えびぞうの文化系趣味のブログ。気のむくままに更新します。
by t-ebizou
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
全体
雑記
観劇・鑑賞
創作
お出かけ
食べ物
映画
フラワーアレンジメント
料理
書道
落語
読み物
消しゴムはんこ
切り絵
未分類
以前の記事
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
more...
タグ
ブログパーツ
お気に入りブログ
毒食わば皿まで
ナリナリの好きな仁寺洞
午前7時のアールグレイ
ライフログ

走ることについて語るときに僕の語ること


ねじまき鳥クロニクル 全3巻 完結セット (新潮文庫)


細雪 (中公文庫)


東天の獅子〈第1巻〉天の巻・嘉納流柔術


猫の本―藤田嗣治画文集


うろんな客


だれのおうちかな?


ニシノユキヒコの恋と冒険

検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
日々の出来事
30代
画像一覧

松竹大歌舞伎☆西コース

今日は久々に歌舞伎を観に行ってきました。
今回の巡業は市川右近さん率いる若い人がメインの一座。
最初に市川猿弥さんの解説があり、『熊谷陣屋』『女伊達』へと
続きます。猿弥さんはめっちゃトーク上手で、解説がとても
わかりやすかったです。

『熊谷陣屋』は有名な演目ですが、観るのは初めて(多分)。
熊谷直実が旧恩に応えるために我が子の首を差し出すんですけど、
今の日本では殺すことはないにしても、我が子を犠牲にするということは
考えがたいことなので、昔の日本人というのはどえらいことを
してたんだなあと思います。
前にも恩義のために身内を犠牲にするような話を観たことがあって
同じようなことを思いました。
恩義と忠誠心が思想のヒエラルキーの頂点にないとこういう発想はできませんよね・・・


がっちりした名作の後には一転して華やかな舞踊、『女伊達』。
女伊達の着物がものすごく粋!!
白地に黒の波模様の着物、裏地は黒、足袋は紫。
そしてそれを身にまとう市川笑也さんがめっちゃうつくしいー!!!
こんな綺麗な役者さんがいたんですね。びっくりしました。
七之助にひけをとらないぐらい綺麗でした。
からんでくる輩を軽やかにさばく姿も颯爽としていて
ステキすぎる!!江戸の粋な女っぷり、しかと見せていただきました☆
笑也さん、今後要チェック!!
c0081032_2215223.jpg

[PR]
by t-ebizou | 2012-09-09 22:12 | 観劇・鑑賞