えびぞうの文化系趣味のブログ。気のむくままに更新します。
by t-ebizou
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29
カテゴリ
全体
雑記
観劇・鑑賞
創作
お出かけ
食べ物
映画
フラワーアレンジメント
料理
書道
落語
読み物
消しゴムはんこ
切り絵
未分類
以前の記事
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
more...
タグ
ブログパーツ
お気に入りブログ
毒食わば皿まで
ナリナリの好きな仁寺洞
午前7時のアールグレイ
ライフログ

走ることについて語るときに僕の語ること


ねじまき鳥クロニクル 全3巻 完結セット (新潮文庫)


細雪 (中公文庫)


東天の獅子〈第1巻〉天の巻・嘉納流柔術


猫の本―藤田嗣治画文集


うろんな客


だれのおうちかな?


ニシノユキヒコの恋と冒険

検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
日々の出来事
30代
画像一覧

<   2016年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧

シュラスコナイト

先日始めてブラジル料理、シュラスコを食べに行ってきました。
疲れ気味なので、お肉でエネルギー補充です!!
シュラスコは串にささったお肉を薄く切って提供してもらうお料理。
ケバブみたいな感じです。

お肉以外はバイキング形式で、お肉はストップをかけるまで
色んな種類のをどんどん持ってきてくれます。
大食らいの人はばっちり元が取れるはず。

まずソーセージが来ました。
立派なソーセージに笑顔がこぼれる我々。
ブラジル系(多分)のがっしりしたお兄さんが取り分けてくれます。
c0081032_1442740.jpg

次は肉塊が!どんどんくるので食べるばかりでしゃべるタイミングがない(笑)
c0081032_1462168.jpg

私はハツと牛の背肉が気に入りました。
ハツはぷりぷり、背肉はほろほろでした。
シュラスコは普通の焼肉ほど油っこくなくて食べやすいです。

これは長いので、お皿からはみ出ないように切ってもらうときに
トングでつかみます。
c0081032_149035.jpg

この写真は偶然ポートタワーが写りました。
夜景を見ながらのごはんはテンション上がりますね!
勤務先から同じような景色が見えるのですが、仕事で見るのと
ごはんで見るのとでは見え方が全然違います(笑)

私たちは早めにお店に入ったので、まだお客さんはそんなにいませんでしたが、
時間がたつと気づけば満席でした。結構人気のお店のようです。

3月から職場の組織編成が変わるので色々ややこしいことになりそうですが、
シュラスコパワーで乗り切りたいと思います!!
[PR]
by t-ebizou | 2016-02-29 21:56 | 食べ物

春画展と伏見稲荷

2月はなぜだか体がしんどくて、土日は死体のように横たわってばかり
でしたが、久しぶりに気合を入れて京都に行ってまいりました。
京都についたら開店直後の伊勢丹の都路里に突撃!!
さすがにこの時間は空いています!!
都路里はほんまに久しぶりだわー。
c0081032_12534267.jpg

あんみつをいただきました。
おいしかったけど、黒蜜が結構おなかにたまりました(笑)

小腹を満たしたら、この日のメインイベントその1、細見美術館の「春画展」へ!
以前東京で展覧会してたのが京都に巡回してきているのです。
c0081032_12572556.jpg

細見美術館は初めて行きましたが、こじんまりしていて美術館アピールが
ほとんどないため、遠目に見ると大きめの民家のようでした。
これが春画展のポスター。
これはある絵の一部分だけを使用したものです。元の絵も展示してありました。
c0081032_12593663.jpg

外は全然並んでいませんでしたが、中に入ると予想以上にお客さんがひしめいていました。
絵自体がそんなに大きくない上に、割とつめて展示してあるので余計にお客さんが
動かないんですよね・・・あんなに列が動かない展覧会もなかなかありません。

人の隙間からちらちら見たりしましたが、やっぱり浮世絵の細かさは素晴らしいです。
着衣のままの絵がほとんどで、なぜかなあと思っていましたが、着物の柄に
意味があるのだそうです。お色気だけじゃないところが、なんだか粋ですねー。

私の好きな歌麿の絵はちょっとだけでしたが、この展覧会の目玉ともいえる
北斎のタコの絵はちゃんと見ることが出来て満足しました。
昔の人の発想が自由すぎて驚嘆・・・(笑)


大人な展覧会を鑑賞した後は、メインイベントその2の伏見稲荷へ!
京都駅から意外と近く、電車で2駅で、駅のすぐ前に伏見稲荷があります。
お参りする前にお昼ごはん。
おそばと天ぷらのセットにしました。
c0081032_1317381.jpg

