人気ブログランキング |

えびぞうの文化系趣味のブログ。気のむくままに更新します。
by t-ebizou
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

キャスパ能・狂言

今日は仕事終わってから、駅前で開催された能と狂言を観に行ってきました。
美女同伴です(重要)。
解説が始まるのが5時40分からだったので、終業と同時に急いで会場へ。
解説のオジ様、かっこよかったわ~(網谷正美さんという方でした)

本日の演目は、
仕舞 「難波」「羽衣」「善知鳥」
狂言 「仏師」
能  「巴」

予想通り、仕舞開始5分で睡魔が・・・
私、本当に修行が足りません・・・
仕舞の歌は本当にききとれないし、声はイイ感じで低音なので、α波がでまくりです。
不眠症の人は謡曲や長唄をきいたらよいね。
あらすじを読んでても、何言ってるのか見当がつきません・・・
全然だめだわー!!!
しかし仕舞には女性の演者もいたのでびっくりしました。
基本的にあの舞台の上には女の人はあまり立たないものだと思ってたので。
まったくもって勉強不足ですね。

狂言は私の大好きな茂山一族から、千五郎さんと松本薫さんが出演されてました。
やっぱり狂言はいいです。楽しいです。
展開がコントみたいですよね。昔のドリフのようなものなのか。
かわいらしい、素朴な笑いですよ。昔の人も、これ見て笑ってたのか。
なんか凄いね。
松本薫さんの衣装の背中の模様が、なぜか茶釜とお釜の柄でした。(笑)
かわいかった~

能はまたセリフがわかりにくかったですが、今回はY氏にもたされた資料が
あったため、一応何を言ってるかはわかりました。(でも内容はあんまりわかってない)
Yぷー、サンキュー!
亡霊となって現れた巴御前が、通りすがりの僧に
「ここにあなたと同郷の木曾義仲(巴御前は義仲の愛妾)がまつられてるから、
どうか義仲の霊をなぐさめてあげてください」とお願いする話(?)。
義仲と討ち死にすることができなかった無念が表現されています。
前半はほとんど動きがなくて、余計にセリフがわかりにくかったけど、
後半は巴御前が甲冑姿になったり、長刀を使う場面などがあり、なかなか
かっこいいです。

帰りに行った「良寛」という和食のお店もなかなか美味しかったです。
たこのてんぷらがやわらかい~♪
また行ってみよう!
by t-ebizou | 2006-10-04 00:11 | 観劇・鑑賞