人気ブログランキング |

えびぞうの文化系趣味のブログ。気のむくままに更新します。
by t-ebizou
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリ
全体
雑記
観劇・鑑賞
創作
お出かけ
食べ物
映画
フラワーアレンジメント
料理
書道
落語
読み物
消しゴムはんこ
切り絵
未分類
以前の記事
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
more...
タグ
ブログパーツ
お気に入りブログ
毒食わば皿まで
ナリナリの好きな仁寺洞
午前7時のアールグレイ
ライフログ

走ることについて語るときに僕の語ること


ねじまき鳥クロニクル 全3巻 完結セット (新潮文庫)


細雪 (中公文庫)


東天の獅子〈第1巻〉天の巻・嘉納流柔術


猫の本―藤田嗣治画文集


うろんな客


だれのおうちかな?


ニシノユキヒコの恋と冒険

検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
日々の出来事
30代
画像一覧

<   2014年 05月 ( 5 )   > この月の画像一覧

牛窓で現代アートを堪能

日曜日に牛窓に行ってきました。牛窓、初めてです。
瀬戸内市立美術館で開催されている山口敏郎展と、現代音楽の演奏会を
聴くのが目的。

瀬戸内市立美術館、まさかの市役所との併設。
1階が市役所、2階が図書館、3階、4階が美術館です。
c0081032_22273479.jpg

山口敏郎展はまさかの触ってよし、フラッシュなし撮影よしという
珍しい展覧会でした。
c0081032_22283438.jpg

c0081032_22285315.jpg

結構前衛的な作風かと思っていましたが、どの作品も日本人になじみのある
色遣いで温かみとかわいらしさがありました。
四角いのは木でできていて、どれも違ったデザイン。
お気に入りを探すのも楽しいです。
c0081032_22291551.jpg

私はこの日は真ん中あたりにあるピンクと白のが気に入りました。
c0081032_22315164.jpg

これは船らしい。葉っぱにも魚にも見えますね。
c0081032_22323554.jpg

c0081032_22352514.jpg

c0081032_22354138.jpg

c0081032_2235573.jpg

これはちょっと異様な作品。なんでも、壁を通り抜ける精子を表現
しているのだとか!
c0081032_22373965.jpg

うげぇ~

芸術家は精子に関心を寄せる人が多いのでしょうか。
ムンクもよく絵の周りに精子らしきものを描いてたような気がします。
c0081032_2238727.jpg

ちなみに、この作品の前で最初の演奏会(舞踊もあり)があって、
4日前に突然参加が決まった前衛舞踊家の人の踊りの途中で腕が当たって
赤いのが1個とれるというハプニングが発生!
舞踊は激しい動きを想像してたけど、結構ゆっくりな動きでした。
でも舞踊家の人の汗だく具合が凄かった・・・
見た目以上に体力を使うのでしょう。

下の階には現代音楽が流れる真っ暗な部屋での展示。
この世ではない雰囲気。
c0081032_22434468.jpg

この作品は子宮をイメージして作られています。
上の階の精子が壁を通過してここで着床、ということらしい。
前述の舞踊家さんの踊りは生命の誕生をイメージしてあったので、
全部つながるようになっていました。

ちなみに、この作品の花みたいなのはグッズ売り場で3000円で
販売されております。
c0081032_22454770.jpg

c0081032_2246337.jpg

現代アートを楽しんだ後は、近くのお店で地域のB級グルメ、えびめしを。
色は黒いけど、味は意外とあっさりでしたよ。
c0081032_2247387.jpg

近くをふらふらしてから14時からの演奏会へ。
c0081032_2248434.jpg

そもそも友達がこの演奏会の曲を手掛けた作曲家と友達で、その縁で
この日は牛窓にやってきたのでした。
作曲家は薮田翔一さんというたつの出身の人で、若いけど才能あふれる人です。
作曲家って気難しいイメージでしたが、演奏会後に少しお話をしてみたら
結構お茶目な人でした。

私は今回、現代音楽を初めてちゃんと聴きました。
結構難しいかと思いきや、1曲目のGlitterという曲はなかなかかわいくて
聴きやすかったです。

演奏会後は牛窓のエーゲ海らしい景色を求めてさまよいましたが
どこに行けば絶景が見えるのかわからず、通りすがりの店でジェラートを
購入。結構有名なお店だったみたいで、お客さんがたくさんいました。
お店の前にはオリーブの木が。オリーブの木ってかわいいですよね。
c0081032_22542686.jpg

c0081032_22551587.jpg

私はオリーブのジェラートにしました。
ジェラートと壁が同化している・・・
c0081032_22563317.jpg

いい天気だったので、ジェラートが凄い勢いで溶けていきます!
みんな必死で食べる!!それを横目に、やぎが草をはみはみ!!
c0081032_22574382.jpg

