私が学生の時(遠い過去)はなかったはず・・・
この写真の建物の中でランチをいただきました。
c0081032_201036100.jpg

ブラックキーマカレーです!最初は割と甘味がありますが、後でスパイスが
じわじわきいてくる感じ。かといって辛すぎでもなく、私はかなり気に入りました。
c0081032_2012035.jpg

山の上にはこの時期でもあじさいが咲き乱れております。
この青が目に涼しいですねえ~。
c0081032_20144356.jpg

これはつい最近できた六甲の新名所、六甲枝垂れ。
檜でできた展望台です。
なんと入るのに300円かかります!
できたばかりなので、まだ木の香りが漂います。
c0081032_20164565.jpg

中から上を見た図。確かに木の下にいるみたい。
最初は「なんだよ、これだけかよー」と思っていましたが、ぐるぐるまわってると
中に入れることに気がつきました。
c0081032_20202994.jpg

これ、真ん中の幹の部分の中なのです。これはなかなかスタイリッシュだわ!
しかも雨が中に入ってきにくい工夫などもされています。
c0081032_20221818.jpg

壁沿いのスロープを下っていくと、座るスペースがあります。
座るところの横に腕をおくところみたいなのがありますが、ここの隙間から
六甲で吹いてる風が氷室を通ってきてかなり涼しいのだ!自然のクーラーです。
c0081032_20241857.jpg

座るスペースの真ん中には水がたまっています。
これは氷室の氷が溶けて出てきた水で、触るとかなり冷たいですよ。
しかもこの水がたまる部分の真上が木の幹の真ん中の部分なので、
時間によっては光がまっすぐ降りてくるんだそうです。
なんと幻想的な!!思いのほか凝ったデザイン!!
c0081032_20304035.jpg

もしかして通路に綺麗に影が落ちるように計算してデザインしてあるのかな・・・?
この時間になるとすっかり青空になり、それなりに暑くなりました。
紫外線が強いぜ~
c0081032_20324841.jpg

六甲枝垂れの手前には瀬戸内海の島で採れた花崗岩の石積みが。
ここ、水が流れてたらもっといい感じになるのになあ・・・


そんなこんなで後半に続くー
[PR]
by t-ebizou | 2010-07-31 20:40 | お出かけ