えびぞうの文化系趣味のブログ。気のむくままに更新します。
by t-ebizou
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
全体
雑記
観劇・鑑賞
創作
お出かけ
食べ物
映画
フラワーアレンジメント
料理
書道
落語
読み物
消しゴムはんこ
切り絵
未分類
以前の記事
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
more...
タグ
ブログパーツ
お気に入りブログ
毒食わば皿まで
ナリナリの好きな仁寺洞
午前7時のアールグレイ
ライフログ

走ることについて語るときに僕の語ること


ねじまき鳥クロニクル 全3巻 完結セット (新潮文庫)


細雪 (中公文庫)


東天の獅子〈第1巻〉天の巻・嘉納流柔術


猫の本―藤田嗣治画文集


うろんな客


だれのおうちかな?


ニシノユキヒコの恋と冒険

検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
日々の出来事
30代
画像一覧

橋本関雪展&安藤忠雄講演会

今月は省エネモードでゆっくりしておりますが、昨日は久々に行動しました。
兵庫県立美術館で開催している橋本関雪展へ!
いい天気。美かえるが青空によく映えます。
c0081032_23392673.jpg

橋本関雪の絵は姫路市立美術館でも何点か収蔵されているので
なじみがあります。今回の展覧会でも姫路から貸し出されてるものが
いくつかありました。

中国の古い物語をモチーフにした作品が多いのですが、中でも「木蘭」という
絵が気に入りました。ちょうど入口の看板になっていたので写真を。
c0081032_23422777.jpg

病身の父に代わって男になりすまして兵役についた女性が手柄をたてて
帰ってくる、といった筋のお話のようです。
青い衣装が女性の凛とした雰囲気に合っててステキですよね。
男装の麗人といった感じでしょうか。
原作チェックしてみたいと思います。
c0081032_23463526.jpg

全体的に大きな屏風に描かれた作品が多かったのですが、関雪の絵は原色を
使っていないので、しっとりと透明感があって、大きな作品でもうるさくなく
目に優しいと思います。

中国系の柳眉な美女の絵も多数あってうっとりします。
下の「摘瓜図」は姫路市立美術館のものなので、またお目にかかれそう。
c0081032_2350916.jpg

関雪といえば文部省お買い上げのテナガザルの絵が有名。
やはり動物画が面白いです。
毛がしっかり描きこまれているので、動物のふさふさ感がたまりません。
特に掛け軸に描かれたたぬきがかなりのふさふさ感をかもし出しており、
ちょっと首に巻いてみたいぐらいでした。

私の一番のお気に入り、「唐犬図」。
c0081032_00139.jpg

タイトルは唐犬となっていますが、どこからどう見てもボルゾイです!
日本画でボルゾイって!!!大きな絵で、左の方にはグレーハウンドが2頭
描かれています。日本画で異国の貴族的な犬を描くというこのミスマッチが
たまりません~

関雪は色んな犬を描いてみようと思って様々な犬種を集めたようですが、
どれも病気かなにかでばたばたと死んでいったんだとか・・・
描かれた子たちはなんとか無事だったようです。
この時代の日本にボルゾイやら何やら連れてきても受入れ態勢が整って
いなかったでしょうね・・・


しっとりした関雪の絵を堪能した後は、この日のメインイベント、
安藤忠雄の講演会に行ってきました。7月ぐらいにもやってたんだけど、
行きそびれていたのでリベンジ!講演会自体初めてです。
この日は文化をテーマにお話しされていました。
誇りある日本にしていかなければならないというところから、安藤さんの
交友録的な話も交えつつあっという間に時間がたってしまいました。
テレビで見る通り、常人の3倍ぐらいのパワーを持っておられる印象です。
関西人らしい歯に衣着せぬもの言いが爽快。しっかりした話し方で声量も多く、
とても70代とは思えません。
とにかく話が面白いので、すっかり引きこまれてしまいました。
また近くで講演会あったら是非行ってみたいと思いました。
[PR]
by t-ebizou | 2013-09-23 00:29 | 観劇・鑑賞