ジェラートのお店から見える牛窓っぽい風景。
c0081032_22584169.jpg

こちらは車窓からの風景。これが一番きれいかも??
小さな島がたくさんあるのが瀬戸内っぽくていいですね。
でも、似た景色が御津あたりでも見れる気がする・・・(笑)
c0081032_2304780.jpg

今回は時間があまりなかったので寄れませんでしたが、今度行く
機会があったらオリーブ園などにも行ってみたいとおもいます。
ひとみっちょ、運転お疲れ様でした!!
by t-ebizou | 2014-05-26 23:14 | お出かけ

またもやスパイシーな夜

先日はまたもやスパイシーな料理を楽しみました。
久々のちゃんとしたタイ料理、バーンスコータイ
結構人気のお店だそうです。
コースと単品を。
サラダやスープは辛さが選べますが、一番辛くないのにしても
そこそこの辛さ!イカが柔らかくて美味しいサラダですが、
これも食べてるとだんだんひりひりしてきました。
c0081032_1828521.jpg

ピンボケしてる揚げ春巻きが美味。
ワンタンは揚げても美味しいんですねえ。
c0081032_1831468.jpg

友達のオススメの春雨の炒め物も注文。
確かにこれは美味しかった!小さいカニみたいなのがいいお味。
c0081032_18331786.jpg

一番ツボにはまったのがグリーンカレー。
マイルドで食べやすく、タケノコや鳥肉がいっぱい入ってて
食べ応えもあります。
c0081032_1835297.jpg

コースの定番メニューの他にも食べたいものがたくさんあったので、
この店はまた是非行ってみたいと思います!
店員さんもみなさん感じがよくていいお店でした。
by t-ebizou | 2014-05-11 10:21 | 食べ物

定時上がりの空色

今年に入ってから仕事が結構忙しかったのですが、最近結構余裕が
でてきて定時で帰れる日もちらほら。
定時で帰るとこんな色の空を見れるんですねえ。
c0081032_18181228.jpg

by t-ebizou | 2014-05-10 18:21 | 雑記

アンドレアス・グルスキー展

昨日ようやく国立国際美術館で開催されている
アンドレアス・グルスキー展」を観に行ってきました。
空は雨が降りそうで降らないきわどいどんより感。
国立国際美術館には初めて来たのですが、まさかこんなビルの狭間にあるとは
思いもしませんでした。てっきり近くに公園とかあって、周辺は広々とした
スペースがあるものだとばかり・・・
大都会の中、ビルに囲まれ、思ったよりこじんまりしています。
c0081032_144114100.jpg

これも写真のイメージよりちっちゃい。
c0081032_14553642.jpg

チラシなどで使われているのはカミオカンデの写真。
カミオカンデというのは宇宙から飛来するニュートリノっていう
素粒子を観測するための施設なんだって。右下に写ってる人と比較すると
この施設の巨大さがわかりますよね・・・
一回見学できないものかしら。。

ちなみにこのパネル、実際の作品と大差ないサイズなんですよ!
c0081032_1501829.jpg

アンドレアス・グルスキー、私は最近雑誌か何かで見て知ったのですが、
今世界的に注目されてる写真家だそうです。
作品の特徴は、あの大きさ!パノラマで撮影したのをめちゃくちゃ大きく
してて、ほとんどの作品が4畳半ぐらいあります。
現像も大変だろうけど、額用意するのも大変だろうな・・・

そして縦、横のラインや規則的に並んでいるものを意識して効果的に
使っていると思います。構図?構成?というのか、そういうのが
めちゃくちゃ上手いのでしょう。どの作品もバランスが素晴らしいです。
素人が普通に観て「なんか上手いぞ!!」と思えるものを4畳半にして
いるのですから、その迫力たるやハンパではありません。
あのサイズ感はなんかずるいな・・・
あのでかさで上手さが3割増しになってる気がする・・・

不思議なのは、縦・横ラインや規則的な並びで整然と見えている
はずなのに、なぜか混沌とした印象も受けること。
あのエネルギーのうねりは一体何なのか!!
写真ってこんなに刺激的なものだったのね。
絵とはまた違った面白さがありました。
個人的にはバンコクのシリーズが結構好きです。

グルスキーの代表作、「ライン川 Ⅱ」のハガキを購入。
バッグに入れてたらしわしわになっちゃった・・・

空と川と緑のバランス絶妙。。
青空じゃないのがまたいいと思う。
c0081032_15202284.jpg

ちなみに、この写真、2011年にクリスティーズ・ニューヨークで
現存する写真家の作品としては史上最高額の(当時のレートで)3億4千万円
で落札されたそうです。3億4千万円て!!!!
誰が買うたねん!!

