人気ブログランキング |

えびぞうの文化系趣味のブログ。気のむくままに更新します。
by t-ebizou
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

タグ:歌舞伎 ( 21 ) タグの人気記事

歌舞伎NEXT 阿弖流為

前から楽しみにしていたお芝居、『阿弖流為』を観てきました!!
ポスターを見た時点で私の心はわしづかみにされていました。
こういう民族的なやつは大好物です!
c0081032_22421459.jpg

演じてるのは勘九郎、七之助、染五郎ですが、作、演出は新感線の方たち
だったので、歌舞伎好きだけでなく新感線のファンも多かったと思います。
c0081032_2244549.jpg

チラシでさえこのかっこよさ!!
セットも衣装も凄かった。お金かかってます!
c0081032_22443428.jpg
c0081032_22444895.jpg

阿弖流為は資料自体が少なく謎の多い人物。
蝦夷の民のリーダーだった阿弖流為が大和朝廷の将軍、坂上田村麻呂に
制圧されるというのがざっくりした流れですが、このお芝居はもっと味付け
されて作りこまれたストーリーです。
神の怒りに触れて故郷を追放されるとか、ちょっともののけ姫が頭をよぎる感じでした。

歌舞伎NEXTということでしたが、新感線8:歌舞伎2という印象でした。
染五郎が阿弖流為、勘九郎が坂上田村麻呂、立烏帽子が七之助というキャスティング。
もう、染五郎がかっこいいんですよ!
染五郎ってあんなにがっしりしてたっけ??そりゃ役者さんは日ごろから
鍛錬積んでると思いますが、この役のために鍛えたのかしら??
とにかくいい男っぷりで、あんないい男がリーダーだったらそりゃ士気も上がりますね!

勘九郎のたくましく気持ちのいい男らしさもとてもよかったです。
この人は本当に勘三郎さんと声質が似ているなあとこの日改めて思いました。
阿弖流為とはお互いを認め合っているのに雌雄を決することになります。
男の友情が胸を打ちます。

七之助の役が実は2役で、そのことが最初わかってなかったので途中で「???」と
なりましたが、後で立烏帽子の驚きの正体が判明。
その2役で雰囲気が全然違うのがやっぱりすごい!役者だわー
スズカの時の可憐さと立烏帽子の時の凛々しさを一瞬で演じ分けておられました。

あまり笑えるストーリーではありませんが、新感線らしく笑いもぶっこまれて
いました。クマ子って!!!(笑)
無茶苦茶ですが、あのキャラをぶっこんでちゃんとまとめてくるのはすごいことです(笑)

衣装やセットや殺陣などとてもかっこよくて観てるだけでも楽しめるし、
作りこまれたストーリーもすばらしくて、ぐっとくる切ないシーンも
たくさんあって、本当にパワーを感じる舞台でした。
「いい漢を見れた」という満足感も感じられます(笑)

それにしてもあのエネルギー全開な舞台を一日2回、1か月休みなしでやるなんて、
役者さんって本当にすごいですよね・・・

休憩中の一場面。
c0081032_23261861.jpg

一幕の終わりにふぶいた雪を掃除機で掃除するおじさん。
35分であの舞台を全部変えるって凄いことですよね。
役者さんだけでなく裏方さんもフル稼働です!


帰りは梅田を徘徊。
駅でお花のイベントをやっていました。
秋の花でいっぱいです。
c0081032_2330917.jpg

c0081032_2330176.jpg
c0081032_23303746.jpg

c0081032_2331074.jpg
c0081032_2331732.jpg
c0081032_23311497.jpg
c0081032_23312419.jpg

癒しを得て帰りました☆
by t-ebizou | 2015-10-11 23:35 | 観劇・鑑賞

歌舞伎で春休み

ようやく仕事が決まったので、3月いっぱいまで春休みを楽しむことに。
ちょうど3月花形歌舞伎をやっているので、観に行くことにしました。
c0081032_11111852.jpg

若手ばかりのフレッシュな舞台。
お昼の部を観ました。
c0081032_11122999.jpg

若手ばっかりってどうなんだろうと思ってましたが、かなりよかったです。
やっぱりエネルギー感じますね!!
多分役と役者さんの年齢が近いので、無理がないんですね。
たまにお姫様の役を年配の役者さんがやってたりして違和感を感じることが
ありますが、そういうのがなかったです。

