人気ブログランキング |

えびぞうの文化系趣味のブログ。気のむくままに更新します。
by t-ebizou
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29

<   2008年 02月 ( 13 )   > この月の画像一覧

『私的生活』 『苺をつぶしながら』

この2冊は前に書いた『言い寄る』の続きです。
やっぱり私は主人公の乃里子が好きなようで、
いちいち感情移入してしまいます。

それゆえにしんどくなる部分もありますが、
『苺をつぶしながら』に入っていくと、すごい爽快ですよ。
よくもまああんなに快復できるもんだなーと関心しきり。
自分らしく生きてるあの前向きな姿に元気をもらえます。

なるほどなーと納得できたり、名言だ、と思える文章も
あちらこちらに。
 
「私は焦らない。そこんとこに、楽しみがあるからだ」
うん、そうだそうだ!

煮詰まったとき、私も乃里子のようにニヤリと笑って人生を
革命したいものです。
by t-ebizou | 2008-02-29 17:25 | 読み物

歓喜の歌

歓喜の歌』という映画をみてきました。
結構評判いいのに、映画館には10人も入ってません。
なんで・・・?

立川志の輔さんの新作落語「歓喜の歌」を映画化したものです。
映画だからたくさんの役者さんが出演してるわけですが、
落語であの人数をどうやって表現してるんだろう。

大晦日にママさんコーラスの発表会がダブルブッキングしちゃって、
それを解決するためにみんな奮闘するっていう話です。

キャストもいい感じです。
小林薫のダメ公務員っぷりがかなりしっくりきてるし、
安田成美がめちゃくちゃかわいいです。
あんなステキな主婦になりたい・・・
浅田美代子がしっかりした役をやってて、
ちょっと不思議な感じです。
ほかにもチョイ役で結構いい人がでてるので、それも楽しいですね。

エンディングテーマ「あの鐘を鳴らすのはあなた」を
歌ってるのがクレイジーケンバンドだというのもすごくよかった。
あの低い声で歌われる「あの鐘を鳴らすのはあなた」も
ええもんですね~

いい余韻の残る映画でした。
☆☆☆☆☆
by t-ebizou | 2008-02-29 16:49 | 映画

ムンク

c0081032_23214980.jpg
兵庫県立美術館で開催してる
ムンク展」をみてきました。

平日だけど、割りとお客さん多かった。

ムンク、暗いです。
どんよりです。

空は赤くうねり、人は青い。

でも、ちょっとかわいい感じが
するのはなぜ??

どことなくきょとんとしてるから?

c0081032_23291528.jpg
描かれてる人物がみんな正面むいてて
カメラ目線です。
だから絵を見ると、不安そうな顔と目があいます。
不気味です。

嫉妬の絵がなかなかこわいです。

人魚の絵が雰囲気があってきれいでした。


美術館では、絵を観てる人を見るのも楽しいです。
彼女の方が背が高いカップルが仲良く絵を観てて、
なんともほほえましかった。

やっぱり、一緒に絵を観れる人というのはよろしいものです。
この条件は、どうしても譲れん!
と強く思うのでありました。
by t-ebizou | 2008-02-20 23:37 | 観劇・鑑賞

誘惑

歌舞伎観に行った帰りに、デパートでチョコを物色。
Yちゃん、どれにするか大いに悩む。
結局、一粒200円ぐらいのを買ってました。
一粒200円。高!!
でも買ってしまうのは、バレンタインマジックです。

いやー、みてるだけで癒されますね。
チョコからマイナスイオンを感じました。

私はケーキの気分だったので、地下でケーキを鑑賞。
c0081032_16552131.jpg

また色々ありすぎて迷いますね。
結局アンリシャルパンティエに決めました。
c0081032_16574729.jpg
写真のはオレンジっぽいムース(?)の中に
甘酸っぱいソースとスポンジが入ってて、
下はドライフルーツです。
ああー、幸せ。
やっぱり大阪のデパ地下には夢があるなあ~
by t-ebizou | 2008-02-16 17:01 | 食べ物

天井人

c0081032_23103628.jpg

坂東玉三郎の舞踊公演に行ってまいりました!
お連れが久々に会う大学時代の友人であることと、
前にNHKで玉三郎特集をみたこともあって、
気分が高まります!!
c0081032_2315225.jpg
上の写真には前の店が写りこんでますね・・・
こちらの写真にはちょこっとですが、舞妓さんをはじめとする
先斗町なんたらかんたらの会御連中(忘れた)が写ってます。
お客さんも華やかだぜ~
舞妓さんだけでなく、先斗町の玄人な感じのマダムも沢山。
貫禄あります。