ハガキやったら150円やのに!(笑)


同時開催のコレクション展もがっつり堪能して、国立国際美術館を
後にしました。コレクション展もなかなかおもしろかったです。

アートを楽しむ連休になりました。
家での断捨離などこまごました用事も片付いたし、
いいGWだったと思います。
by t-ebizou | 2014-05-06 15:43 | 観劇・鑑賞

御影で癒される1日

私の勤務先では5月1日からGW。まず滋賀の友達の家に行く予定だったのですが、
友達の都合が悪くなって急遽暇になってしまいました。
どうしようかなあ~と思って色々調べてみたら、以前行った香雪美術館で
やってる森田りえ子さんの「花らんまん展」というのがちょっと面白そう。
しかも偶然にもその日のちちんぷいぷいで紹介されていました!!
それを見たらかなーりよさそうだったので、行ってみることに。
c0081032_0312580.jpg

こじんまりしたお庭がありますが、美しい緑でいっぱい。
桜の木もあるので、4月初めに来たらまた違った美しさだったことでしょう。
c0081032_035917.jpg

c0081032_0353660.jpg

c0081032_035575.jpg

平日だし、結構ゆっくり見れるかなと思っていたら、ちちんぷいぷいを
見たおばちゃんがわらわら・・・ちちんぷいぷいの世間への浸透を痛感。
テレビの力っておそろしいですね。
c0081032_0362269.jpg

私、森田りえ子さんてよく知らなかったんですけど、かなり有名な方なんですね。
金閣寺の天井画なども手掛けておられるようです。

花をメインに描いてらっしゃるようで、今回の展覧会も花の絵を主軸に
展示してありました。こじんまりした美術館だからかなり厳選してあるから
かもしれませんが、どの作品も本当によかったです。
花の瑞々しさが感じられるし、存在感はあるけど押しつけがましくないのです。
奇をてらっていることもなく、美術館あまり行ったことない人でも
純粋に「美しいなあ」と心から思える作品ばかり。

屏風などの大きな作品もあって見ごたえがあります。1階にあった柊野五色椿の
屏風、いくら見ても見飽きません。
そして目を奪われるのは糸菊の絵。当たり前ですが、あの花びらが1本1本手描き・・・
1つの糸菊につき2000枚の花びらを描いているらしいですが、実際の菊の花も
本当に2000枚の花びらがついているらしいです!どっちも凄い!
パンフにその菊の絵が載っています。
c0081032_0461364.jpg

印刷してしまうと色合いがどうしても違ってしまいますが、実際は
花びらがもっとふわっとした感じで描かれています。
水がほとばしっているような描き方です。でもタッチはあくまでも軽やか。
よく見ると花びらがゆらいでいたりからまったりしているところもあって、
それが絶妙なニュアンスを醸し出しています。
本当に見入ってしまいました。

源氏物語をモチーフにした扇面の屏風も素敵だったなあ・・・
扇面を2枚組にしているところがニクイ。
実は源氏物語を読んだことがありませんが、ちょっと読んでみようかしら、
という気持ちになりました。

本当にすべての作品にうっとりすることができました。
テレビで紹介されるだけのことはあります。
11日までなので、興味ある方は是非観に行ってくださいね。


ついでに横にあるゆづるは神社へ。
ここでヤタガラスのモチーフを使っているのは、熊野三所権現を
祀っているからなのですね。
c0081032_0551232.jpg

もしかしてと思って絵馬を見てみたら、案の定スケートの羽生選手に
関する絵馬がいっぱい!!前に来た時とはえらい違いだわ・・・
c0081032_0575767.jpg

よく見たら、「羽生選手のような素晴らしい人と出会って幸せな家庭を築けますように」って
お願いしてる人がいる!!(笑)
幸せな家庭を築くってところは私も同じように希望しておりますよ。
神戸市のHさん、一緒に頑張りましょう(笑)
ゆづるは神社は縁結びにも御利益があるらしいので、しっかり祈願しておきました。


しっかり祈願した後は、前から行ってみたかった御影高杉本店へ。
c0081032_162473.jpg

ずっとデパ地下のお店で見て「いつか食べてやる」と思っていた
ショートケーキを注文。
c0081032_183712.jpg

なーんて美しいんでしょう!流石は「現代の名工」という賞(?)を受賞
しているだけのことはあります。しばし見とれる・・・
味?もちろん美味。生地はしっとり、クリームの甘さ、フルーツの分量のバランス、
すべてにおいて申し分なし・・・・ゆっくり味わいました。
御影マダムはしょっちゅうこんなスバラシイものを味わっているのか。
うらやましい!!

ああ、なんてゆとりのある1日だったことでしょう。
GW序盤は御影に癒されました。
by t-ebizou | 2014-05-04 09:26 | お出かけ