特に鳴神が面白かったです。
中村米吉さん演じる雲の絶間姫がかわいい顔してテキパキと鳴神上人を
籠絡していく様がお見事・・・すばらしい小悪魔っぷりです!!
あれよあれよという間に鳴神上人を酒に酔わせてぐだぐだにし、その間に
龍神を救出してさっさと帰っていく姿は仕事人としか言いようがありません。
22歳にしてあの色気はすごい・・・
これからさらに魅力を増していくのでしょう。将来が楽しみですね。

せっかく来たので、近くにある建仁寺を久々に訪問。
c0081032_11273824.jpg

c0081032_11281116.jpg

c0081032_11283549.jpg

c0081032_1129510.jpg

迫力ある竜の襖。
c0081032_11293668.jpg

c0081032_1130099.jpg

久々の枯山水。落ち着くなあ・・・
c0081032_11303787.jpg

前に来た時は工事中で、窓からしか見れなかった天井画。
今日はちゃんと見れました!!
c0081032_11314392.jpg

2匹描かれているのは珍しいのだそうです。
すごい迫力ですよね。
c0081032_11322389.jpg

巨大木魚・・・
c0081032_11331328.jpg

何回見ても、なぜこれをわざわざ襖に描いたのかわからない。
橋本関雪作の稲穂の襖。
c0081032_11352782.jpg

この廊下の右の部屋が素晴らしかった!
c0081032_1136895.jpg

特別展で、鳥羽美花さんという型染作家さんの作品が展示されていたのです!
これはステキすぎる!!!
ベトナムの風景を描かれているのだそう。
c0081032_11372933.jpg

8面にわたって雄大な景色が描かれていますよ・・・
c0081032_11384545.jpg

こんなオシャレな引手はみたことがありません。
こだわりが感じられますね。
c0081032_11403719.jpg

別の部屋にも鳥羽さんの作品が!
なんて鮮やかな青・・・
c0081032_11413964.jpg

異国情緒たっぷりで、部屋がすがすがしい雰囲気に。
c0081032_114316.jpg

なんとなく来たけど、本当に素晴らしい作品を見ることができてラッキーでした。


引き続き庭などを鑑賞。
c0081032_11493053.jpg

禅といえば〇△□。
c0081032_1147444.jpg

c0081032_1148184.jpg

禅といえばだるま推し。
c0081032_11483941.jpg

c0081032_114933.jpg

前に来た時は青々としげって花まで咲いていた芭蕉の木が
がっちり枯れててちょっとショック。冬場はこういうものなのかしら?
c0081032_11514076.jpg


朝の電車トラブルでお気に入りのストールをなくしてしまったのが
かなり痛手でしたが、歌舞伎に間に合って本当によかった・・・
時間に余裕をもって行動するって大事ですね。
それにしてもストール、どこにいってしまったんだろう・・・
by t-ebizou | 2015-03-28 11:08 | お出かけ

吉右衛門率いる松竹大歌舞伎

先週は会社で連休があったので、平日に歌舞伎を観に行ってきました。
姫路での公演で、約10年ぶりに吉右衛門さんがきてくれました。
私が初めて歌舞伎を観たのが前回吉右衛門さんが来た時の公演なので、
それ以来ということです。
その時連れて行ってくれた人が「吉右衛門が来てくれるなんて滅多にないことだから」
と言ってたのですが、また来てくれるとは・・・
ありがたやありがたや。
c0081032_13583838.jpg

しかも演目が「番町皿屋敷」「襲名披露口上」「連獅子」という
わかりやすいものばかり。
皿屋敷伝説は各地に残っているようですが、「番町皿屋敷」は
旗本の青山播磨が、恋人のお菊が播磨の気持ちを試すためにわざと家宝の
皿を割ったことが許せなくて、お菊を手打ちにして井戸に落としてしまうという
話でした。井戸に落としたところで終わったので、後でお菊が幽霊になって
出てくるといったくだりはありませんでした。
もっと怪談的になると思っていたのでちょっと物足りない気分。
でも吉右衛門の青山播磨が本当に若々しくてステキでした。
どうしても年齢を隠しきれない人もいたりしますが、そこは流石の吉右衛門です。
オーラを感じます☆