今回の演目は、『連獅子』と『京鹿子娘二人道成寺』。
これまた麗々しい華やかな舞台でございますよ~
連獅子では市川海老蔵(白)と尾上右近(赤)が出演。
最初は獅子舞のような感じの舞なんですが、
着物は白と紫、袴は黒地に牡丹の模様で、
豪華でかっこよろしい!!粋だわ!!
着てる人間にちゃんと合ってるのだね。

連獅子というのは、テレビで見た人も多いであろう、
白と赤のながーい髪の毛のカツラをつけて
頭をぐるんぐるんと振り乱すやつです。

花道のところで海老蔵が振り乱してる時、ながい髪が
近くの席に座ってた先斗町のマダムの頭を
ふさーっとかすめていました。
ええなあー。ああいうのは縁起モノのような気がします。
私の頭もかすめてほしい。
私もああいう席に座りたいものですが、
そのためには先斗町のマダムにならねばならんのか・・・
一生無理のような気が・・・

この演目、テレビで幸四郎親子がやってるのをみたことがありますが、
やっぱり生で見ると迫力が全然違います。
めでたい演目だし、なんか正月の気分になりました。


二幕目が京鹿子娘二人道成寺で、こちらに玉三郎が出演。
菊之助が一緒に白拍子の役をしてましたが、
年齢差がほとんど感じられません。玉三郎、若い・・・
どちらもほんとにほんとに綺麗でしたよ。
完全に、女。女より女。
久しぶりにうっとりしました。
舞妓さんたちもいっぱいいたけど、正直負けてると思った。
(舞妓さんごめんなさい)
彼等は性別なんて超越しちゃってるのだ。

この演目は着物の変化も楽しいですね。
黒→赤→緑→藤→黄→紫→白と、なんと七種類の着物に
変化します。それだけでも大変なのに、踊りが長いし、
割りとアクロバティックな動きもあり、ただただ見とれるばかり・・・
動きも流れるようで美しく、もはやこの世のものではないみたい。
多分神かなんかなんやろうね。
それで公演終ったら雲に乗って天井界へ帰るんやろうなあと
普通に思ってしまうくらい美しい。

それにしてもあれだけの踊りを踊ろうと思ったら、
日頃の鍛錬が凄いのでしょうね。
体をちゃんと作っておかないと、着物を着てあれだけ反りかえったり
素早く動いたりできません。

玉三郎は、いつもお稽古や公演がおわったら飲みにもいかず、
すぐに家に帰って専属の人にマッサージなどをしてもらって
翌日に備えるのだそうです。
体が弱いから、物凄く気をつけてるんだって。
プロは違うね・・・

ああいう舞台を見ると、日舞をやってみたくなります。
でも、ありえんぐらいお金がかかるんだろうなあ・・・
玉の輿にのれたら考えたいと思います。(他力本願)

ああー、ええものをみました。眼福です。
夢を観てるような気分でした。
なんで私、今までの玉三郎の舞踊公演
見に行かなかったんだろう・・・
次から絶対毎回観てやる!!

そして早速3月の南座のチケット、ゲットしました!!
今日が発売日やのに、昼に買いに行ったら
すでに残席わずかやったわ。
どんぶりぃ、すまん。大分後ろの方やねん。
オペラグラスで頑張って見よう!!
by t-ebizou | 2008-02-15 23:55 | 観劇・鑑賞

つれづれ

今日はええ天気でした。
土曜に雪がふってたなんてうそのようなあたたかさ。
久々に一日中家にいたので、そうじをちゃんとしました。
そしてふとんをほせました(うれしい)。

机の上が、一言でいうなればカオスのような状態だったので、
これを整理し、もらった写真をちゃんとアルバムにいれました。
あー、すっきりしたー。

今日は、これだけ。
いたって満足。
by t-ebizou | 2008-02-11 17:51 | 雑記

恋のうた??

c0081032_16555716.gif
ああー、写真が汚いー!!
なんで携帯よりデジカメの方が画像が
汚いんでしょうか。。

逢わずして こよひあけなば はるの日の
ながくや人を つらしとおもはむ


教養がないのであんまりよくわかってませんが、
なんとなく恋の歌のような気がします。(無知丸出し)

