えびぞうの文化系趣味のブログ。気のむくままに更新します。
by t-ebizou
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
カテゴリ
全体
雑記
観劇・鑑賞
創作
お出かけ
食べ物
映画
フラワーアレンジメント
料理
書道
落語
読み物
消しゴムはんこ
切り絵
未分類
以前の記事
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
more...
タグ
ブログパーツ
お気に入りブログ
毒食わば皿まで
ナリナリの好きな仁寺洞
午前7時のアールグレイ
最新のコメント
ほんとに気の毒な人生なん..
by t-ebizou at 18:46
ユトリロ、あんまり知らな..
by takatanaoko at 21:57
これから環境が変わってば..
by t-ebizou at 23:08
ありがとう!! 楽しい..
by takatanaoko at 22:21
きゅーぽんさま!コメント..
by t-ebizou at 17:43
ライフログ

走ることについて語るときに僕の語ること


ねじまき鳥クロニクル 全3巻 完結セット (新潮文庫)


細雪 (中公文庫)


東天の獅子〈第1巻〉天の巻・嘉納流柔術


猫の本―藤田嗣治画文集


うろんな客


だれのおうちかな?


ニシノユキヒコの恋と冒険

検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
日々の出来事
30代
画像一覧

ゴーゴー薪能!

昨日から日曜まで、姫路では「お城まつり」というのをやっています。
お城まつりでは毎年お城の前の広場で薪能(日本一の規模らしい)
をやっていて、今年は久々に観に行ってみました。

なんでかというと、演目に「土蜘蛛」があったから!
これはかなり有名な演目ですし、前から観てみたいなーと思って
いたのです。

下の写真は能が始まるぐらいの雲の模様。
今から何か起こるのか?と思うような迫力ある雲なので撮影してみました。
c0081032_17511267.jpg

夏の雲は立体感がありますなあ。
c0081032_17525998.jpg

こちらは紫雲と姫路城。
お城は改修中なのがちょっと残念ですが、夕暮れのお城は
えもいわれぬ風情がありますね。

薪能の演目は 能「翁」 狂言「千鳥」 能「土蜘蛛」でした。
最初から観ると西日がまぶしいし暑いので、「翁」の途中から観ることに。
「翁」は観世流の中も神事とされている演目ですが、格調高すぎで
よくわからず・・・

「千鳥」はツケがたまった酒屋さんからいかにしてお酒をちょうだいするか
試行錯誤する太郎冠者の様子が面白い狂言。
やっぱり最後は逃げて終わるタイプの演目で楽しめました。

狂言の後は姫路のえらいおっちゃんが集まって火入れ式。
まあこれぐらい写真とってもよかろう。
やっぱり火が入るとぐっと幽玄な雰囲気に。
c0081032_184124.jpg

薪能って無料だと思ってたら座るのにはチケットが必要だと言われ、
席の後ろでずっと立って観てたのですが、さすがに疲れてヤンキー座りで
市長のあいさつを聞いていたら席が解放になりました。
チケットの値段とかどこにも書いてなかったんだけど、寄付みたいな
ことをすると入れるって感じなんでしょうか??
なんだかよくわからないなあ・・・

火入れ式の次はお待ちかねの土蜘蛛です。
病床の源頼光の元に怪しい僧(土蜘蛛)がやってきて、古歌を詠じ、おもむろに
ぴゃーっと蜘蛛の糸を投げかけ、頼光が刀で切りつけると去っていき、その後
駆け付けた独武者とその仲間が土蜘蛛の血の跡を追って土蜘蛛の古塚にた
どり着き、その塚を崩して土蜘蛛を退治する、という筋。

土蜘蛛の糸が何回もぴゃあーっと放射されて、そのたびにお客さんも
「おぉ!」などと盛り上がっておりました。

あの糸は和紙らしいんですけど、紙ってあんなに飛ぶもんなんですねえ。
しかも何回も。どこに仕込んでどういう仕掛けになってるのでしょうか。
ちょっとしたイリュージョンでした。
糸は演者はもちろんいろんなところにひっかかり、その様は揖保の糸のごとし。
昔はもっと太くて短い糸だったらしいのですが、だんだん改良されて
今のような細い糸になったらしいです。

やはりこういう悪者退治のような演目はわかりやすいし華やかですね。
かなり面白かったです。
夜の野外、しかも城の前で聴く和な音楽は歌舞伎で聴く時よりぐっと雰囲気が
高まって独特なものに感じられ、濃い日本を感じました。
能はよくわからんものなのですが、かなり深い芸なんだな。

唐突に能に誘ってもついてきてくれたゆきだるまさん、どうもありがとう。
いつも感謝しております。
[PR]
by t-ebizou | 2010-08-07 18:38 | 観劇・鑑賞 | Comments(2)
Commented by ゆきだるま at 2010-08-08 01:25 x
私一人では行かない所だし、なかなか観れるものじゃないし、楽しく過ごせましたよ。
ちょっと寝そうだった所があるけど(笑)
えびぞうさんのおかげで、日本の伝統ある文化に少し触れる事ができたもの♪
こちらこそいつもありがとう☆
Commented by t-ebizou at 2010-08-08 17:18
あんなディープな舞台に付き合ってくれるのはゆきだるまさん
だけよ~!ほんとにありがとね☆
また色々観に行きましょ!