今回は又五郎さんと歌昇さんの襲名披露でしたが、よくみたら親子揃って
なかなかの男前です!!似た顔立ちだけど、息子の歌昇さんはさらに凛とした
色気があって将来が楽しみです。
今回の公演で来てた役者さんはみんな親戚(!)ということでしたが、
若手がみんなイケメンでした。中村隼人さんはすでにドラマにも出演している
ようですが、他の若手の子も普通の役者としても十分いけるんじゃないかしら?
まだ若いんだし、歌舞伎だけでなく色んな分野で活躍してほしいです。

「連獅子」では獅子はもちろん又五郎さんと歌昇さんが演じましたが、
間の狂言を若手二人がやっていて、それがとてもかわいらしくて面白かったです。
毛振りの場面では歌昇さんが後半勢いに乗ったパワフルな振りっぷりで若さを感じました。
毛が乱れ過ぎて、後で黒子の人に毛を整えられるぐらいの激しい毛振りで、若さあふれる
舞台を客席はみんな微笑ましい気分で鑑賞しました。


吉右衛門さんがメインと思って観に行きましたが、将来楽しみな若手役者を
たくさん観ることができてとても満足しました。
やっぱり役者によって舞台の雰囲気が随分違ってくるものですね。

忙しい中一日付き合ってくれたゆりっぺ、どうもありがとう!
by t-ebizou | 2013-07-28 14:27 | 観劇・鑑賞

二月花形歌舞伎?

昨日は久々に松竹座に歌舞伎鑑賞に行ってきました。
1月の分も見たかったけど、チケット撮り損ねてしまったのです。
今回は愛之助さんが座頭を務める二月花形歌舞伎です。
この日たまたま見てた朝の情報番組に愛之助さんが出演していて
びっくり。生放送の後に舞台とは、役者というのは凄いものですね。
c0081032_15535392.jpg

久しぶりの松竹座。
今回は夜の部の「GOEMON」を観ました。
c0081032_15552578.jpg

石川五右衛門がスペイン人と日本人のハーフという奇想天外な設定。
そして舞台のセットはほとんど現代劇のよう。
途中にプロダンサー佐藤浩希氏によるフラメンコがぶっこまれたり、
フラメンコギターと三味線の演奏があったり・・・
しかも「阿国ダンサーズ」として元OSKのみなさまが日本舞踊と
フラメンコを華麗に披露。
これはもう・・・歌舞伎ではない。
途中からストーリー性はあやふやになっていました。(笑)
「日本・スペイン文化交流スペシャルショー GOEMON」という
タイトルだったらすんなり納得できたでしょう。

一体誰が企画立案したのか・・・
なぜフラメンコなのか。
なぜそんなにスペイン推しなのか。
松竹よ、一体何を目指しているのだー?

いや、ちょっと無理やりな感は否めませんでしたが、ショーとしては
面白かったんですけどね(笑)宙乗りも迫力満点、役者さんは客席縦横無尽で
お客さんへのサービスは満点でした。2階席が一番楽しめたのではないでしょうか。
カーテンコールもありましたよ。

若手のみなさんも頑張っておられたし。
若手のうちは歌舞伎の稽古ばかりで他の世界を経験することは少ない
かもしれませんが、こういう舞台を経験することで視野が広がりそうですね。

特に壱太郎君、凄くかわいい出雲の阿国&着物でのフラメンコ、
かなり頑張っていました!!彼はこの舞台で一皮も二皮もむけたことでしょう。
今後の活躍に期待大です!

そして若手にかなりかわいい子発見!!
調べて見たところ、中村梅丸君という子のようです。
元々一般の家庭の出なんだけど、本人の希望(!)で歌舞伎役者の道に
進み、今は中村梅玉さんの部屋子さんになっているようです。
まだ若いのに、自分から歌舞伎役者を目指すって凄いですよね。
このまま成長すれば七之助並みに美しい役者になること間違いなし!!
愛之助さんみたいに歌舞伎の家の養子になれたらいいのになあ。
可憐な姫の役をやってもらいたいです。ベテランの姫は無理がある
と思うので・・・


なんか凄かったね、という話をしながら、たき嬢と松竹座近くの
はり重がやってるカレーショップでカレーをつつきました。
c0081032_16274753.jpg

お店がレトロでかわいいです。カレーは辛くない昔懐かしい味。
ビーフがごろごろ入っていて、結構食べ応えがありました。
グリルのお店もあるみたいなので、今度はそっちにも行ってみたいです。


