えびぞうの文化系趣味のブログ。気のむくままに更新します。
by t-ebizou
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
全体
雑記
観劇・鑑賞
創作
お出かけ
食べ物
映画
フラワーアレンジメント
料理
書道
落語
読み物
消しゴムはんこ
切り絵
未分類
以前の記事
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
more...
タグ
ブログパーツ
お気に入りブログ
毒食わば皿まで
ナリナリの好きな仁寺洞
午前7時のアールグレイ
ライフログ

走ることについて語るときに僕の語ること


ねじまき鳥クロニクル 全3巻 完結セット (新潮文庫)


細雪 (中公文庫)


東天の獅子〈第1巻〉天の巻・嘉納流柔術


猫の本―藤田嗣治画文集


うろんな客


だれのおうちかな?


ニシノユキヒコの恋と冒険

検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
日々の出来事
30代
画像一覧

GW京都旅 ~重森三玲庭園美術館編~

久々の更新です。私の会社はGWがどーんと10日もあるため
このところ休みっぱなしです。前半は特に予定を入れず、省エネモード。
昨日は久々に目覚まし時計の力を借りて起床し、またまた京都に行ってきました。
どんだけ京都にいっとるねーん、と自分でも思いますが、未だに行ってない
ところがたくさんあるものです。

今回は東福寺の庭を作った重森三玲の庭園美術館に行ってきました。
ちょくちょく拝見しているkaoさんのブログでここのことを知り、
前から興味津々だったのでした。

庭園美術館は京都大学の近くにあります。
というわけで、ちょっと早めに出町柳に行き、前から気になっていた
進々堂というレトロ喫茶でブランチをしてみました。
c0081032_1340111.jpg

残念ながら中の撮影はできません・・・
平日ということもあり、お客さんは少なめ。
店内はレトロだけどはシンプルな内装でした。照明も暗めで落ち着きます。
コーヒー美味しかったです。
c0081032_13453379.jpg

みんなでワイワイするというより、静かにコーヒー飲みながら読書する、
というのが似合うお店です。
京大生はこういうお店で思想を練るのかしらん。


小腹を満たしたら重森さんちへGO!!
c0081032_13472752.jpg

ここは本当に重森三玲さんが住まわれていたところで、今は親族の
方が手入れして一般公開してくれているのです。ありがたやありがたや。
見学するには予約が必要ですよ!!
c0081032_1348415.jpg

定刻にならないと門が開かないので、入口付近の写真を撮ってみる。
c0081032_13503890.jpg

ちょっとしたところのデザインも凝ってますよね。
c0081032_1352213.jpg

c0081032_13512119.jpg

この木々も三玲さんが住んでいたころはもっと小さかったことでしょう。

門があいたら受付をして、座敷で色々説明をしていただきます。
結構痛んでいるところがあるので、触ったり写真を撮ったりしてはいけない
ところもあります。
中からお庭を見ると、絵画のように見えるように設計されています。
c0081032_13571488.jpg

さりげなく吊られているのはイサムノグチデザインの照明。
重森さんがイサムノグチの仕事を手伝った縁でこれをいただけたんだとか。
c0081032_13585589.jpg

元々この家は近くにある吉田神社の関係者の方のお宅だったそうです。
c0081032_142674.jpg

座敷の奥のところだけ上の写真のような作りになっています。
エライ人が座るところの上の部分はこういう作りにするのだとか。
(ざっくりした説明で申し訳ない・・・)
c0081032_143356.jpg

お庭の石は自然石だそうです。海に浮かぶ蓬莱島(?理想郷みたいなものかな?)
をイメージして配置してあるらしいです。だから端の方は砂浜っぽく
なみなみになっています。斬新!!
c0081032_1461829.jpg

平らな石のところで神社関係者の方がお祈り(?)をされていたらしい。
c0081032_147399.jpg

なみなみ部分に沿って茶室へ移動。
c0081032_1482018.jpg

なんと襖もなみなみですよ!!!
しかも市松模様!今でも斬新に感じますが、昭和の初めに
このデザインはかなり前衛的だったことでしょう。
c0081032_14103899.jpg

掛け軸、「根」って!(笑)
c0081032_14111399.jpg

右側上の引き戸(名前が分からない・・・)のところには三玲さんが
自分で絵を描かれています。
元々は画家だったのですね。三玲というペンネームは画家のミレーが
由来だそうです。

かわいい照明たち。
c0081032_14153434.jpg

c0081032_14161235.jpg

私が今まで見た中で一番小さい桧皮葺。
c0081032_1417079.jpg

そんなこんなで重森邸を後にしました。
c0081032_14184231.jpg



せっかくなので近くにある吉田神社にも足をのばしました。
新緑に鳥居の赤が映えて美しいです。
c0081032_14193184.jpg

違うところから入ってしまったため、最初に末社に到着。
c0081032_1420228.jpg

普通の神社かと思いきや、このデザインはどうか!!
八角形???なんだか笑えるのでばちあたりを承知で写真を撮る。
c0081032_1422444.jpg

「なんだかヅラみたい」と、同行のたきぞうさん。
c0081032_1423883.jpg

上のところはかんざしささってるみたいだもんね。
こっそり「徹子神社」と名付けましょう。

下っていくとようやく吉田神社に到着。
c0081032_14252081.jpg

いたって普通の神社です。
絵馬を盗み読みすると、やはり京大合格祈願が多かったです。
そんな中で「来世は鳥になりたい」と書いている人が・・・
せめて現世では軽やかに生きていけるといいですね。


つづく。
[PR]
by t-ebizou | 2013-05-03 14:36 | お出かけ