毎回書いてて思いますが、やはり和歌の勉強など
した方がいいのでしょうねえ。
書いてるだけであんまり意味わかってないというのも
イケてないですよねえ。

ちなみにこれは古今集の歌だそうです。

この課題、字がつまってて書きにくかった・・・
右の行なんか結構重いですよね。
細かい字が多いので行をうまくゆらせなかった。
むむ・・・


先日久々に本を読みまして、短編集なのですが、
その中にちょうど恋の歌の話がありました。
夢枕獏 『陰陽師 夜光杯ノ巻
の中に収録されている「浄蔵恋始末」という話。
高僧の40年越しの恋が成就する話でした。
美しいですねえ。
やっぱり私はこのシリーズが好きです。さっぱりしてて。

そしてその後に読んだのが、
田辺聖子の『言い寄る』。
なぜ上記の本の後にこれを読んでしまったのか。
これはすごい話です。
文体は美しいですが、内容はさっぱりしてません。
しかし、日本の女子は全員これを読んでおかねば
ならんような気がします。
これは3部作のうちの1冊目です。
これからどうなるのか。早く続きを読まねば・・・

装丁も綺麗なので買ってもいいかなと思うんですが、
1冊目を読んだ現段階では、
この話を手元に置いておくのもなんだか恐ろしいです。
自分が31歳になって、同じような状況にあったら
ほんとにどうしようかと思いますね。
私やったら、確実にエネルギーがゼロになりますね。
年が近いだけに、なんだかぞっとします・・・

そしてこれが昭和に書かれたというのも
またすごいではありませんか。
昭和にこんなスゴイ女がいたのでしょうか。
カッコよすぎ。

とにかく、早く続きを。
by t-ebizou | 2008-02-11 17:29 | 創作

チーム・バチスタの栄光

今日は姫路では朝からびっくりするぐらい雪がふってました。
寒い・・・

それで、でかける用事があったのですが、
「これだけ天気悪かったら土曜といえども映画館は
すいているに違いない」
ということに思い至り、急遽昼から映画をみることにしました。
前からちょっと気になってた
チーム・バチスタの栄光

原作は「このミス」(元ミステリファンとして懐かしい響き)で1位らしいです。
それだけでも十分期待をもてますね。
しかも出演者が男前揃い!!!
医者の吉川もなかなかええじゃないかええじゃないか~♪
あのメンバーの中に田中直樹が混じってるというのが
なんだか面白いですね・・・

手術室のシーンが多いのですが、機械も臓器もリアルです・・・
医龍みてるときも思いましたが、臓器ってどうやって
作ってるんでしょう・・・
きもちわる~
医者ってすごいですねえ。
変な人多いってきくけど、そりゃちょっとぐらい変じゃないと
人の体なんかみてられないよな~

ストーリーは、面白いんですけど、もうちょっと起伏があっても
いいんじゃないかと思いました。
病院の中のシーンが多いので、あまり変化が
ないように感じただけかな?
原作読んでないけど、きっと原作の方が面白いと思う。
そんな気がしました。
あと、レモンティーの歌が結構好きです。

そんなこんなで、☆☆☆☆!
by t-ebizou | 2008-02-09 17:18 | 映画

国民保険体操

c0081032_10205579.jpg

書道の先生が仕事柄手紙を送ることが多いので、
切手をいっぱい持ってることに気付き、色々みせてもらってたら、
中から石原裕次郎の切手が・・・(笑)
実は先生、裕次郎の大ファンらしいです。
車の中でも裕次郎の曲をきいてるらしい。
そうだったのか・・・
先生の意外な一面を知りました。

私、別に集めてはいませんが、切手が割りと好きで、
面白がってみてたら先生が2枚くれました。
「山部赤人」と「ラジオ体操はじまる」。
ラジオ体操って国民保険体操なんですね・・・
初めて知りました。
レトロでかわいいです。
こういうの、絶対使えないですね。
by t-ebizou | 2008-02-08 10:26 | 雑記

第2回抜歯

c0081032_10141117.jpg
今回は右の上下の親知らずを抜いてきました。
前回は新米の先生で、2本抜くのに45分ぐらい
かかってたのに、今回は別の先生で、
2本で15分もかからなかったです・・・
この差は一体・・・
前回は一体なんだったんでしょう。

写真は上の歯です。
縦1,5センチ、横1,3センチぐらい。
こんなでっかいものが口の中にいっぱい入ってるんですねえ。
下の歯は二つに割られてます。
庭にでも埋めようかな~
by t-ebizou | 2008-02-08 10:19 | 雑記