ああ、ネオ歌舞伎を観たら普通の歌舞伎が観たくなってきたなあ・・・
by t-ebizou | 2013-02-10 16:38 | 観劇・鑑賞

松竹大歌舞伎☆西コース

今日は久々に歌舞伎を観に行ってきました。
今回の巡業は市川右近さん率いる若い人がメインの一座。
最初に市川猿弥さんの解説があり、『熊谷陣屋』『女伊達』へと
続きます。猿弥さんはめっちゃトーク上手で、解説がとても
わかりやすかったです。

『熊谷陣屋』は有名な演目ですが、観るのは初めて(多分)。
熊谷直実が旧恩に応えるために我が子の首を差し出すんですけど、
今の日本では殺すことはないにしても、我が子を犠牲にするということは
考えがたいことなので、昔の日本人というのはどえらいことを
してたんだなあと思います。
前にも恩義のために身内を犠牲にするような話を観たことがあって
同じようなことを思いました。
恩義と忠誠心が思想のヒエラルキーの頂点にないとこういう発想はできませんよね・・・


がっちりした名作の後には一転して華やかな舞踊、『女伊達』。
女伊達の着物がものすごく粋!!
白地に黒の波模様の着物、裏地は黒、足袋は紫。
そしてそれを身にまとう市川笑也さんがめっちゃうつくしいー!!!
こんな綺麗な役者さんがいたんですね。びっくりしました。
七之助にひけをとらないぐらい綺麗でした。
からんでくる輩を軽やかにさばく姿も颯爽としていて
ステキすぎる!!江戸の粋な女っぷり、しかと見せていただきました☆
笑也さん、今後要チェック!!
c0081032_2215223.jpg

by t-ebizou | 2012-09-09 22:12 | 観劇・鑑賞

初シネマ歌舞伎 「海神別荘」

なんだかんだで全然更新できてません(-_-;)
しばらく検定試験の勉強をしていたので、まったく遊んでいなかったのでした。

最近通常営業になったので、久々に映画を。
初のシネマ歌舞伎です!
泉鏡花原作、『海神別荘』です☆
c0081032_20362526.jpg

1月から3部作を順に公開しているのですが、
先月の『天守物語』は時間がなくて見れませんでした。

玉三郎と海老蔵の組み合わせというだけでもときめく!!
海底の宮殿を模した舞台セット、ハープの音色、玉三郎&海老蔵の
美しさ、完全にこの世の様子ではありませんでした。
玉三郎がもはや神の域の美しさなのは当然ですが、
海老蔵のカッコよさに今さらながらにびっくり。
あの格好があんなに似合う日本人は他にいないでしょう。
役者オーラ&海の世界の公子の威厳がばしばし伝わってきます!!!

衣装も繊細かつ華麗。
美しく翻る海老蔵のマント、きらきらときらめく玉三郎の髪飾り、
ため息が出るくらい綺麗です。
パンフを見ると、美術に天野喜孝の名前!!!!
(ファイナルファンタジーのイラストなどを描いてた画家。
昔好きだったなあ・・・)
なるほど、あれは確かに天野さんの世界観そのもの。
あの美しさ、大いに納得です。

泉鏡花の作品だけあって、セリフも美しい。
その分覚えるの大変だと思います。
海老蔵の言い回しだけなんだかかたく聞えたのは気のせい??
そこだけちょっと気になりました。


シネマ歌舞伎は初めてでしたが、結構いいですね。
また行ってみたいと思います。(できれば三宮でやってほしい)

今回の『海神別荘』はほんとに見てよかった・・・
眼福というの?美しいものをみて心が豊かになるというのはこのことです。
興味あるけど見るの迷ってる方、是非観てください!
by t-ebizou | 2012-02-27 21:03 | 映画

松竹大歌舞伎

日曜に松竹大歌舞伎に行ってきました。
いつも席半分ぐらいしかうまってないのに、今回はほぼ満員。
一体なぜなのか??着物の人が妙に多かったのもなぜなのか???
せっかく歌舞伎お初な友達と一緒だったのに、めっちゃ後ろの席に
なってしまいました。無念・・・
c0081032_10475270.jpg

