えびぞうの文化系趣味のブログ。気のむくままに更新します。
by t-ebizou
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28

ひめじ国際短編映画祭

6月13日から15日まで姫路で短編映画のイベントがありました。
張りきって3日とも参加。
c0081032_20243218.jpg

見放題なのに無料というのがスバラシイ。
短編映画って普段見ることがないのですが、10分前後の映像に
メッセージや個性がぎゅっと凝縮されてて面白いのです。
全部がアタリなわけではありませんが(笑)

今回はアニメ作品が楽しみでした。
「世界のアートアニメーション」はロシアの「ぼくのママは飛行機」というのが
特に面白かったです。おかんが飛行機という発想のぶっ飛び具合がロシアらしい。
流石はウォッカの国です。
日本の映像制作会社ROBOTの作品も素晴らしかった!
私は「つみきのいえ」の加藤久仁生監督の絵のタッチと色遣いが大好きです。
展覧会用に制作された「情景」の作風もよくて、ああいうのを見ると
やっぱり水彩画をやりたいなあと思ってしまいます。


3日見た中で印象的だったのは、12歳の少年の初デートでのファーストキスを
めぐる物語。この作品の監督がアメリカから来場してて、撮影裏話などを
きかせてくれたのですが、この映画の中のキスが主人公の少年の本当の
ファーストキスなんだそうです!ファーストキスが映画として残るなんて!
相手の女の子はとってもかわいいし、一生の思い出になりますね!!


このイベントでは作品だけでなく監督も大勢来場してお話をしてくれるのが
とてもいいです。監督を間近に見て話を聞く機会なんて滅多にないことですもんね。
でもお客さんがちょっと少なめなのが気になる・・・
マイナーなイベントかもしれませんが、行く価値のあるイベントだと思うので、
次回はみなさんも足を運んでみてくださいね☆
by t-ebizou | 2014-06-15 20:43 | 観劇・鑑賞