おそばは弾力があり、立派な海老天もついてて満足度の高いランチでした。

私は伏見稲荷は15年ぶりぐらいかもしれない・・・
今は観光地として大人気ですね。
私が出かける日は曇りの日が多いのですが、この日は青空が広がりました。
友達が晴れ女だったのかしら。
c0081032_13192591.jpg

青い空に鳥居の朱色が映えます。
c0081032_13305883.jpg

キツネ様、お邪魔させていただきます。
c0081032_13324414.jpg

このキツネのしっぽ、何か付いてる!
c0081032_13341782.jpg

調べてみたら、これは火炎宝珠だそうです。狐は尻尾の先から狐火を放つんだって。
 
伏見稲荷といえばこれ!
c0081032_13385050.jpg

千本鳥居です!
c0081032_13391955.jpg

久しぶりに見ると、鳥居の密集具合が凄い(笑)
なんとも独特の雰囲気です。
鳥居の一つ一つが穢れを絡めとってくれてるような気がする・・・
c0081032_13433886.jpg

千本鳥居を見たら満足してしまったので、ぐるっと山を周るコースはパス(笑)
c0081032_13452449.jpg

おもかる石も持ってみました。どう考えてもかなり重いと思うのですが、
あれを軽く感じる人はいるのでしょうか・・・
c0081032_13464863.jpg

ちゃんとお守りとお土産を買って、帰路につきました。
天気にも恵まれ、色々スムーズに進んでいい小旅行でした。
[PR]
by t-ebizou | 2016-02-28 16:46 | お出かけ

梅の歌

今月の四行書き。

うめの花ちらまくをしみわがそののたけのはやしにうぐひすなくも
c0081032_17271648.jpg


もういっちょ!

はるさめにもえしやなぎか梅の花ともにおくれぬつねのものかも
c0081032_17284269.jpg


どちらも萬葉集の歌です。
梅の歌を書いてると梅の花の香りを思い出したりして、
梅の花を観たい気分になってきます。
春が近いのかな、と思ったりもしますが、まだまだ寒いですよね。
この土日は暖かかったけど雨風で落ち着かないお天気。
明日からまた寒くなるみたいです。
体調崩さないように気を付けましょう!
[PR]
by t-ebizou | 2016-02-14 17:38 | 書道

亀岡拓次と寒天

以前から楽しみにしていた『俳優 亀岡拓次』を観てきました。
c0081032_18272686.jpg

ドラマでも名脇役な安田顕さんが脇役役で主演です。
前から安田顕さん結構好きだったのです。
ストーリーにうねりのあるタイプの映画ではなく、脇役俳優の
亀岡拓次の日々を淡々と描いた作品。
随所に笑うポイントがあって面白いです。
オーディションのシーンは、安田さんの舞台経験が感じられました。

亀岡拓次はロケ先の居酒屋で麻生久美子さん演じる安曇さんに
恋心を抱くのですが、美味しそうにお酒を飲む麻生久美子さんの
かわいいこと!白のタートルネックにまとめ髪というシンプルスタイル
であんなにかわいいなんてずるい・・・
素の美しさやかわいらしさが引き立っていて、これは惚れてしまいますな・・・
地元の名物、寒天を切る手も白くて美しかったです。

脇役には豪華俳優陣が名を連ねていて、ちょっとずつの出演なのに
あのメンバーはかなり贅沢です。私の好きな染谷将太くんと新井浩文さん
も出演していました。染谷君が監督する映画のフィリピンパブのシーンは
ぐだぐだすぎて見ものです(笑)

この映画はなかなかヒットしているらしく、私が観た回では監督とプロデューサー
による舞台挨拶がありました。監督とプロデューサーの大事に思っているシーン
に違いがあるみたいでした(笑)人それぞれ、大事に思うところが違うのですね。
ささやかなことが大事だったりするのです。
監督は結構かわいい感じの人で、私と年齢も近いようでした。
この年になると、第一線で活躍してる人の年齢が近かったり年下だったりする
ので、奮い立たされるような気になります。

来場者特典で、寒天をいただきました。
棒寒天て使ったことないんですけど、スープなんかにも入れて手軽に
食べられるみたいです。レシピもついていたので、今度使ってみたいと思います。
c0081032_18464620.jpg

映画見てからデパートのチョコ売り場を散策し、あまりにも暑かったので
チョコのソフトクリームをいただきました。
カカオサンパカのだったかな?もちろん美味しかったです!!
c0081032_18474911.jpg

[PR]
by t-ebizou | 2016-02-07 18:58 | 映画