今回は仁左衛門と愛之助がきてくれました。
一幕目の「雨の五郎」はすぐに終わってしまって残念・・・
粋な愛之助をもっと観たかったわ~

ニ幕目の「義経千本桜」三段目はいがみの権太を仁左衛門が
演じています。めっちゃワルい役ですが、仁左衛門がやると
なんだか色気がありますね。
最後は今まで何だったのと思うぐらいの善人になりますが、
男気を感じさせるシーンでした。
笑えるところもあり、動きのある作品でした。
見どころが多く面白かったです。


歌舞伎後は駅前に戻ってお茶をしました。
結構気に入ってるお店に行ったのですが、なんと今週末で閉店だって・・・
ショック・・・
c0081032_1133843.jpg

ケーキも好きだったけど、ここの辛口ジンジャエールも好きでした。
あれが飲めなくなるなんてさみしいなあ。。
最後の3日はケーキバイキングをやるらしいです。

お茶の後は着物のお店をのぞくのにたき嬢が同行してくれました。
たき嬢はヅカが好きな人なので、ドレスの方が好きなのかと思って
いましたが、実は日本文化に興味津々なのでした。
ちょうどお店では伊勢木綿フェアをやっていて、めちゃかわいい
チェック柄の反物にテンションアップ!!
二人とも店員さんに反物・帯・小物をコーディネートしてもらいました。
たき嬢の着物姿は「京都のレトロ喫茶で純文学を読む乙女」といった
風情で、とてもステキでした。
いつか着物の世界に踏み込んでほしいものです。

そんなこんなで、和な一日が終わるのでした。
たき嬢、お付き合いありがとうございました!
by t-ebizou | 2011-09-21 11:19 | 観劇・鑑賞

七月大歌舞伎

先日七月大歌舞伎をみてきました。
朝から雨がどしゃぶり・・・
テンション下がりますねえ。
c0081032_21524511.jpg

午前の部は「妹背山婦女庭訓」「大原女国入奴」「御浜御殿豊綱卿」
c0081032_21573899.jpg

「妹背山婦女庭訓」はエリートイケメン・求女に恋するちょっと身分違いの
女子・お三輪の悲恋モノ。冒頭でイケメンは橘姫(春猿さん美しー)と婚約してしまい、
それだけで十分腹立たしいのに、お三輪は今わの際に「来世では一緒になれます
ように」みたいなことを言うのですよ。
あんな仕打ちを受けてよくもまあそんなことが言えますねえ・・・私だったら化けてでますな。
橘姫も求女に利用される感じでしたが、「最後にもう一度あなたの顔を見たい」などと
言っていて、そこまで言わせる求女はどんだけ魅力あるねん・・・
いつの世も女はイケメンに弱いのか。
中盤は「そこそんなに時間とらなくてもいいんじゃない?」と思うところもあったんですけど、
あれはああいうものなのか?

「大原女国入奴」はベテラン翫雀さんによる踊り。
最初はぷっくりしたお多福姿で登場しますが、後半は奴に変身!
そりゃあれだけ着てたらぷっくりするよね・・・
ほんとに歌舞伎役者の体力ってすごいもんです。

「御浜御殿豊綱卿」は大好きな仁左衛門様が殿様役です。
本当に仁左衛門を見るのは久しぶり。近頃は歌舞伎座の方に出てらっしゃったのです。
仁左衛門を見るために今回のチケットをとったようなもんです。
久々に見ても、やはり男前じゃー!殿様姿が似合いすぎー☆☆
染五郎が一緒に出てるのに染五郎がかすむぐらいの色気。
しかも長セリフが多いのにばっちり決まる!!拍手!!
なんだか聴き入ってしまい、ちょとじーんときました。
私は主従関係とか仇討モノに弱いのだった。


帰りは神戸でサクサクとバーゲンをみて、バーゲンで忙しい百貨店勤務の
友達の邪魔をしに行き、カットソーを買って帰りました。
よく動いた一日であった。
by t-ebizou | 2010-07-05 22:37 | 観劇・鑑賞

團菊祭五月大歌舞伎

先日歌舞伎を観に行ってきました。
歌舞伎座がおしまいになったため、今年は團菊祭が関西であります。
團十郎と菊五郎を大阪でみれるなんて、ありがたい話ですねえ。
c0081032_211373.jpg

お昼の演目は
『摂州合邦辻』、『勧進帳』、『河内山』
c0081032_2134737.jpg

そして席は壁際舞台寄り!なんともいえない角度・・・
もしかしてめっちゃ見にくい?かと思いきや、今までみたことない
部分が見えてなかなか面白かったです。

例えば『摂州合邦辻』では菊之助が刺されて倒れてるときに
黒子の人が菊之助の目の周りを水色に塗ってるところが見えたりして
「ほほー」と思ったりしました。
黒子の人はほんとにさまざまな仕事がありますね。

