人気ブログランキング |

えびぞうの文化系趣味のブログ。気のむくままに更新します。
by t-ebizou
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリ:創作( 82 )

2017年はおしゃれハシビロコウ

みなさま、明けましておめでとうございます!!
今年もぼちぼち更新しますので、よろしくお願いいたします。

書初めです。
構成は違いますが、年賀状と同じ歌を書きました。
『初春の朝わが子らの踏む庭の青木に光る白玉椿』与謝野晶子
c0081032_11201761.jpg
年賀状に使用した消しゴムはんこ。
動かない鳥、ハシビロコウのつもりなんですけど、ハシビロコウに見えるでしょうか??
タイトルは「オシャレに気を遣うハシビロコウ」です。
c0081032_11223079.jpg
身だしなみやオシャレに気を遣って、小奇麗な三十路でありたいと思います。

健康に気を付けて、今年も一年頑張りましょう!!


by t-ebizou | 2017-01-02 11:27 | 創作

いちじく feat くり

前回いちじくを描いたのですが、今度はくりとの共演です。
秋なので、いたしかたありません。
c0081032_1831234.jpg

いちじくを立たせてもういっちょ!!
くりのお尻のざらざらした部分、どうやったら
うまく表現できるんでしょう??
c0081032_18313126.jpg

だんだんいちじくの様子がぐったりしてきていたので、
これを描いたあと、美味しくいただきました。

シルバーウィークはちょこちょこ稲刈りに狩り出されてあまり
遊べませんでした。その腹いせに空き時間に買い物に行って
たくさん服を買ったりして、どんどんお金がなくなっていきました。
遊ばなくてもお金は減るのだということを実感した連休でした。。
by t-ebizou | 2015-09-27 21:26 | 創作

いちじくを描く

せっかくの連休ですが、稲刈りに狩り出されて地味な休日を過ごしております。
家に秋の味覚、いちじくがあったので、デッサンの練習をしてみました。
家になぜか葉書サイズのスケッチブックがあって、ずっと埃をかぶっていたのですが、
このたび日の目を見ることになりました。
なんでも置いておくと使う機会があるもんですね。
c0081032_027074.jpg

いちじくがなんとなく気に入り、2回描きました。
2回描いて、色濃い目で描いた方がおいしそうに見えるということに気づきました。
c0081032_0332580.jpg

今回初めて気づいたのですが、写真を撮ると実際見るより結構暗めに
写るんですね。絵といちじくがあまり似ていないのは私の画力不足
だけが原因なのではありません。
よく見ると下から反射した光で明るい部分があったり、影の中にも
濃い部分と薄い部分があったりして、見るポイントが山盛りです。
見れば見るほど、奥が深いぜ・・・
by t-ebizou | 2015-09-22 10:17 | 創作

MY襦袢完成!!

前回の教室でついに襦袢が完成しました!!
まだ半衿着けてないから着られないんですけどね。
新しい襦袢だから半衿も新しいのにしたいなあ・・・
c0081032_18594017.jpg

作業工程の中には素人にはとても真似できないような複雑な縫い方の
ところもあり、そういうところは先生におまかせしました。
職人技というのは本当に凄いものです。
私など裁縫というと波縫いやボタン付けぐらいしかする機会がなかったので、
襦袢作成にあたって初めて目にすることがたくさんあって勉強になりました。

丁寧に教えていただいているのに、途中で失敗して何度かやり直しを
することになることもしばしば・・・
なのに根気強く教えて下さった先生、感謝の気持ちでいっぱいです!
本当にありがとうございました!!
by t-ebizou | 2013-09-08 19:06 | 創作

あと少し!

今年に入ってから和裁の教室で襦袢を作っているのですが、
その作業が佳境に入ってきました。
最初は年内に出来るかも、という話をしていましたが、思ったより
早くできそうで、もしかしたら秋には着ることができるかも。
c0081032_15422787.jpg

セールで買った東レのシルックです。多分3000円ぐらいだったはず。
シルックの襦袢なんてお店で買うと何万円もしたりするのでかなりの
破格でゲットした反物です。
その反物がここまで形になるとは・・・なかなか感慨深いです。
蝶の模様は着物に隠れて見えなくなりますが、
見えないオシャレというやつです☆

後は襟の部分をつけるだけ。次の教室で完成するかな??
by t-ebizou | 2013-08-26 21:35 | 創作

久々にお針子2

暇にまかせて久しぶりに着物も制作。
こういうことは時間と気持に余裕がある時じゃないとできないのです。
夏にも連休はありましたが、夏に裁縫する気分にはならないですからね・・・

