えびぞうの文化系趣味のブログ。気のむくままに更新します。
by t-ebizou
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
全体
雑記
観劇・鑑賞
創作
お出かけ
食べ物
映画
フラワーアレンジメント
料理
書道
落語
読み物
消しゴムはんこ
切り絵
未分類
以前の記事
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
more...
タグ
ブログパーツ
お気に入りブログ
毒食わば皿まで
ナリナリの好きな仁寺洞
午前7時のアールグレイ
ライフログ

走ることについて語るときに僕の語ること


ねじまき鳥クロニクル 全3巻 完結セット (新潮文庫)


細雪 (中公文庫)


東天の獅子〈第1巻〉天の巻・嘉納流柔術


猫の本―藤田嗣治画文集


うろんな客


だれのおうちかな?


ニシノユキヒコの恋と冒険

検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
日々の出来事
30代
画像一覧

帯広紀行②

帯広二日目は上士幌町へ!
気球のイベントをやってるというので見に行ってみましたが、
レースは風の少ない早朝に行われるということで、私たちが行った
時間には体験用の気球が2つあるだけでした・・・
c0081032_16472415.jpg

体験も締め切られていました。体験希望者が列を作っていましたが、
だんだん風が強くなっていたので全員体験できるかどうかわからない
とのことでした。めちゃくちゃ気候に左右される競技なんですね。
c0081032_1649523.jpg

仕方がないので、近くにあるナイタイ高原へ移動。
c0081032_16495776.jpg

本当に土地が余ってるなあという光景。
c0081032_16503382.jpg

しかも上に上がっていくにつれて霧がでてきました。
c0081032_16512973.jpg

美幌峠の時もこんな感じだったような気がする!!
牛も全然いませんねえ・・・
c0081032_1654460.jpg

たまに見かける牛は遠いところで集まっていて点在していません。
c0081032_1656139.jpg

晴れ渡る高原はさくっと諦め、糠平湖のアーチ橋梁群(旧国鉄士幌線の鉄道橋)を
目指します。こういうマニアックな観光地は心が躍ります。

あまりにも道がまっすぐなのでちょっと撮影。
まっすぐすぎて、先の方が蜃気楼のようにゆらいで見えます。
c0081032_171015.jpg

地図にはたくさん橋が書いてありますが、実際道路から
見えるのは半分ぐらいでしょうか。他のは山の中に入っていかないと
いけないので、熊の都合もありますし、全部見るのは難しいでしょう。

車内からちらっと見えたけど止まるところがなくて写真撮り逃した
橋もいくつかあります。
なんとか撮影できた第三音更川橋梁。
c0081032_1753963.jpg

これはなかなかの眺めですよね。登録有形文化財です。

その次に行ったのは三の沢橋梁なのですが、上を通行してしまったため
全体の写真撮れず(笑)形は第三音更川橋梁と似ているようです。
c0081032_17123889.jpg


どこでどの橋が見れるのかよくわからなかったので、途中の鉄道資料館で
橋の場所を教えてもらい、五の沢橋梁というポイントに向かいました。
ちょっと見まわしたところにはなく、道路からちょっと離れたところに
橋梁を発見。わかりにくすぎる!!
c0081032_1717653.jpg

c0081032_17191398.jpg

その次にメインのタウシュベツ川橋梁へ!ネットで調べた時、ここまで行くのに
許可が必要(林道での事故が多いため)だと書かれていましたが、対岸から
見るのは自由のようです。鉄道資料館できいてよかった・・・
駐車場から森の中を少し歩きます。
c0081032_1723458.jpg

ここの道が三の沢橋梁と五の沢橋梁とつながっているらしいのですが、
この森の中を数キロ歩くのは危険すぎるので絶対やめた方がいいと思います。
c0081032_17253397.jpg

湖の近くまで行くと遠くにタウシュベツ川橋梁をのぞむことができます!
c0081032_17263410.jpg

この橋は季節によって水に全部沈んでしまうこともあるため、
幻の橋と呼ばれているそうです。はからずも沈下橋のようになったのですね。
c0081032_17285123.jpg

うーん、満足満足。

もう少し先に進んで、第五音更川橋梁へ。ここも道路からの撮影のみに
しておきました。近くに旧幌加駅が残っていて、橋へも駅へも近くまで
行けるらしいのですが、また森を結構歩かないといけないし、他に人が
いなかったので断念しました。
c0081032_1734068.jpg

この先にもいくつか橋があるのですが、資料館の人に「熊がでるかも
しれないから行かないでください」といわれたので諦めました。
でもこれだけ見れたら満足です!!

橋を見回ってたら2時近くになってしまいました。
気球のレースが2時くらいにあるということだったので会場に戻りましたが、
気球が全く見当たりませんでした。
どうやら天候の都合で中止になったみたい。残念・・・
たくさん飛んでるところを一目見たかったなあ・・・

おなかがすいたので、近くの十勝しんむら牧場へ!
c0081032_17403665.jpg

ここで久々のスープカレーを食べることができました。
c0081032_17412949.jpg

このスープカレー、辛さ控えめで本当に美味しかったです!
ワッフルも美味しかったんですけど、できればご飯が欲しかった(笑)

ここではやぎが辺りをうろちょろしていて、その様子を眺めながらカフェを
利用することができます。とてもオシャレなカフェで店員さんの対応もよかったです。
c0081032_17455274.jpg



夜に花火を観ることにしていたのですが、時間が余ったので柳月の工場見学に
行ってみたけどもう見学の時間は終わっていたので、仕方なく(?)また
ばんえい競馬に突撃!!(笑)
まさかの2日連続ギャンブルです!
この日は前日より早い時間に行ったから少し明るく、写真がちゃんと撮れました。
c0081032_17483028.jpg

c0081032_1749742.jpg

c0081032_17495618.jpg

c0081032_17501120.jpg

c0081032_1750273.jpg

力強くたくましい馬たち。今の日本男児もみんなこれぐらいたくましかったらなあ・・・
c0081032_17513025.jpg

c0081032_17514785.jpg

この日は2レースやってどちらも勝って、100円が300円になりました。


そしてまた上士幌に戻り、ちっちゃい花火大会を見物。
この時間になると結構冷え込みます。
こんなひんやりした空気の中で花火をみることになろうとは・・・
c0081032_17535324.jpg

c0081032_1754737.jpg

この日は帯広と上士幌を行ったり来たりしたため、移動距離が凄かったです。
ずっと運転してくれてたとろもんさん、かなり疲れたと思います。
本当にありがとう!!
[PR]
by t-ebizou | 2013-08-16 20:44 | お出かけ