『摂州合邦辻』の練習風景をたまたまテレビでみていたので
これはとても楽しみだったのですが、菊之助はあの難しい役を見事に
演じていました。前半なんかちょっと狂った感じがして凄みがあり、
最後の部分なんか一転して菩薩のような表情に・・・
少し微笑んだような顔がとても印象的でした。
菊之助はほんとにいい役者さんですね。


團菊祭とはいっても実際に團十郎と菊五郎がでてくるのは『勧進帳』のみ。
團十郎の弁慶・菊五郎の富樫は絶対いいだろう!と思ってましたが、
私の席からは菊五郎があんまり見えないYO!!(泣)
そしてやっぱり勧進帳は途中で眠気が・・・(泣)
でも壁際の席は花道丸見え!(いつもの三等席からはほとんどみえないのだ)
團十郎が六法ふんで去っていくところはばっちり見えました!!
これはやはり見ごたえがありました☆
そして團十郎も菊五郎もいい声だったわ~


『河内山』は三津五郎さんが主役。
坊主の扮装をしていますが、袈裟がオレンジ。派手すぎでしょう(笑)
この話、ワルの河内山宗俊が奉公先に幽閉されてる上州屋の娘を
助け出し、成功報酬として大金をもらう、という筋ですが、舞台はいきなり
河内山が坊主のふりをして松江家を訪れるところから始まります。
絶対前の件あった方が面白いと思うんだけど・・・
時間の都合で割愛されちゃったのか??
正体を見破られた時の三津五郎さんがなかなかステキだった分
ちょっともったいない感じがしました。

c0081032_2131133.jpg

今回はこういうものが展示されてました。
歌舞伎座に行けなかったのは残念ですが、そのおかげで関東の
役者さんを関西で見れるというのはありがたいことです。
これからしばらく、関西でもいろんな役者さんが見れそうですね。
楽しみ楽しみ♪
by t-ebizou | 2010-05-27 21:36 | 観劇・鑑賞

松竹大歌舞伎 近松座公演

昨日は姫路で歌舞伎の地方公演があったので仕事帰りに行ってきました。
c0081032_18212937.jpg

演目は藤十郎の挨拶・封印切・連獅子の3つ。
今回は歌舞伎お初な友達と一緒でしたが、これぐらいの演目だったら
初めてでも大丈夫ですよね!

封印切では梅川を中村壱太郎が演じてたのですが、壱太郎の顔立ちの
せいか、妙に色っぽい感じでした。
なんだかあどけない顔立ちなのに、色気があるというか・・・
世の男性にはああいうのがたまらんのではないかと思います。

愛之助が丹波屋八右衛門でワルの役でしたが、愛之助もワルの色気が
感じられるようになり、役者としていい感じに成長しているような気がします。
なんといいますか、「オルトロスの犬」のタッキーのちょっとワルな役が
意外とあっているように感じるような感覚ですね。
アイドルからの脱皮といいますか。


愛之助は連獅子にも登場していますが、さすがにこれは翫雀の方が
見栄えがするように感じました。ちょっと福々しい白獅子ですね。
そして愛之助はあの髪型があんまり似合ってないような・・・
八右衛門とは真逆な雰囲気なのでちょっと変な感じでした。
そして藤十郎と翫雀の顔立ちが似すぎてるのも妙な心持ちでした。
実はこの日まで知らなかったのですが、藤十郎と親子なんですよね・・・
似すぎやろ~!
そして壱太郎は翫雀の長男なので、よく考えたら三代で巡業してるわけですね。
なんだかすごいことです・・・

連獅子は正月などのめでたい時の演目なので、見てるとなんだか
ええことありそうな気がしてきますね。
翫雀の頭の振り方はスピードもあるし、そりゃもう見事でした。
貫禄の一幕でした。


歌舞伎の後はいつものようにココイチでカレーです。
キーマカレーにトマトのトッピングをしたおかげでマイルドに・・・
c0081032_1852372.jpg

カレーは同好の士、Kおねえさんがごちそうしてくれました。
どうもありがとうございましたー!
by t-ebizou | 2009-09-19 18:53 | 観劇・鑑賞