無地っぽい着物を作ってみようと思って選んだ生地ですが、
こういうのはごまかしがきかないですね・・・
ちょっとしわができたりしたら目立って仕方ありません。
c0081032_18121179.jpg

それにしても地味な着物だなあ・・・
田舎の村娘みたい。(その通りなんだけど)




閑話休題


先日バーゲンに行って、帰りにそごうの地下の仙太郎っていうお店で
ぼた餅を買ってみたのですが、しそがきいててとても美味しかったです。
大きいしもち米のもっちり感もスバラシイ☆
みなさんも食べてみてください!
by t-ebizou | 2013-01-06 18:08 | 創作

久々にお針子

どこにも出かけず体力を温存しているのですが、ただだらだらしてても
仕方ないので久しぶりに裁縫です。
前から作りたいと思っていた替え袖を制作。

本当は千鳥格子の柄の生地が欲しかったのですが、ユザワヤで
探したけど見つからなかったんですよね・・・
あの規模のお店になかったら一体どこを探せばいいのか。。

布も意外と高いので、特価のやつを物色。なんとなく選んだ柄ですが、
これはなかなか作りやすかったです。なぜかというと、柄がすべて
直線で構成されているから。線がひきやすく裁断しやすいのです。
私のような雑で適当な人間にはこういう柄がぴったり!!
c0081032_1758495.jpg

去年買ったリサイクルの着物がどれも袖の長さが違っていたので
着るに着れなかったのですが、それぞれの袖に合った替え袖を
作ったのでこれからようやく着れます!!

写真は2つしか写ってないけど、実は4着分まとめていっぺんに作りました。
たまにしか裁縫しないのでちょっとしたもの作るのにも凄く時間が
かかってしまいます。疲れた・・・


せっかく替え袖作ったけど、着物で初詣、行けてない~(T_T)
by t-ebizou | 2013-01-04 10:00 | 創作

ミシンで着物3連発

仕事決まる前のニート期間とひまひまなGW前半はミシン着物に没頭。
慣れるとサクサク作れるようになります。
新たに3着作りました。

黒地にしましま
c0081032_18491515.jpg


黒地に幾何学模様(?)
こういう柄の方が縫い目汚くてもわからないので作りやすいのだ。
c0081032_18502350.jpg


上の生地の色違い。
紫ですが、こっちの方が模様がはっきり見えて黒いのとは
また違った雰囲気。
これが一番綺麗にできたかも・・・
c0081032_18513462.jpg


急に衣装持ちみたいになってきたなあ~
でも着物の数に対して帯が少なすぎです。
帯、欲しいなあ・・・
by t-ebizou | 2012-05-02 18:53 | 創作

久々に彫る

すごく久しぶりにはんこの注文が舞い込みました。
石彫るのいつぶりかしら・・・?
最近細かい作業をする気力もなくて、消しゴムはんこも作ってないなぁ。
c0081032_16554660.jpg

進学や就職で書道教室を辞める子もいるのですが、
春は書道を続けることにした子のはんこの注文が来るのです。
青春を楽しみつつ、可憐な書道ガールになってほしいものです。
by t-ebizou | 2011-04-24 17:14 | 創作

基本に戻る

展覧会がおわったのでもうしばらく作ることはないだろうと思っていたのですが、
はんこの注文がきたので久々にほりほり。

展覧会で自分の作ったはんこを久しぶりに見たわけですが、うちの会の字は
正当派の仮名なので、あんまり凝ったデザインのはんこだとちょっと浮いてしまう
ということに気付いたのであります。
というわけで今回はいたってシンプルな作りにしてみました。
c0081032_21242147.jpg

シンプルなので特にいうことがありません。
小さい方の石は注文くれた人の持ち込みの石でした。
なんていう石かわかりませんが、結構やわらかくて彫りやすかったです。

暇だったので、箱はちょっと丁寧に作ってみました。
c0081032_21274089.jpg

黒の紙があったので、切り絵入りで。

何の関係もありませんが、左のはお土産でもらったデザートローズという石。
砂漠で水に溶けたミネラルが結晶化したものらしいです。
知性と愛を深めたり、願望をかなえてくれるらしい。
願望・・・玉の輿だな☆
by t-ebizou | 2010-09-16 21:34 | 創作