えびぞうの文化系趣味のブログ。気のむくままに更新します。
by t-ebizou
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
全体
雑記
観劇・鑑賞
創作
お出かけ
食べ物
映画
フラワーアレンジメント
料理
書道
落語
読み物
消しゴムはんこ
切り絵
未分類
以前の記事
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
more...
タグ
ブログパーツ
お気に入りブログ
毒食わば皿まで
ナリナリの好きな仁寺洞
午前7時のアールグレイ
ライフログ

走ることについて語るときに僕の語ること


ねじまき鳥クロニクル 全3巻 完結セット (新潮文庫)


細雪 (中公文庫)


東天の獅子〈第1巻〉天の巻・嘉納流柔術


猫の本―藤田嗣治画文集


うろんな客


だれのおうちかな?


ニシノユキヒコの恋と冒険

検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
日々の出来事
30代
画像一覧

真夏に濃厚横尾忠則鑑賞

先日、前から気になっていた横尾忠則現代美術館に行ってきました。

その前にひとみっちょをつかまえ、イタリアンランチ。
半熟玉子のピザがめちゃくちゃ美味しかったです。
c0081032_155693.jpg

鯛入りパスタはちょっと辛め。
c0081032_1554057.jpg

ひとみっちょ、貴重な1時間をどうもありがとう。


c0081032_15104087.jpg

天気予報が曇りだというので涼しいのかと思って出かけたのにめちゃくちゃ
暑かったこの日。観た展覧会は「横尾忠則どうぶつ図鑑 YOKOO'sYOKOOZOO」
展覧会名がダジャレ!完全なる関西ノリ。アツい!!!
うだるような暑さの中、さらに体感温度が高まります☆
c0081032_1511526.jpg

この展覧会は横尾作品の中で動物が描かれているものだけをピックアップしてあります。
そしてお隣王子動物園から拝借した(?)動物の剥製もちらほら。
一部の作品を除いてフラッシュなしの撮影が可能です。
c0081032_15144595.jpg

これは横尾氏の愛猫、タマちゃん(作風とは裏腹に普通なネーミング!)らしいです。
私はこの作品が結構気に入ったので、スマホの壁紙にしてみました。
なかなかパンチがきいてていい感じ。
c0081032_15163624.jpg

剥製feat横尾作品。
左の作品はぶんぶく茶釜のたぬきですね。
これもなかなかぐっとくる作品でした。
c0081032_15172586.jpg

撮影はできるけど、剥製と作品に触れてはいけません。
c0081032_151883.jpg

横尾作品にはちょくちょく武者らしき人物がでてきます。
わかりにくいけど、左の絵の左側にも海中なのに馬にまたがった武者が!
この濃いめの違和感が横尾ワールドの真骨頂!!ときめく!!!
c0081032_1523117.jpg

階段横には白熊が!!運ぶの大変だっただろうな・・・
c0081032_15235281.jpg

展示室は2階と3階。
3階はアフリカンな雰囲気。
鳥の写真集に載ってた「ベニジュケイ」の剥製を発見!!
まさか本物(死んでるけど)を目にする機会があろうとは・・・
c0081032_15272654.jpg

かわいいおじょうさん方も横尾作品にうっとりしている模様。
c0081032_15315874.jpg

横尾氏はアンリ・ルソーの作品のパロディを何点か描いていますが、
その模写の技術はただごとではありません。そしてパロディの大胆さも
ただごとではありません。
元の絵は「眠れるジプシー女」です。
c0081032_15361321.jpg

3階で一番気に入ったのは「シンドバッドの夜」という作品。
黄色い光は蛍らしいです。
c0081032_15371114.jpg

4階は資料室らしきものがありました。
昔この柄の電車が加古川線を走ってたなあ・・・
c0081032_15382446.jpg

すっかり横尾ワールドを堪能し、せっかくなので併設のぱんだかふぇに
行ってみました。入口がわからずおろおろしていたら、スタッフさんが
迎えに来てくれました。ありがとう、スタッフさん。
c0081032_15405049.jpg

チーズケーキをいただきました。ちょうどいい濃さで食べやすかったです。
こじんまりしたお店ですが、有名なシェフが携わっているらしいので、
今度はランチをしてみたいと思います。

そんなこんなでアツく濃い一日が終わるのでした。
[PR]
by t-ebizou | 2013-07-30 21:00 | 観劇・鑑賞